警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 米銃乱射、容疑者は元海兵隊員でPTSDの疑い

<<   作成日時 : 2018/11/09 14:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米カリフォルニア州で7日に発生し、12人が死亡した銃乱射事件について、地元警察は8日、現場で死亡していた容疑者の男(28)が元海兵隊員で、従軍の経験から心的外傷後ストレス障害(PTSD)の疑いがあることを明らかにした。

 事件は、ロサンゼルス近郊のサウザンドオークスにあるレストランで7日深夜(日本時間8日午後)に発生した。地元警察によると、犠牲者はダンスパーティーに参加していた大学生や店員らで、負傷者21人は近くの病院に搬送された。

 地元警察は、容疑者の男が現場近くに住む元海兵隊員のイアン・デイビッド・ロング容疑者と特定した。容疑者は短銃と発煙筒のようなもので武装し、出入り口の警備員に発砲した後、数百人がいた店内に押し入って乱射を続けたという。事件後に現場で自殺したとみられる。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
米銃乱射、容疑者は元海兵隊員でPTSDの疑い 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる