アフガン首都で英警備会社襲撃、10人死亡=タリバンが犯行声明

アフガニスタンの首都カブールで28日、武装集団が英国の民間警備会社「G4S」の施設を襲撃し、警察によると少なくとも10人が死亡、19人が負傷した。

 外国軍などの駐留に抵抗している反政府勢力タリバンが犯行声明を出した。

 ロイター通信によれば、G4Sは世界有数の規模を誇り、カブールの英大使館周辺の警備を受け持っている。警察当局者によると、まず施設前で爆発物を積んだ自動車が爆発し、その後、武装集団が施設敷地に侵入し、銃撃戦となった。 

"アフガン首都で英警備会社襲撃、10人死亡=タリバンが犯行声明" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント