母の遺体切断容疑の長男「処理に困ってやった」

千葉県東部の沿岸部で女性の遺体の一部が見つかった事件で、死体損壊・遺棄容疑で逮捕された女性の長男で自称会社員の山田基裕(もとひろ)容疑者(37)=同県八街(やちまた)市=が「遺体の処理に困ってやった」という趣旨の供述をしていることが25日、捜査関係者への取材でわかった。千葉県警は女性が死亡した経緯を調べている。

 山田容疑者の逮捕容疑は9月26~27日ごろ、自宅で同居していた母親の容子さん(75)の遺体の頭部や手足を切断し、同県大網白里(おおあみしらさと)市や周辺に捨てたというもの。捜査関係者によると、山田容疑者は逮捕前まで大手警備会社の千葉県内の事務所に勤務し、同市周辺を担当したことがあったという。県警は遺体を捨てた沿岸部に土地勘があったとみて裏付け捜査をしている。

 捜査関係者によると、容子さんの遺体にはのこぎりのような刃物で切断した痕跡があったという。山田容疑者が事件後に自宅の風呂場をリフォームしたこともわかっており、県警は証拠隠滅のために刃物を捨てたり、風呂場を改装したりした疑いがあるとみている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック