万引き犯の強盗傷害事件相次ぐ

 万引き犯が警備員らに暴力を振るい、けがをさせる強盗傷害事件が5日、県内で相次いだ。いずれも、盗みで捕まるのを逃れようとしたとみられ、捜査関係者は「多発する万引きだが、犯人が暴力を働く悪質なケース。重大な人的被害につながりかねず、対応に注意が必要」と警戒を強めている。

 大田原市内では5日午後0時5分頃、スーパーでチョコレート菓子5箱(販売価格計370円)を上着のポケットに入れてレジを通ろうとした男を女性警備員(45)が目撃。呼び止めたところ、男が警備員を押し倒し、顔をけるなどした。

 大田原署の発表によると、男は同市北金丸、私立大学2年桜井悠容疑者(20)。騒ぎを聞いた店長らに取り押さえられ、強盗傷害容疑で現行犯逮捕された。警備員は顔や頭に打撲を負った。

 鹿沼市西茂呂の靴店では同日午後1時55分頃、運動靴1足(販売価格約9400円)を盗んで店を出た男が、男性店長(40)に事務室に連れて行かれた。男は逃げようとして、事務所内の電気ポットの熱湯を店長にかけた。店長は右手をやけどした。

 鹿沼署によると、男は住所不定、無職伊藤哲哉容疑者(27)で、強盗傷害容疑で現行犯逮捕された。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

守るくん
2010年12月11日 13:28
万引きGメンは女性が多い。制服を来た男性警備員を待機させてから話しかけるとか、同じ警備員なんだからうまく連携した方がいい。
飯嶋 麗士
2011年01月02日 21:35
守るくん(さん)
コメントありがとうございます。

その連携は判ります。

この記事へのトラックバック

  • 保安警備検定資格の必要性

    Excerpt: 万引き犯の強盗傷害事件が相次いで起きたそうです。 先日、このブログで警備員検定資格の配置基準見直しの動きの中で保安警備の資格制度の検討がなされていることを紹介しました。 万引き等に対して行.. Weblog: 警備員日記 racked: 2010-12-09 12:44