パリス、成田お泊りの悲惨な全貌!食事は自動販売機で?

日本入国を拒否され、成田空港内での宿泊を余儀なくされたパリス・ヒルトンが一夜を過ごしたホテルは、彼女が泊まり慣れているホテルのようにゴージャスなものではなかったようだ。
やはり成田で入国を許されず、ホテルに泊まらされたというジャーナリストが「彼らはホテルと呼んでいるけど、あれは旅行者用の簡易宿泊所だ。バンに乗せられて移動し、ホテルの裏の階段から入るんだ。24時間、警備員がドアの前に立っていて、こっちが逃げないように見張っている」とE! Onlineに語っている。また、ルームサービスなどはなかったので、パリスは自動販売機で食べ物を買った可能性が高いという。
パリスを6時間も質問攻めにしたという入国管理局は、ラスベガスの検察側にも連絡したそうで、「日本領事館から電話があって、書類のコピーを求められた。彼女は有罪判決を上訴することができるのかと尋ねられたので、その答えは司法取引の合意書に書いてあるが、彼女は上訴する権利を放棄したと答えた」とラスベガスの地方検事デビッド・ロジャーがE! Onlineに語っている。画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック