辺野古ゲート前 資材など積んだ車両100台が基地内へ

沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、米軍キャンプ・シュワブゲート前では21日、市民ら約100人が座り込み「違法工事をやめろ」「美ら海を壊すな」などと抗議の声を上げた。

 午後0時半までに県警機動隊による市民らの強制排除が2度あり、その間に建設資材や石材を積んだダンプカー、生コン車など約100台が基地内へ入るのが確認された。

 ゲート前には、基地のない平和な沖縄をめざす会(沖縄の会)のメンバーも東京から足を運び、共に建設反対を訴えた。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック