1000円高速、売り上げ増

早くも効果 宿泊施設、集客に力


 ETC(ノンストップ自動車料金収受システム)を取り付けた普通車やオートバイを対象に、地方の高速道路で土日・祝日の料金を上限1000円とするなどの新料金割引が各地で始まったが、県内でも、北陸道のパーキングエリア(PA)は、関西や中京圏ナンバーの普通車で込み合い、売店の売り上げも増えるなど、“ETC効果”が表れた。

  北陸自動車道下り線の徳光PA(白山市徳光町)では、この日に向け、ゴールデンウイーク並みの体勢をとっていた。普段は大型トラック用の駐車スペースに線を引いて普通車が2台入れるようにし、通常34台の普通車スペースを倍増した。普段は置かない警備員を4人配置。売店も4人増員し、通常より30分早い午前7時に開店するはずだったが、車が早朝から集まり、急きょ同6時半に店を開けた。

  PAの売店チーフ、五十里(いかり)一弥さん(37)によると、売店の売り上げは、落雁(らくがん)などの和菓子を中心に、普段の土日の5割増し。五十里さんは「予想ほどは混乱しなかったが、売り上げも伸びた」と話したが、客足が伸びた分、駐車場にガムが捨てられるなど、「マナーの悪さも目についた」と指摘した。

  駐車場には、名古屋や大阪、遠くは徳島など四国ナンバーの車も並んだ。名古屋から、石川の豊かな自然を夫と見に来た主婦、松葉素子さん(64)は「最近遠出していなかったが、安くなったので出かけた。娘が横浜におり、高速が安いのはありがたい」と喜んだ。ただ、石川に来る途中、「高速1000円」の適用外区間があるのを知らずに通り、混乱したとも。「料金体系がわかりにくい」と注文をつけた松葉さんは、28日夜は同PAでの車中泊を検討していた。県警高速隊によると、同日の県内高速道路は渋滞もなく、通常の週末並みの通行量だった。

  一方、「高速1000円」を活用し、県内の宿泊施設も、観光客の呼び込みに力を入れる。ANAクラウンプラザホテル金沢(金沢市昭和町)では、4月24日~5月10日の大型連休に駐車料金(1泊1000円)を無料にする家族・カップル向けプランを設けた。金沢都ホテル(同市此花町)は6月末まで、「ETC割引で春から初夏の城下町金沢へ行こう!」プランを用意。ETCカードを提示すれば、駐車場料金が無料(1泊500円)になるほか、全国の都ホテルズ&リゾーツで使えるギフト券1000円をプレゼントする。






【即納!メール便可能】Panasonic CA-EC31D ETC車載器接続コード
Car Parts Shop MM
ETC車載器接続コード ※接続可能なカーナビの品番は、CN-DV150D/RD、 DV155D/RD

楽天市場 by ウェブリブログ

【Pansonic】ETC接続コード:CA-EC31D
まんてん屋
ETC車載器接続用コード パナソニックナビゲーションとETC車載器を接続するのに使用。 接続した場合

楽天市場 by ウェブリブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック