店から煙が…」消防隊員が休業日の飲食店に駆けつけたら“灰皿のタバコ” 現場一時騒然

名古屋市中区のイタリアンレストランから28日午後、白煙が出ていると消防に通報がありました。煙の原因は店内の灰皿にあったたばこで、火事にはなりませんでしたが、現場は一時騒然としました。

 名古屋市中区錦2丁目の「錦カナアンビル」で28日午後9時15分ごろ、「地下1階の飲食店から煙が出ている」と警備会社から119番通報がありました。

 消防によりますと、煙が出ていたのは地下1階のイタリアンレストランで、28日は休業日で店内に人はいませんでしたが、灰皿にあったタバコの火が消えずに残り、煙が出ていたということです。

 消防車16台が出動しましたが放水もせずケガ人もありませんでした。

 現場のビルは、地下鉄伏見駅のおよそ500メートルほど東で、当時、ビル内で営業していた店の従業員や客が避難するなど一時騒然としました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック