警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS テロ対策で72団体連携 五輪控え和歌山県警呼び掛け

<<   作成日時 : 2018/10/17 20:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

和歌山県警や県、公共交通機関など72団体・事業者が「テロ対策パートナーシップ和歌山」を設立した。来年はG20大阪サミットやラグビーワールドカップ、翌年には東京五輪など国際的な大規模イベントが国内で連続するのを受け、関係機関が連携し、テロ防止を図る。

 県警の呼び掛けに応じた鉄道・バス会社、通信事業者、宿泊施設、病院、薬剤師団体、金融機関、商業施設などが参加。県警公安課が事務局となる。活動内容は、テロ防止に関する情報共有や啓発、対策訓練実施、不審者情報などの通報連絡体制整備、自主警備態勢強化などで年に1回総会を開く。

 和歌山市の県民文化会館で10日、設立総会があった。県警の檜垣重臣本部長はあいさつで、イスラム過激派によるテロが世界各地で発生しているほか、サイバー攻撃被害も世界規模で起こり、テロの脅威が深刻化していると説明。その上で「G20大阪サミットや東京五輪などが連続するが、国際的に注目度の高い行事はテロリストの攻撃対象になる可能性が指摘されており、これまで以上に備えが必要になる。警察の取り組みだけでは十分ではなく、関係機関など一体となって対策を推進したい」と協力を呼び掛けた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
テロ対策で72団体連携 五輪控え和歌山県警呼び掛け 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる