警備員検定合格証偽造の疑い 警視庁、社長ら4人を逮捕

東京都公安委員会が交付する警備員の検定試験合格証明書を偽造したとして、警視庁は、警備会社「オリエンタル警備保障」(東京都東村山市)の社長春日井憲司容疑者(63)と社員の計4人を有印公文書偽造と詐欺などの疑いで逮捕し、27日発表した。春日井容疑者は容疑を否認、他の3人は認めている。
 生活安全総務課によると、4人は2010年7月~11月、自社の警備員2人について、都公安委員会が実施する「交通誘導警備業務2級検定試験」の合格証明書をパソコンで偽造。警備を請け負った顧客から警備代金約80万円を詐取した疑いがある。
 警備業法は、雑踏警備や貴重品運搬など、項目別に検定試験を設けている。春日井容疑者らが合格証明書を偽造した警備員は、いずれも交通誘導警備の検定試験は受けていなかった。
 同社の担当者は「造園業者から、街路樹の刈り込み作業に伴う都道の交通警備の依頼を受けた際、合格者の人数をそろえるのが間に合わず、偽造をしてしまった。二度と不正のないよう努めたい」と話した。
 同社は、東京と福岡に営業拠点があり、従業員数約200人の中堅警備会社。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック