警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS <クリミア>露警備隊が黒海で発砲「ウクライナ艦船が侵犯」

<<   作成日時 : 2018/11/26 22:19   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ロシアが2014年に編入したウクライナ南部クリミア半島周辺の黒海海域で25日、ロシアの国境警備隊が「ウクライナ海軍艦船が領海侵犯した」として発砲し、負傷者が出た。ウクライナのポロシェンコ大統領は26日未明に事実上の戒厳令施行を提案する考えを示し、国連安全保障理事会も同日に緊急会合を招集する予定で、軍事的な緊張が高まっている。

 ロシアとウクライナは最近、両国に近接するアゾフ海の通行権などを巡り相互批判を繰り広げていた。

 ウクライナ海軍によると、黒海に面する南部オデッサからアゾフ海に面する東部マリウポリに向かっていた同国の小型艦船2隻とタグボートを、ロシア艦船が領海侵犯を理由に追跡・銃撃して拿捕(だほ)した。ウクライナ兵士6人が負傷した。ロシア側はケルチ海峡をタンカーでふさぐなどして通過を妨害したという。

 ロシア国境警備隊はウクライナ艦船が停船命令に従わず、危険行為を繰り返したため、必要措置を講じたと主張。ウクライナの「違法行為」を非難している。

 今回の事態を受け、ポロシェンコ氏は緊急閣議を招集し、事実上の戒厳令の施行を議会に提案する意向を示した。欧州連合(EU)や北大西洋条約機構(NATO)とも連絡を取ったことを明かし、欧米諸国と連携を取りながらロシアに対抗する構えをみせる。

 一方でロシア通信は、ウクライナ軍が25日深夜、東部ドネツク州一帯を実効支配するドネツク人民共和国軍に向けて集中的な砲撃を実施したと報道。軍事的な緊張が高まっている模様だ。

 またAFP通信によると、国連安保理はロシアとウクライナ両国からの提案を受け緊急会合を招集し、今回の事態について討議する予定。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
<クリミア>露警備隊が黒海で発砲「ウクライナ艦船が侵犯」 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる