「許せない」渋谷区長 ハロウィーン有料化など対策検討へ

 ハロウィーンから一夜明け、東京・渋谷区の長谷部健区長は、相次いだ迷惑行為に憤りを隠さず、今後、規制を含めた対策を検討する考えを示しました。

 日が昇り始めた午前6時前、雑踏警備に当たった警察官が引き上げる中、渋谷駅周辺では、散乱したごみを拾う仮装した人たちの姿がありました。街をきれいにしようとする人がいる一方で、今年目立ったのは駅周辺で繰り返された迷惑行為です。熱狂のハロウィーンから一夜明け、長谷部区長は憤りをあらわにして、対応を急ぐ考えを強調しました。長谷部区長は「渋谷を愛する人たちの力で、この街がきれいになっているのは本当に誇り」とした上で「ただ、それを踏みにじる行為があったのは断じて許せない。しっかりと対応していく」と語気を強めました。

 渋谷区は今年、街を訪れる人に対して終電での帰宅を呼び掛けたほか、周辺の店に対しては瓶に入った酒の販売自粛を求めていました。しかし、今年のハロウィーンは迷惑行為がエスカレートし、逮捕者が続出する事態となりました。長谷部区長は「ハロウィーンはイベントではなく、騒動になっている。来年以降、何かしらもっと積極的に手を打たなければならないと当然思っている」と述べました。長谷部区長は来年に向けて、混雑やトラブルを防ぐため対応を検討するとし、参加者を渋谷駅近くの代々木公園に誘導する案や、有料制のイベントにする案などを挙げました。その上で「1つの目安は、来年2月に予算編成して来年度予算の発表をする。それまでに方向性をつけたい」としました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック