<京都>八坂神社「おけら酒」中止へ 混雑で収拾つかず

京都市東山区の八坂神社は、大みそかから元日にかけての風物詩「おけら詣(まい)り」の参拝者に無料で振る舞う「おけら酒」をやめると発表した。同神社によると昨年、SNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)などで情報を知った外国人観光客が大勢集まって境内の外にまで行列を作り、大混雑となったのが理由。「警備に人を割かなければならない事態となって、近隣で渋滞も招き、交通整理しても収拾がつかなくなった」という。

 おけらはキク科の多年草で薬草にもなり、おとそに使われる。同神社によると、戦後におとそとしておけら酒を振る舞うようになった。境内の能舞台横で12月31日午後7時ごろから翌1月1日未明まで提供。一升瓶で60本以上を用意し、1万人以上に振る舞ってきたという。おけら詣り全体の昨年の人出は約105万人で、外国人が1割程度を占めたとみられる。

 同神社は「毎年楽しみにしていた日本人参拝者が『もうええわ』と言って来づらくなってしまった。外国の方は悪くないが、渋滞で近隣の店などにも迷惑をかけ、やむを得ず判断した」としている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック