警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 茨城国体見据えテロ対策 県警など ひたちなかで想定訓練

<<   作成日時 : 2018/09/19 07:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

2019年茨城国体や20年東京五輪など大規模イベントの開催に向け、県警やひたちなか・東海広域事務組合消防本部などは18日、ひたちなか市馬渡の国営ひたち海浜公園で、警備が手薄な施設を狙うテロを想定した「テロ災害対応訓練」を行った。県警機動隊や施設関係者ら計約250人が参加した。

訓練は、民間人や民間施設といった「ソフトターゲット」を標的にしたテロの迅速な対応を図り、関係機関の連携を強化するのが狙い。テロリスト2人が乗った車が施設内で暴走しながら爆発物を投げ入れ、多くのけが人が出たとの想定で行われた。

車を乗り捨てて逃げたテロリストを上空から県警航空隊のヘリが捜索。発見の連絡を受け、地上で待機するひたちなか署員約10人が盾や刺股などを使って取り押さえた。残された爆発物は県警の爆発物処理班が撤去した。救急隊員らはけが人の搬送や救護、来場者の避難誘導に当たった。

県警警備部の川上和夫部長は「テロ発生時は関係機関と連携し、迅速な対応が求められるが、今回の訓練で連携をより強化できた」と振り返った。参加した同署員は「落ち着いて対処できるように日々訓練を重ねていきたい」と力を込めた。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
茨城国体見据えテロ対策 県警など ひたちなかで想定訓練 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる