テーマ:警備業法違反

警備員の不法派遣容疑 警備4社の派遣責任者4人を書類送検

警備員を不法に派遣したとして、警視庁生活安全総務課と生活安全特別捜査隊などは28日、労働者派遣法違反の疑いで、東京都渋谷区猿楽町の警備会社「日動警備保障」と千代田区飯田橋、同「セントラル綜合サービス」など計4社と各社の派遣責任者計4人を書類送検した。  同法は、警備業務で労働者を派遣することを禁止している。同課は4社が昨年1月まで…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

県公安委:「システム警備」の認定を取り消し 業務教育虚偽記載で /秋田

県公安委員会は12日、秋田市の警備会社「システム警備」の警備業認定を取り消す行政処分をした。同処分は県内初。  県警生活安全企画課によると、同社と男性社長(61)は警備業法で半年に一度義務づけられている警備員の業務教育を怠ったにもかかわらず、実施簿には09年4、10月に行ったとする虚偽の記載をしたとして同法違反容疑で秋田区検に書類…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

静鉄タクシー 警備業法違反 静岡県

営業停止30日 指導教育責任者選任怠る 警備員を指導する警備員指導教育責任者の選任を怠ったとして、県公安委員会は「静鉄タクシー」(静岡市駿河区)の警備部門を警備業法違反で30日間の営業停止処分としたことが分かった。処分は4日付。2009年11月には、同法違反で総合ビルメンテナンス会社「ユアーズ静岡」(同市葵区)を営業停止処分として…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニューライフ警備保障:無資格者だけで現金輸送 道公安委、業務停止処分へ /北海道

札幌市清田区の警備会社「ニューライフ警備保障」が、有資格者の警備員を1人も配置せず現金輸送業務を行っていたことが分かった。道公安委員会は来月上旬にも、現金輸送業務を2カ月間停止する行政処分を下す方針。  現金輸送業務には警備業法で検定に合格した警備員を配置することが義務づけられている。道警幹部らによると、同社は昨年10~12月にか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more