警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS ベルトコンベヤーで土砂撤去…災害救助に新装備

<<   作成日時 : 2018/08/06 07:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 西日本豪雨の被災地には、全国の警察や消防、自衛隊から、災害救助部隊が派遣された。のべ約1万700人(2日現在)が派遣された警察の広域緊急援助隊は、小型無人機「ドローン」や警備犬用の「ウェアラブルカメラ」などの新装備を初めて投入した。

 土石流被害を受けた広島県坂町小屋浦地区で4日、警視庁の広緊隊員が天井近くまである土砂をスコップで掘り、初導入されたベルトコンベヤーに乗せていた。菅原健二・特殊救助隊実施班長(43)は「高低差がある場所でも効率的に土砂が搬出できる」と話した。

 2016年4月の熊本地震では、土砂を「バケツリレー」で撤去したが、多くの人手と時間が必要で、手間取った。この教訓から、警視庁は農業用ベルトコンベヤーを改良し、災害用機器として活用している。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ベルトコンベヤーで土砂撤去…災害救助に新装備 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる