奥田交番襲撃事件 容疑者の鑑定留置を請求/富山

 富山市の交番を襲撃し、強盗殺人などの疑いで逮捕された男について、富山地検が、12日、裁判所へ鑑定留置を請求したことが、捜査関係者への取材でわかりました。

 この事件は、今年6月、富山市の奥田交番で男性警察官(46)が刃物で殺害され、奪われた拳銃で、奥田小学校の男性警備員(68)が殺害されたものです。
 警察は、強盗殺人などの疑いで立山町の元自衛官・島津慧大容疑者(22)を逮捕、送検しています。
 捜査関係者によりますと、富山地検は、12日、島津容疑者の刑事責任能力の有無を調べる鑑定留置を裁判所に請求したということです。
 午前11時半ごろには裁判官が行う鑑定留置質問のため、島津容疑者を乗せた車が富山地裁へ入りました。
 鑑定留置は、医師などの専門家が行う精神鑑定で、期間は通常、数か月間に及びます。
 富山地検は、鑑定結果をもとに起訴するかどうかを慎重に判断します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック