警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 小池都知事が記者会見11月22日(全文1)全都民の就労を応援する新条例を制定したい

<<   作成日時 : 2018/11/22 20:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 東京都の小池百合子知事は22日、都庁で定例記者会見を行った。

※【**** 00:35:30】などと記した部分は、判別できなかった箇所ですので、ご了承ください。タイムレコードはYouTubeのTHE PAGEチャンネル上の「東京都・小池百合子知事が午後2時から定例会見(2018年11月22日)」に対応しております。

     ◇     ◇

就労支援の在り方を考える有識者会議を29日に開催
小池:まとめてまずお伝えをしたいと存じます。1本目が就労支援の在り方を考える有識者会議の開催についてであります。今、雇用関係が好調なわけでありますけれども、一方で障害のある方や就労についてさまざまな困難を抱える方々、働く意欲があっても仕事に就けない場合も少なくありません。こうした中で、誰もが個性、そして能力に応じて仕事を選択したり社会の中で輝くこと、居場所があるという、そういう東京を目指して社会全体で支えます、ソーシャル・インクルージョン、この考え方に立った、全ての都民の就労を応援する新たな条例を制定したいと考えております。

 この条例でありますけれども、専門的な見地からのご意見を広くいただくため、有識者会議をまず設置いたします。第1回目が11月29日に開催ということになります。来週でございます。そしてこの有識者会議でありますけれども、雇用分野の研究などで実績のある学者の方や、積極的に障害者雇用への取り組みを進めておられる企業さん、それから労働者、経営者の団体の方など14名の方々に参加いただく予定といたしております。

 第1回の会議でありますが、障害者の就労支援をテーマとして取り上げる予定といたしております。委員のお1人からプレゼンテーションいただきまして、有識者の方々からの意見交換ということになります。これは私、以前から申し上げている例えばソーシャル・ファームという考え方ですね。こういったことなども取り入れて幅広くこの就労支援についてのご議論をいただくということでございます。これが1本目であります。

東京グリーンボンド、個人向けの仮条件が決定
 次、東京グリーンボンドについてのお知らせであります。機関投資家向けの東京グリーンボンドについてはもうこれまでも何度もお伝えしてまいりました。そして多くの投資家の皆さんにご賛同いただいて、これまでも発行化されてまいりました。で、来月発行予定でございます個人向けの仮条件、本日決定いたしましたのでお伝えいたします。

 仮条件というのは、発行条件が最終的に決定する前に、だいたいこんなものですということで、債券の予定利率の範囲をお知らせするということであります。日々マーケットは変わりますので、しかし最近の流れではこういったところということで、年2.5%から3.50%と見込んでいます。利率は今、申し上げましたように今後の市場環境などを踏まえて確定いたしますので、その日にちは12月の6日の午後、投票を予定いたしております。

 今回前と違うのは、前がオーストラリアドルだったのが今度米ドルです。今年度、為替、金利の状況などを踏まえて米ドルといたしまして、総額100億円相当の発行となります。売り出し期間ですけれども、12月7日から17日まで。口座開設などに時間が掛かる場合がございますので、販売窓口となる金融機関に早めにお問い合わせをいただきたいと存じます。ちなみに昨年もその前も即日完売ということでございます。

 一言申し上げるならば、東京都で出したこのグリーンボンドが、今、グリーンボンド市場というのを日本のマーケットでかなり確立するそのきっかけができたのかなと、このように思うところでございます。ただ1点、外貨建てでございますので為替リスクも生じます。この点については十分説明をお聞きになってご検討いただきたいと存じます。それから調達した資金ですけれども、ご覧のような事業に充当されるものであります。投資を通じた皆さま方からの後押しで、引き続きスマートシティの実現に向けた取り組みの加速化、これに向けていきたいと思っております。

都民・大学研究者による事業案、22日からネット投票開始
 次に3本目でありますが、事業提案制度、これもだいたい年末の風物詩になりつつありますけれども、6月にもお知らせしました都民による事業提案制度、そして大学研究者による事業提案制度、2つ目が、これが新規ということでございます。これを募集いたしました結果、都民、大学研究者の皆さま方から109件もの提案お寄せいただいております。多くのご提案をいただいたことに感謝申し上げたいと思います。

 そして、都民による事業提案のほうが絞り込みまして18件、それから大学研究者によります事業提案につきましては13件の事業案をまず選びまして、そこからインターネットで都民の皆さんに投票していただくという段取りでございまして、今日から開始いたします。ぜひこの東京都のホームページからこのように都民の事業提案というところ、サイトをご覧いただいて、ああ、これはなかなか都民にとっていいなと思うようなのを1人3票までございますので、皆さんがまた1票投じていただいて、それこそ都民がつくる都民の予算ということを実現していきたいと考えております。これらの事業案、31年度の予算案に反映をしてまいります。投票期間はですけれども、今日から来月の5日までとなっておりまして、パソコン、スマートフォン、都庁のトップページから簡単に投票ができますので、皆さんの投票、お待ちをしているということでございます。

12月10日から都営地下鉄施設内で案内・警備ロボットの実証実験
 そして次がホストシティTokyoプロジェクトの1つといたしまして、都営、そうそう。都営地下鉄施設内で案内警備ロボット実証実験というのを実施いたします。要はロボットが案内をしたり、それから警備をしたりということでございます。今後、ロボットの活用がますます期待されるわけでございまして、その先端技術の早期実用化を支援するということでございます。都の施設を提供して実証実験を行うと。今回は東京2020大会に向けまして、多様な利用者が行き交う都営地下鉄の駅をフィールドとして、案内、問い合わせに対応するロボットが1つ。それから警備、警戒、見守りのロボット、2種類のロボットの実証実験をいたします。

 案内ロボットはこちら、ずらっと並んでいます。ご覧の4社が開発したもので、駅の利用者との方々とのコミュニケーションを通して、これがすごいんですよ。日本語、英語、中国語オッケーということで、駅内外の施設の案内をロボットがするということでございます。

 次に警備をするロボットですが、こちらでございます。なんかあのね、信頼感ありそうな感じでございますけれども。自律的に走行しながら画像認識技術を用いて、不審物がないかどうかの見回りなどを行うということでございます。実証実験のほうは12月の10日からご覧いただいているような駅で実施をいたします。皆さん、それぞれ駅に訪れられたときはぜひ、現在の先端技術を目の当たりにしていただいて、東京の未来をご想像いただきたいと思います。

 先端技術ですが、現場での検証確認の積み重ねが不可欠でございますので、実際にこう言った形で町で直接都民と、なんて言うんでしょうか、触れ合って、触れ合ってというかな。やりとりをすることが、またそれが蓄積になりますので、ぜひ試してみていただきたいと思います。

オープンデータを活用したアプリコンテスト2018、22日に募集開始
 次に、オープンデータを活用したアプリコンテストの実施についてのお知らせでございます。都が保有します公共施設の情報。それから統計情報など、その膨大なデータ、よくビッグデータと言いますが、その地域課題の解決であるとか、都民の皆さんの利便性の向上などに生かすべき。都とすれば重要な財産を持っているということです。都ではこうしたデータを広く都民に公開して、いわゆるオープンデータをするという、その取り組みを持って区市町村とも連携しながら進めているところであります。その取り組みを加速させるために、このオープンデータを活用してアプリを競い合う、アプリコンテストを開催いたします。

 ちなみに、昨年もこれ行いました。昨年度はこの東京都がオープンデータとして公表させていただいたそれを使って、子育てなどをテーマに実施して、子育て家族がベビーカーで気軽に楽しめる施設はここですよと、こういうイベントがありますよというのをすぐに検索ができるというアプリを知事賞に選んでおります。一部重複もありますけれども、このアプリが年間ですけれども、5930万ユーザーに活用されたということでございまして、こうやって知事賞を差し上げることがまたプラスになるかと思いますけれども、都民にとって使い勝手のいいアプリを、東京都の持ってるデータを生かして作っていただくということがだんだんうまく回り始めたのかなというふうに思います。

 今年度ですけれども、9月から10月に都内7つの自治体の協力で、アイデアソンキャラバンのアイデアを参考にしながら、スポーツをテーマに実施いたします。もう一度言います。アイデアソンキャラバンというのが都内の7自治体の協力で開催したんです。そのアイデアを参考にしながらスポーツをテーマに実施をすると。「スポーツを通じて、人もまちも輝く東京へ」と題してまいります。魅力的なスポーツアプリがこれによって発掘されればと期待してるところでございます。

 今後は選考を経まして優秀な作品を選んで、最も優れた作品には知事賞を贈呈すると。また選定されましたアプリを普及するために都も後押しをしてまいります。今日から来年の2月18日まで、どなたでも参加できますので、ぜひふるってご応募いただきたいと思います。

結婚支援ポータルサイトを開設
 最後の1件は婚活です。今日はなんの日かご存じでしょうか。いい夫婦の日。はい。ということで、結婚、そういうことでもないんですけれども、結婚支援のポータルサイトを開設いたします。今日からです。で、都は結婚を希望しながら、あと一歩踏み出せないという方々へ、背中を押してあげるとでも申しましょうか。結婚に向けた機運の醸成にこれまでも取り組んでまいったところでございます。

 今回その一貫でございますが、結婚を希望する方にさまざまな情報を総合的に提供するポータルサイトを作ったというものでございます。ポータルサイトのトップページは結婚を望む都民のお1人お1人に、自分らしい2人の物語を考えていただきたい。そういう思いを込めまして、今こちらに出ておりますけれども、TOKYOふたりSTORYといたしました。

 サイトの代表的なコンテンツを紹介いたしますと、例えばイベントカレンダー。こちらでは都や区市町村、他県、非営利法人などが開催する結婚関連のイベントを掲載してまいります。都民の皆さんに気軽に参加できる、出会いの場の情報を提供するというものでございます。ちなみに街コンは、私は3年ぐらい前ですけども、その当時で街コンは年間6,000件開かれるって聞いてびっくりしたことがあります。いろんなところで商店街を使った、そして出会いをつくるというようなイベントが行われていますので、そういったもの、東京中心でございますけれどもお知らせをする。

 2つ目の東京人生デザインですけれども、結婚について考えるきっかけとなるように、例えばこれ、この一部なんですけれども、自らアイコンを選択していただいて、自分なりのライフプランのイメージを作成するように、できるようになっているということで、ちょっとのぞいてみていただきたいと思います。

 それから最近の出会いの場事情でございますけれども、これから婚活を始める方の参考となるように、民間の婚活サービスの種類であるとか、それぞれの特徴などの紹介をしております。そのほか行政による幅広い支援施策もまとめて掲載をしておりますので、ぜひ多くの方々にご活用いただければと思います。

 先ほど紹介いたしましたイベントカレンダーに掲載する、出会いのきっかけにつながるような、NPOなどがやっているイベントの情報も募集をしておりますので、こちらについてもご協力いただければと、このように考えております。では私のほうからは以上であります。どうぞ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
小池都知事が記者会見11月22日(全文1)全都民の就労を応援する新条例を制定したい 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる