交通規制の「匠」大舞台へ余念なし、再雇用の警官がAPEC警備でキャリア総決算/神奈川

 11月7日から横浜市で始まるアジア太平洋経済協力会議(APEC)。世界21の国と地域から集まる要人を誘導する県警交通規制課に「匠(たくみ)」がいる。この道15年の石川範房警部補(60)は、高速道路の各出入り口の特徴から、一般道の抜け道まで熟知する規制のプロだ。今年3月に定年を迎えたが、能力を買われ再雇用された。キャリアの総決算となる大舞台を前に、準備に余念がない。

 要人の車列前後は、一般車を走らせてはならない。通過に合わせ現地の警察官に指示して規制をかけ、道路をクリアにして車列を通過させる。

 区間は未定だが、期間中は1日当たり、首都高速で50%、一般道で30%程度、交通量を制限する。すべて規制してしまえば話は簡単だが、「ただ止めればいいというものじゃない」と石川警部補。全ルートを一度に規制してしまえば、周辺道路も含め、大混乱に陥る。

 車列の進む速度と、道路の混雑状況を勘案し、ぎりぎりで規制にゴーサインを出す。「そのタイミングが絶妙。規制の一コマ一コマが、水が流れるようにつながっていく」。交通規制課幹部はそう舌を巻く。

 さしずめ、頭の中で道路状況を正確に映像化する“リアルタイムナビ”だ。当日は交通管制センターに控え、現地の状況を伝える無線を頼りに情報を展開し、シミュレートする。「高速のあそこで車が詰まっているということは、その先の出口が込んでいる。とすると、○分前に規制をかける必要がある…」

 規制の成否を左右するのは、自身が描く映像と現地の状況との「ずれ」。隔たりが小さいほど車列はスムーズに進み、一般車の渋滞も抑えられる。

 通算15年のキャリアは、そのずれをなくす日々だった。何度も現地へ足を運んだ。曜日、時間帯、天候、イベント…。条件次第で混雑状況は大きく変わる。混雑しやすい車線、交差点の特徴を一つ一つをメモに取り、頭にたたきこんだ。成田空港から横浜へ入る際に主に使用される首都高横羽線や湾岸線は、周辺道路を含めて隅々まで調べ上げた。

 通常は国が指定する時間とルートが分かり次第、計画を策定する。これまでも中国・胡錦濤主席などの来県時の規制を成功させた。しかしAPECは参加国・地域が多い。「恐らく移動計画もぎりぎりにならないと伝わってこない」。会期中に、誰がどこに行くかも分からない。横浜でのAPEC開催を知らない都内からの一般車流入をどう予測するかなど懸案課題は多い。県内の約90%の道路を把握しているが、「(要人の)行き先が分かれば、すぐにでも下調べに行きたい」と気をもむ。

 自身の最後で最大の舞台。「自分はこのために残された。要人を安全に誘導し、一般への影響は最小限に抑えたい」と意気込む。 

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック