東京五輪に向け都や警視庁など関係機関が初の対テロ合同訓練 競技会場の東京スタジアムで

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、東京都オリンピック・パラリンピック準備局は29日、サッカーなどの競技会場となる東京スタジアム(味の素スタジアム、東京都調布市)でテロ対策訓練を実施した。警視庁や東京消防庁などが参加し、同局によると、五輪の警備に携わる関係機関が一堂に会した実地訓練は今回が初めて。

 訓練には約500人が参加。敷地内の手荷物検査場で爆発があり、観客らに多数の負傷者が出たとの想定で始まった。東京消防庁のハイパーレスキュー隊らがけが人の救助に当たったほか、大会組織委員会のスタッフがメガホン型翻訳機を使い、英語や中国語など多言語で避難誘導した。

 メーンゲート前では、爆発に関与した2人組の不審人物を警視庁の機動隊員や警備犬が制圧。2人組が所持していた爆発物とみられる手提げカバンを、同隊の爆発物処理班がロボットなどを用いて慎重に運び出した。

 五輪をめぐっては、都が3月、治安対策やサイバーセキュリティーなど大会期間中に想定される各種事態への対応方針などを定めた対処要領を策定している。訓練後、猪熊純子副知事は「今回の結果を検証して要領をブラッシュアップし、2020年に万全の態勢を整えたい」と述べた。

"東京五輪に向け都や警視庁など関係機関が初の対テロ合同訓練 競技会場の東京スタジアムで" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント