「花火に代わるイベントを」  小田原市観光協会長私案

小田原市観光協会(鈴木智惠子会長)が2日、23年度の総会を行った。議案審議では、8月の酒匂川花火大会の中止を含んだ23年度事業計画・予算案を含む全ての議案が可決された。

 鈴木会長は冒頭、東日本大震災を受け、各会員からの義援金・救援物資の協力に謝辞を述べた。花火大会の中止について鈴木会長は「役員会で何度も議論を尽くしたが、楽しみにしていた方々に申し訳ない」と陳謝。「東日本大震災の余震が警戒される中、打ち上げ会場と観覧席が同じ河川敷である花火大会は危険」と中止の判断に至った理由を説明、理解を求めた。会場からは「河川敷が危険ならば、毎年出来ないのでは」との意見が出され、来年度以降の開催に向け、警備や会場の面など含め検討課題とした。また「大きな事をやろうと密かに考えている」とし、私見と前置きしながら被災地の復興を祈念し、花火大会に代わるイベントを企画したいと発言。世界的太鼓奏者の林英哲氏に打診したことを打ち明けた。

 総会後には俳優で小田原ふるさと大使の阿藤快さんが記念講演を行った。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • オークリー メガネ

    Excerpt: 「花火に代わるイベントを」  小田原市観光協会長私案 警備資料/ウェブリブログ Weblog: オークリー メガネ racked: 2013-07-05 21:07