周辺に無断駐車しないで

ハピネッツ試合会場
 秋田ノーザンハピネッツは、「復興支援ゲーム」で、ホーム最終節でもある対富山グラウジーズ戦を、16、17日に秋田市立体育館で開催する。観客動員数はリーグトップクラスだが、その一方で会場の近隣施設への無断駐車が問題になっている。運営会社は「周囲に迷惑がかかるなら、最悪の場合ホーム戦を中止せざるを得ない」と言い、なるべく公共交通機関を利用するよう呼びかけている。(石間亜希)

 秋田市立体育館を運営する市スポーツ振興課などによると、ハピネッツのホームゲームが行われる時には、同体育館の周囲500メートルほどの圏内で、商店の駐車場がいっぱいになるという。

 中には、試合開始の1時間前から駐車場が満車状態となり、入れない車の行列が出来て、買い物客から「どうにかしてくれ」と苦情が来た店もある。この店では普段満車になることはめったにないといい、店長は「試合が楽しみな気持ちは分かるので、せめて周りの迷惑にならない止め方をしてもらえれば」と話す。

 ハピネッツは今季、同体育館など計6会場でホームゲームを開催してきた。いずれも駐車台数に限りがあり、運営会社は公共交通機関での来場を呼びかけてきたが、入りきらない車が後を絶たない。由利本荘市総合体育館での試合の際は、路上駐車の行列が通行の妨げとなり、警察官が移動を呼びかける一幕もあった。

 ホーム最終節ではさらなる人出が予想され、市スポーツ振興課は駐車場の警備員を増やして対応するが、「施設外の無断駐車については1人ひとりのモラルに訴えるしかない」と担当者は言う。

 運営会社は「ハピネッツは県民に愛されるチームが目標なので、誰もが気持ちよく応援できるよう協力してほしい」としている。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック