「英雄も悪役になる」ゴーン氏母国、落胆と憤り

日産自動車前会長のカルロス・ゴーン容疑者の母国ブラジルでは、カリスマ経営者の不正疑惑に落胆と憤りの声が相次いでいる。

 ゴーン容疑者はブラジル北部ロンドニア州で生まれ、6歳までリオデジャネイロで過ごした。この街の観光名所、コパカバーナ海岸沿いには、日産の子会社を通じてゴーン容疑者に提供されたとみられる高級マンションがある。マンションの警備員は本紙に「世界中に名の知れた経営者だが、気さくにあいさつをする人だった。こんなことになるなんて信じられない」と当惑した様子で語った。

 フランスの自動車大手ルノーと日産、三菱自動車の3社連合をつくりあげたゴーン容疑者は、ブラジルのビジネス界で「成功を象徴する存在」(主要メディア・グロボ)だった。それだけに衝撃は大きく、有力紙エスタド・デ・サンパウロ(電子版)は「ゴーン容疑者はコスト削減や企業再建の手腕で知られていた。ルノー・日産連合にとって打撃だ」と指摘した。

 一方、著明なコラムニストのクロビス・ホッシ氏は地元紙への寄稿で、今回の疑惑の背景に過度の権限集中があったと言及し、「ゴーン容疑者のような英雄でも悪役になる」と警告した。また、リオデジャネイロの会社員男性(44)は「中南米では政財界の腐敗は珍しくない。ゴーン容疑者も潔白ではなかったということだ」と憤った。

"「英雄も悪役になる」ゴーン氏母国、落胆と憤り" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント