広島父殺害:容疑で逮捕の長男「母も殺すつもりだった」

広島市安芸区のJR山陽線中野東駅の西口ロータリーで、近くに住む西谷愛三さん(58)が殺害された事件で、殺人容疑で逮捕された長男の和真容疑者(27)が「(事件後に西谷さん宅で)母親を待ち受けて殺すつもりだった。両親の態度に恨みを持った」と供述していることが、捜査関係者への取材で分かった。広島県警海田署は8日、和真容疑者を殺人容疑で広島地検に送検した。

 県警などによると、同区を流れる瀬野川で凶器とみられるおのやボーガンが見つかり、矢尻は遺体の胸に残り、折れた1本がロータリー付近にあった。また遺体は靴を履いていなかった。県警は、和真容疑者が3日夕、帰宅した西谷さんをボーガンで撃ち、靴も履かず逃げるのを執拗(しつよう)に追って、おので切りつけたとみている。

 一方、県警が発生直後に緊急配備をしたものの広島空港を対象外とし、空港の警備会社などに情報提供をしていなかったことが分かった。事件のあった3日、和真容疑者は同空港で一夜を過ごし、4日朝に出航して那覇空港経由で沖縄・西表島に逃げたとみられている。県警が捜査員を空港に派遣したのは、4日に指名手配した後だった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック