首謀者の男ら起訴内容一部否認 6億円強奪事件

去年、東京・立川市で起きた6億円強奪事件の首謀者とされる男らの初公判で、男らは「警備員にけがをさせるとは思っていなかった」と起訴内容を一部否認しました。

 小沢秀人被告(42)ら3人は去年5月、立川市の警備会社に実行犯とされる男らを押し入らせ、警備員に暴行したうえ、約6億円を奪った罪で起訴されました。12日の初公判で、小沢被告らは、実行犯とされる男らが「まさか凶器を持っていって、(警備員に)けがをさせるとは思っていませんでした」などと述べ、起訴内容を一部否認しました。検察側は、冒頭陳述で「実行犯側から事件前に拳銃の調達を依頼されるなど、警備員にけがをさせる可能性はあると思っていた」と指摘しました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック