台風24号、温帯低気圧に=近畿、東北から北海道沖へ―死者4人、不明1人

大型で強い台風24号は1日午前、速度を上げて東北地方から青森県沖に抜け、正午に北海道南東沖で温帯低気圧に変わった。

 台風の影響で鳥取県などで4人が死亡、1人が行方不明になった。気象庁は北日本(北海道と東北)や東日本では1日夜まで暴風や高波に警戒するよう呼び掛けた。

 24号は9月30日午後8時ごろに和歌山県田辺市付近に非常に強い勢力で上陸後、東海地方などを経て東北地方へ縦断。勢力はやや弱まったが、1日未明から大型になった。

 各地の県警などによると、鳥取県琴浦町の農道で30日午後7時半ごろ土砂崩れがあり、軽自動車が転落。会社員野田清孝さん(50)=同県倉吉市=が死亡し、もう1人も搬送された。山梨県富士吉田市では1日午前2時ごろ、水路に浮いている40代とみられる男性が発見され、死亡が確認された。

 滋賀県甲賀市の川岸でも1日午後2時5分ごろ、男性の遺体が見つかり、前日夜から行方不明になっていた男性警備員(46)と確認された。京都府福知山市の男性(79)は川へ船を見に行き不明となり、1日午後に遺体で発見された。宮崎市高岡町では、農業の女性(67)が用水路に流されたと119番があった。

 総務省消防庁によると、このほかに1日午前7時現在で重傷14人、軽傷90人。同6時現在で約18万3400人に避難指示、約70万5500人に避難勧告が出された。

 最大瞬間風速は東京都八王子市で1日午前0時10分すぎに45.6メートル、福島県いわき市で同2時5分すぎに41.5メートルを観測。静岡市葵区では午前0時すぎまでの1時間に72.5ミリの非常に激しい雨が降った。

 温帯低気圧は1日正午、北海道の南東海上を時速95キロで北東へ進んだ。中心気圧は970ヘクトパスカル、最大風速は35メートル。南東側1100キロ以内と北西側560キロ以内が風速15メートル以上の強風域。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック