AKB48の新たな妹分 HKT48が初お披露目

10月23日に西武ドームでAKB48の【22nd マキシシングル『フライングゲット【通常盤】』全国握手会イベント AKB48祭り powered by ネ申テレビ】が開催され、福岡県博多に誕生した妹分 HKT48の初お披露目が行われた。

  15000名もの観衆を動員して開催されたこの日の握手会は、元刑事や警察官による異色ユニット OJS48が会場警備を務める中、後輩にあたるHKT48のステージからスタートした。グラウンド脇のベンチから一斉に飛び出した21名のメンバーは、全速力でステージまで駆け抜けると、緊張した面持ちでファンにご挨拶。『スカート、ひらり』を歌い上げて、先輩たちへバトンを渡した。

  そんな初々しいステージの後を受けたAKB48は、前田敦子や板野友美ら人気メンバー16名が登場して『会いたかった』や『フライングゲット』など4曲を披露すると、さらには島田晴香や市川美織らが在籍するチーム4のステージも。その後は握手会の開催となり、休日の球場に集結した大観衆にとって大満足の一日を届けた。

  平均年齢は13.8歳と、AKB48プロジェクトの中では最年少グループとなったHKT48。CDリリースなどは全て未定となっているが、オフィシャルサイトでは21名のプロフィールが公開されている。シーンを席巻する先輩たちに何処まで追いつくことができるのか、今後の展開に期待しよう。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック