テーマ:行政ニュース

土砂搬出の桟橋付近に「カミソリ刃鉄条網」 4日夜撤去

沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、埋め立て土砂を搬出する市安和の琉球セメント桟橋入り口付近に設置されていた「カミソリ刃付き鉄条網」が4日夜、撤去された。理由は不明。  伊波洋一参院議員が鉄条網の設置について、写真入りで3日にツイッターでつぶやいたところ、「リツイート」2682件(4日午後8時現在)とともに、「子供が触ったりした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徴用工判決で新日鉄住金に差し押さえ通告、24日が期限「対応見極めたい」

 日本の朝鮮半島統治下で徴用工だったと主張する韓国人らが起こし、韓国最高裁が新日鉄住金に賠償を命じた訴訟の原告代理人らが4日、東京都内の新日鉄住金本社を訪れ、賠償方法などに関する協議を申し入れる要請書を受付に手渡した。その後、日本外国特派員協会で記者会見し、24日までに同社から回答がなければ、年内に韓国内の資産の差し押さえ手続きに入る考…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

傷害容疑で巡査部長を逮捕=機動隊訓練中、部下に暴行―高知県警

機動隊の訓練中に部下に暴行し、けがをさせたとして、高知県警捜査1課は4日、傷害容疑で県警機動隊の巡査部長、西村佳記容疑者(29)=同県南国市大そね甲=を逮捕した。  容疑を認めているという。  逮捕容疑は11月22日午後2時半ごろ、同市にある機動隊舎の車庫内で、一緒に警備訓練をしていた20代の男性巡査長に対し、殴る蹴るの暴行…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警察庁とユーロポールが情報交換体制構築 栗生長官ら署名

警察庁は3日、2020年東京五輪・パラリンピックに向けたテロ対策などの分野で、欧州警察機関(ユーロポール)と情報交換体制を構築すると発表した。警察庁からリエゾンオフィサー(連絡担当官)を同機関に派遣して常駐させるほか、専用通信回線を設置する。  栗生(くりゅう)俊一・警察庁長官が3日、オランダ・ハーグの同機関本部で実務取り決めに署…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フランス抗議デモ 全国で630人を身柄拘束 政府は「各党対話」開始 「警備甘い」と批判も

フランスのマクロン政権は3日、全国で広がる燃料費引き上げへの抗議デモの沈静化に向け、各党代表との協議に入った。放火や投石で1日に大きな被害が出たパリでは、「治安対策の甘さ」への批判も出ている。  パリでは2日、クリスマス商戦が再開した。デモ警戒から、ベニヤ板で覆った店が目立つ。シャンゼリゼ通り周辺には焼けた車両、割れたショーウイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金委員長のソウル訪問の際、最初に訪れる場所は?

陸路で軍事境界線を越えるかどうかに注目集まる 非武装地帯近くの「北朝鮮軍墓地」に立ち寄るか 南山タワーと産業施設訪問し経済発展への意志を示す見込み 漢拏山訪問、象徴性大きいが、気象条件などが問題  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が約束したとおり、年内にソウルを訪問するとしたら、どこを訪れるだろうか。分断後初めて南側を訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

機動隊、座り込みの市民を強制排除 辺野古への土砂搬出

米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設工事で、名護市辺野古の沿岸部に投入するための土砂の搬出が3日、名護市安和(あわ)で始まった。反対する市民ら約50人が座り込みをして抗議の声を上げたが、県警機動隊に次々と排除され、海上運搬する船への土砂の積み込みが進んだ。  土砂の搬出場所となった「琉球セメント」の桟橋の入り口では午前8時ごろ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領:政府予算の期限延長を検討-ブッシュ元大統領死去で

トランプ米大統領は、政府予算の期限延長に前向きな姿勢を示した。11月30日にジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(父ブッシュ)が死去したことが背景にある。 国土安全保障省や内国歳入庁(IRS)など一部の連邦政府機関の予算は12月7日に失効する。メキシコ国境警備の予算を巡って議会がトランプ大統領との協議の行き詰まりを打開しない限り、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キャラバン」6000人、米“国境”閉ざされ諦めの声も

中米諸国からアメリカへの移住を目指す集団「キャラバン」。アメリカまであと一歩のメキシコの街に現在およそ6000人が滞在していますが、トランプ政権の厳しい姿勢を前に入国をあきらめる声も出始めました。  「この一歩先は、もうアメリカです。まだ夜明け前なんですが、アメリカ側には大勢の国境警備隊が集まってきていて、警戒に当たっています」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

週明けにも新基地土砂積み込み 「諦め」ムード 醸成狙う

名護市辺野古の新基地建設で、沖縄防衛局が週明けにも土砂搬出の作業を始めるのは、少しでも早く埋め立てに着手したい、前のめりな姿勢の表れだ。約1カ月の集中協議が平行線に終わり、県が来年2月24日の県民投票実施を決めると、政府は今年12月中旬の土砂投入方針を固めた。県民投票に向けて新基地反対の機運が高まることへの警戒が背景にあるとみられる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラッシュ厳禁、「儀装馬車列」とは オフィス街に響く馬蹄、漆塗り馬車は100年モノ

丸の内のビル街を駆け抜ける儀装馬車列  秋も深まり街路樹が色づいてきた2018年11月22日(木)、喧騒の丸の内オフィスビル街に聞き慣れない馬の蹄(ひづめ)の音が響きました。何事かとビジネスマンや観光客が立ち止まります。やって来たのは騎馬警官に警護された儀装馬車の列です。「ここは日本か?」と思わせるような珍しい光景に、多くの人がスマホ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NYで公判中のメキシコの麻薬王、出廷予定だった証人が心臓発作で急死

 世界の麻薬の密売を支配した麻薬王ホアキン・グスマン・ロエラ(エル・チャポ)の公判がニューヨークのブルックリン地区連邦裁判所で行われているが(参照:麻薬王「エル・チャポ」の公判がNYで開始。最も費用がかかる裁判に)、この裁判に召喚される証人保護も重要視されている。検察官に誘導されてエル・チャポに不利な証言をする証人がエル・チャポに雇われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンのクリスマス市、厳戒で幕開け=依然残るテロの記憶

2016年12月にイスラム過激派の男がクリスマスマーケットにトラックで突っ込み、12人が死亡する事件が起きたベルリンで、今年もクリスマスシーズンが始まった。  テロの記憶が依然残る中、各マーケットは厳戒態勢を取り、来場者の不安払拭(ふっしょく)に努めている。  テロが起きたカイザー・ウィルヘルム教会前のマーケットは11月26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震の際の支援に感謝 北海道白老町長が仙台市表敬

今年9月の北海道胆振東部地震の際に、仙台市から支援を受けた北海道白老町の町長が郡仙台市長を訪れ感謝の思いを述べました。  仙台市役所には、白老町の戸田安彦町長ら2人が訪れました。  仙台市では北海道胆振東部地震が発生した当日、白老町にペットボトルの水やレトルトカレーなどを送った他、支援物資のニーズを調査するため職員2人を派遣しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木造船漂着に自治体苦悩 既に昨年度の2倍

朝鮮半島からとみられる木造船が相次いで青森県の沿岸に流れ着く事態に、自治体などの関係機関が頭を悩ませている。30日もつがる市と鯵ケ沢町で計3件の漂着が確認され、2018年度は11市町村で32件と、17年度の14件の倍以上を数える。この中で、処理が完了したのは、わずか3件。1件の処理には数十万円から100万円前後が必要で、費用負担がネック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣教師を殺害したインドの孤立部族、侵入者を拒んできた歴史

最後の手記には「矢が聖書を貫通した」、過去にはナショジオ取材班も  11月中旬、インド領の孤島で米国人宣教師が殺害された。この事件は、外界と接触せず暮らす孤立部族の権利について、新たな緊急の問題を提起している。 写真:北センチネル島の浜辺で弓と矢を掲げて小躍りする孤立部族の戦士たち  米国ワシントン州在住のジョン・アレン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ、16~60歳ロシア男性の入国禁止

ウクライナは11月30日、16~60歳のロシア男性の入国を禁止すると発表した。ロシアが併合したクリミア(Crimea)半島沖で先月25日にウクライナ艦艇3隻を拿捕(だほ)し、ウクライナ兵士24人を拘束したことを受け、ウクライナは国境地域に戒厳令を敷いていた。  ペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)大統領と面会し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊の基地は一般人の侵入さえ制御できない。 もしテロリストだったら…

「自衛隊ができない50のこと 44」  軍事基地の周辺は普通、銃を持った警備兵が警戒しているものです。中国の基地まわりでは周辺でも軍事施設が見渡せる場所でカメラを持ってうろうろしていると注意されたり、カメラを取られたり、スパイと疑われれば逮捕される危険さえあります。しかし、自衛隊の場合は憲法上では「軍」ではないと規定されているせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子さま、婚約延期も職場では「結婚します!」と幸せオーラ

秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)との婚約延期が今年2月に発表されてから、9か月以上が経っているが、眞子さまは心変わりされていないようだ。 「つい先日、眞子さまと仕事でお会いする機会がありました。普段からテキパキと仕事を進められる方なので、仕事仲間からの信頼はとても厚い。ただ、結婚の延期や、それについての報道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊はなぜ「宇宙部隊」を新設するのか

おおむね10年の安全保障や防衛力の方針を定めた現在の「防衛計画の大綱」(防衛大綱)が、策定から5年を迎える12月に改定される。この改定にあたって、「 防衛省が『宇宙部隊』新設へ 宇宙ゴミや不審衛星を監視 」と朝日新聞が11月19日付で報じている。 〈防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相、AIで「日本がルール作り主導」G20非公式会合

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを訪問中の安倍晋三首相は30日午前(日本時間同日夜)、20カ国・地域(G20)首脳会議の非公式会合に出席した。首相は「公正で持続可能な未来」をテーマに演説し、人工知能(AI)やビッグデータの活用で「日本が新時代のルール作りを主導する」と訴えた。  首相は、AIやビッグデータが産業革命以来の大きな社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮崎・北朝鮮問題 拉致が疑われる特定失踪者の関連性について検証作業

今から約40年前、宮崎県内の海岸では、北朝鮮の工作員が密入国や密出国を繰り返していたことが分かっています。こうした工作員の活動と、拉致が疑われる特定失踪者の関連性についての検証作業が県北部の海岸で行われました。横山記者のリポートです。  検証作業にあたったのは、特定失踪者問題調査会のメンバーや県内の特定失踪者の家族らあわせて7人です。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

石垣島への侵攻想定、防衛省が作戦分析 赤嶺議員が資料を入手

2012年ごろに防衛省内で検討された自衛隊の「機動展開構想概案」で、石垣島が実際に侵攻された場合を想定し、島しょ奪回のための戦い方を分析していたことが分かった。島中で戦闘を展開し、優劣を評価している。赤嶺政賢衆院議員(共産)が資料を独自に入手し、29日の安全保障委員会で明らかにした。10年12月~13年12月に省内に設置された「機動展開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G20首脳会議開幕へ、共同声明巡る協議難航 注目は米中会談

20カ国・地域(G20)首脳会議の開幕を30日に控え、共同声明策定に向けた協議は、貿易や移民、気候変動などの問題で合意にこぎ着けることができず、難航しているもようだ。 南米初となるG20首脳会議は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで30日から2日間開催される。 ドイツの政府高官はロイターに対し、「今年は多国間協調主義にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<G20>米露首脳会談キャンセル トランプ氏がツイート

トランプ米大統領は29日、「ロシアのプーチン大統領との会談をキャンセルすることが最善と決定した」とツイートし、ブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて予定されていた米露首脳会談開催を見送る考えを示した。ウクライナ艦船が黒海でロシア国境警備隊に発砲・拿捕(だほ)された事案を受けた措置としている。  ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「フリゲート」ってどんな船? 海自の新造艦「30FFM」、「FF」の背後に6世紀の歴史

海自新造艦は「フリゲート」  三菱重工業は2018年11月1日、防衛省が2018(平成30)年度予算で調達した新型の3900t護衛艦2隻について、同省と建造契約を締結したと発表しました。 【写真】1隻目は戦艦「武蔵」も建造された三菱重工業長崎造船所にて  海上自衛隊は現在運用している護衛艦について、諸外国での海軍における駆…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7兆円をチラつかせても中国を止めることはできない

2018年APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議(11月17日、18日)は、歴史を振り返ってみても、また将来を占ってみても、ポートモレスビー(パプアニューギニアの首都)という象徴的で暗示的な地点で開かれたものだ。貿易戦争の渦中にある米中両国が真正面から激しい舌戦を繰り広げたという側面もさることながら、やはり印象的だったのは新たな世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

窓口24時間通訳、多言語装備導入...「訪日外国人」安心対策強化

2020年東京五輪・パラリンピック開幕まで1年8カ月に迫る中、県警が県内でも増加が見込まれている訪日外国人(インバウンド)対策を強化する。12月から英語、中国語、韓国語による110番通報や窓口対応の通訳を24時間態勢に拡大。イベント会場での雑踏警備や警察署窓口の対応を充実させるため、31言語に対応した翻訳機能付きタブレット端末や多言語対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

外国人犯罪 警察の敵が「入管と万引きGメン」になる理由

「外国人犯罪は近年、ほぼ横ばい状態」「外国人観光客は急増したが、短期滞在者の総検挙人員はそれほど増えていない」──警察は、日本に外国人が激増する中でも、彼らによる犯罪は増えていないとアピールしている。しかし、その内実は全く異なるようだ。元兵庫県警通訳捜査官で関西司法通訳養成所代表の清水真氏がリポートする。 「移民大国化」するニッポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辺野古移設工事 沖縄防衛局が民間港の使用を検討

普天間基地の名護市辺野古への移設をめぐり、沖縄防衛局が民間企業の港を使って埋め立て用の石材を積み込むことを検討していることが関係者への取材でわかりました。 普天間基地の辺野古移設をめぐり、沖縄防衛局は本部港を使って埋め立て用の石材を船に積み込む計画ですが、本部町は台風の影響で岸壁が損壊していることから防衛局の使用申請を受理していま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more