あるムエタイ少年の死が浮き彫りにするタイ社会の問題

◆ムエタイ少年の死が波紋

 タイ国内におけるムエタイの試合で、2018年11月10日、13歳の少年選手がノックアウトにより死亡する事故が起こったとタイ警察が発表した。死因は脳幹部の出血だったという。さすがのタイでも少年選手の出場に対する規制などの声が上がっている。

 タイの観光スポーツ相もすぐに法規制の動きを見せ、年齢制限やヘッドギアの着用義務などの考えを語った。しかし、一方では関係者たちがムエタイの弱体化を懸念し、反対している。ムエタイはタイの国技であり、世界中で格闘技が人気になっている中、ムエタイが注目されなくなることを恐れるグループもいるのだ。

 日本のキックボクシングの関係者は次のように語る。

「タイ国内のムエタイの規則では選手の試合と次の試合までの出場停止期間がかなり短い。その分、出場回数が多くなり、タイのムエタイ選手らの経験値は高い」

 日本の格闘家よりも実戦経験が多いことがムエタイ選手が強い理由でもある。亡くなった少年選手も8歳のデビューから亡くなるまでの間に推定で170試合を経験していたという。

 なぜこんなにも試合回数が多いのか。また、幼くしてムエタイの大会に出場しているのはなぜか。それから、なぜ審判はこんな状態になるまで止めなかったのか。いろいろな疑問があるが、実はムエタイは貧困と人々の欲望に密接に関係している。だからこの死亡事故は起こるべくして起こったし、今回は報道されたから世間に知られることになったが、埋もれてしまっている事件も少なくない。

◆グレーな存在の賭博としての「国技」

 ムエタイは日本のメディアでは国技であることから相撲と比較されたり、タイ国内でも親しまれているスポーツであると報道される。これは大きな間違いだ。

 ムエタイはギャンブルの対象として成り立っていて、一般層はムエタイにあまり興味を持っていない。

 本来タイはギャンブルは違法であり、取り締まりが厳しい。女性や中流階層以下の人々には日本で言う「おいちょかぶ」、欧米の「バカラ」や「ブラックジャック」にルールが似たトランプを使った賭け事が人気だ。これによって、タイは取り締まりの一環もあってか、トランプは商品棚に並べて売られていない。それくらい厳しい。

 しかし、ムエタイや闘鶏、闘魚、それから競馬はタイの伝統的・文化的な側面があることから、会場が申請することでその中でのギャンブルは認められる。バンコクでは「ルンピニー・ボクシングスタジアム」と「ラチャダムヌン・ボクシングスタジアム」が知られている。

 外国人はムエタイ観戦を観光のひとつとして楽しむが、タイ人がスタジアムを訪れる場合、関係者以外のほとんどはギャンブル目的であると言っても過言ではない。ムエタイであれば興行1回で運がよいと数万バーツを儲けることができる。タイでは大卒が外資系に勤めて5万バーツ(約17万円)ももらえれば高給取りである国。儲けはタイ国内でできる違法合法のギャンブルの中でも比較的大きい。

◆複雑なムエタイの「賭け」システム

 ムエタイ、闘鶏、闘魚はほぼ同じ賭け方で胴元がいない。よく外国人がムエタイで賭けをしてみたいと言うが、まず無理だ。倍率の組み合わせがいくつかあり、まずはそれを憶える必要がある。そして、それに従った手の形があり、角度や振り方で意味合いが変わる。さらに、そこに金額を提示が加わえ、1対1でその賭けに乗ってくれる人を探す。

 観客席を見ると、3階の一番安い席に陣取るタイ人の中年男性らが手を挙げている。彼らは自分が賭けたい倍率と金額をオファーしているのだ。それを見た別の観客がそれに乗る場合、アイコンタクトと手の形で応じて賭けが成立する。

 おもしろいのはここからだ。当然、試合の行方でオファーは出した、あるいは乗ったが負けてしまいそうになる。そのときは反対の方に賭けてできるだけ損失を軽減させるようにする。つまり、金融取引の反対売買と同じことをする。ムエタイ・ギャンブルは経験値が必要なのである。

 財テク並みに頭を使って賭けるが、ときに大負けしてしまって現金がないということもある。この場合に待っているのは壮絶な罰ゲームだ。

 なにをされるかはそのとき次第だが、救急車を呼ばれなければラッキーと思いたい。警察や軍の警備が会場には立っているが、もしリンチが起こった場合、終了後に捕まえるのは暴行を受けた方だ。事務所に連れていかれ、顔写真を撮られ、賭け金を払わずに逃げた嘘つきとして会場に写真と名前を貼り出される。

 だから、彼らもこういったことが起こらないよう、できるだけ顔見知りとしか賭けをしない。だから、なおのこと外国人はこの賭け事の仲間に入れてはもらえないのである。

◆大番狂わせが少ない理由は「暴動」リスク

 ギャンブルをする人たちは欲望に正直なので、血の気が多い人が少なくない。そして、この性質が試合にも影響を及ぼす。日本で格闘技ジムを経営する日本人が言う。

「ムエタイも好きで、タイに来たら必ず見に来ます。一応私もプロですから、試合を見ていればどちらが何ポイント取っているかは大体わかります。でも、タイのムエタイはポイントと結果が違うことが多いです」

 20年近く観ているが、いまだにタイのポイント制がわからないとその人は言った。その答えはタイのムエタイに精通した、日本人アマチュア格闘家が教えてくれた。彼はタイ生活の経験があり、タイ語が話せる。彼がムエタイ関係のタイ人に聞いてきたのだ。

「よほどのことがない限り、タイのムエタイでは逆転ノックアウトなどはありません。というよりは、試合編成の段階でそういったことが起こらないように気をつけながら組み合わせを決めています。大逆転があると、それこそ賭けをしている人たちも大勢が損をして、勝つ人よりも負ける人が多ければ暴動にもなります」

 だから、副審は試合の後半、場合によっては試合ではなく観客席を見ているのだという。賭けのトレンドを確認し、暴動が起こらない範囲で勝ち負けを決定するためにポイントを与えるのだ。これではいくら試合を観ていても、正当な判定を見極めることはできまい。

◆国技ムエタイの闇

 このギャンブルの存在が、先の少年選手の死にも関係していると考えられる。報道ではその会場がギャンブルの可否で認可されていたかどうかは不明だ。また、ギャンブル会場の認可がなくても、イベントとしてのムエタイ開催は問題ない。そして、そういったイベントでは隠れてギャンブルが行われる。最早公然の秘密であるため、タイでは一切報道されない。これを報道すると、警察の怠慢なども疑われるからだ。

 そのため、推測になってしまうのだが、審判がなぜ止めなかったのかという批判に関しては、止め「なかった」のではなく、止め「られなかった」のではないか。観客が数十人だったとしても、一斉に蜂起したら審判団や運営関係者だけでは太刀打ちできない。タイは銃社会でもあり、カネの恨みは強く、後日になって殺されることだってある。その恐怖もあったのではないか。

 先に述べたようにムエタイはギャンブルとして成り立つので試合を運営すれば、関係者たちにも大きな利益をもたらす。利益があればファイトマネーも発生する。選手やトレーナーは貧困層が多い。タイでは現代的な普通の生活をすることのできる給与を得るには大卒以上の学歴がなくてはならない。しかし、貧困層はそもそもその日の糧にすら困る。タイの格差社会は世界的に見て異常なレベルでひどく、富裕層は常に富み、貧困層は頭を押さえつけられ、這い上がることは困難だ。

 そんな中で、男児が学歴不要で稼ぐチャンスがあるとすれば、違法なものではドラッグの売人、売春もあるが、合法的に稼げるのはムエタイしかないとも言える。

◆貧困から抜け出すために「戦士」になる子供たち

 亡くなった少年もそうだが、ムエタイのトレーニングを始めるのは8歳が多い。少年選手や保護者などに話を聞くと、5歳から始めた者もいた。死亡事件が起こる以前に書かれていたタイ国内のメディアによれば、現行法規だと12歳未満は公式戦は認められていないが、9歳からイベント試合の出場は許されているとあった。そんな9歳から12歳の選手はタイ国内に10万人の選手がいるという。

 タイの就学年齢は日本と同じで、小2小3になっていよいよ家計の厳しさを周囲と比較して知ることになり、空いている時間をムエタイの練習に費やし、家族を助けたいと考え始める。それがちょうど8歳くらいなのだ。

 とはいっても、トレーナーや選手はギャンブルとは無縁で、あくまでもファイトマネーを稼ぐために戦う。選手らに違法な闇ギャンブルについて訊ねても、ほとんどの者がまったく状況を把握していない。ギャンブルはあくまでも周囲の大人たちの遊びに過ぎない。

 そして、そんな運営やプロモーターらがギャンブラーのために試合を用意する。そこで発生するファイトマネーが選手らの収入になる。いわば持ちつ持たれつの関係だ。

◆ムエタイ少年の死が浮き彫りにするタイの社会問題

 バンコクの2大スタジアムがやはりファイトマネーが大きいが、小さな試合もタイ各地で開催される。ファイトマネーは小さくとも、勝ち続ければ少年でも月に3万バーツほど(約10万円)は稼げるという。高卒がコンビニエンスストアで働いても月に1万バーツ(約3.5万円)を稼げるかどうか。それと比較すれば収入は大きく、夢がある。

 小さなイベントは多いので、選手の出場機会も多くなる。悪質なプロモーターの息がかかったジムでは、規定未満の日数で次の試合に出場させることもある。しかも、名前を変えるなどの手法で行うため、記録に残ることがない。

 しかし、選手は試合に出ればカネが入る。だから、いやいや出ているわけでもない。強くなって勝てれば世界に出ることも可能だ。そうなれば数万バーツどころか、数千万の収入になるかもしれない。ただ、脳に重大なダメージを受け、言語障害や知能の低下、いわゆるパンチドランカーになってしまう元選手もタイには非常に多い。

 現在検討されている少年選手の出場年齢規制などは、一方では子どもたちのための適切な措置でもあるし、一方では少年とその家族の首を絞めることにもなる。今回のムエタイ少年の死の報道は、タイの社会問題を浮き彫りにする事故でもあるのだ。

<取材・文・撮影/高田胤臣(Twitter ID:@NatureNENEAM)>

たかだたねおみ●タイ在住のライター。近著『バンコクアソビ』(イースト・プレス)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック