1967年、あの戦慄の一夜を描いた問題作『デトロイト』

治安が最悪に悪い街と一度レッテルを貼られてしまえば、観光客はともかく近隣の住民は近づかないことでしょう。そんな隔離されたアメリカのある街で、白人警官の容赦ない恐怖の尋問が、1967年に実際に行われていました。最悪級のスラム都市として知られる「デトロイト」で、一体何が起こったのか?

映画『デトロイト』
 アメリカ人はもちろんのこと、世界中の多くの人々が「デトロイト」という街の名は聞いたことがあるかと思います。かつては、フォードなどの自動車工場が稼働していたことで知られる街ですが、一方で黒人たちの暴動が度々行われたことから、「近づいてはならない街」として注目もされた時期もありました。 
  
 さて、なぜデトロイトで暴動が多発していたかという言えば…自動車工場で働いていた多くの黒人が自動車産業の不況に伴って無職となり、彼らの生活は困難な状態になってしまったからなのです。そしてその後、彼らは白人から人種差別を受けることとなり、デトロイトでは表社会と裏社会の二面性が浮き彫りとなったのです。

 本作は1967年の夏に実際に起こった「アルジェ・モーテル事件」を、忠実に再現した作品です。「アルジェ・モーテル事件」とは、白人警官たちが何も罪のない黒人宿泊客たちを強制訊問したこと。この人種差別事件は今でも、多くの国民に語り継がれているほどです。 

 
 この映画には主人公はいません。そのため、各キャラクターが抱える悩みや思いなどが描かれています。たまたま事件現場に遭遇してしまった黒人警備員メルヴィン(ジョン・ボイエガ)や、有色人種を良く思っていない白人警官フィリップ(ウィル・ポールター)、そして事件に巻き込まれてしまった宿泊客…彼らはどのようにして、フィリップが行った強制訊問から逃げることができたのでしょうか。

長時間にわたる尋問シーンは、心に苦痛を与えます
 本作のポイントは、長時間にわたる尋問シーンの恐怖感です。
 
 何も悪いことをしていないモーテルの宿泊客が、じわりじわりとフィリップらデトロイト市警に迫られる恐怖感は尋常ではありません。有色人種がマイノリティであった時代です。フィリップの思うがままにされてしまう場面は、誰もが絶望を体感することでしょう。きっと皆さんも、鑑賞中に冷や汗をかくこと間違いないでしょう。 
 
 そんな悪徳警察官フィリップを演じたのは、「いじめっ子」の役が良く似合うウィル・ポールター。数年前に公開された『メイズ・ランナー』でも、高圧的な態度で相手を翻弄するなど、悪役が似合う若手演技派俳優です。 

 本作の数少ない正義の味方として登場する警備員メルヴィン役には、「スター・ウォーズ」シリーズ新3部作の中心キャラクター・フィンを演じているジョン・ボイエガ。本事件の当事者として、宿泊客を気遣う姿勢は見習いたいものです。 
 
 …と、このように、アメリカの人種差別や性差別社会を体感することができる本作。鑑賞後に皆さんは、「凄まじい問題作を観てしまった!」と思われることでしょう。歴史そして文化好きの男性におすすめしたい良作です。本作の結末を想像したうえで、ぜひ鑑賞ください。

【ストーリー】
1967年、夏のミシガン州デトロイト。権力や社会に対する黒人たちの不満が噴出し、暴動が発生。3日目の夜、若い黒人客たちでにぎわうアルジェ・モーテルの一室から銃声が響く。デトロイト市警やミシガン州警察、ミシガン陸軍州兵、地元の警備隊たちがピストルの捜索・押収のためモーテルに押しかけ、数人の白人警官が捜査手順を無視。そして宿泊客たちを脅迫…。誰彼構わずに自白を強要する不当な強制尋問を展開していく。 
 
『デトロイト』
2017 年/アメリカ/カラー/英語/142分
原題:DETROIT
配給:ロングライド
2018年1月26日(金)TOHOシネマズ シャンテ他全国ロードショー
(C)2017 SHEPARD DOG, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック