テーマ:地震

震災1カ月:千葉では/中 一極集中、危うさ実感 /千葉

 ◇記者が「帰宅困難」に直面 親類の法事で福島へ向かう途中の東京で…  ◇「24時間」でも疲れ果て  3月11日の東日本大震災から1カ月が経過した。今も大きな余震が続き、被害の全容も定かではない。震災発生時、私は東京にいて、そのまま「帰宅困難者」となった。首都の交通がまひし、何万人、何十万人もの人間が“難民”と化す事態に直面して、原…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ファン暴走で救急車出動? 問われるジャニーズファンのモラル

 ジャニーズ事務所による東日本大震災の被災地復興のための支援プロジェクト「Marching J」。その第一弾として企画されたのが、4月1~3日に開催された代々木第一体育館での募金活動だった。SMAPからジャニーズJr.まで主な所属タレントがほぼ全員登場するという大規模なもので、募金に訪れた人数は3日間でおよそ39万人。ネット上では「さす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸川区花火大会も中止

東京都江戸川区は2011年4月7日、夏の8月に予定していた江戸川河川敷での江戸川区花火大会を中止すると発表した。 江戸川区花火大会は1976年から開催されてきて例年130万人以上の来場者がある。実行委員会は中止の理由として、計画停電や大規模停電が起きた場合、来場者の安全を確保できない可能性があることや、警察や消防が被災地への…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余震、消えぬ恐怖 1人死亡・18人けが

7日深夜に発生した宮城県沖を震源とする地震は、県内でも新庄市などで震度5弱を観測。尾花沢市で1人が亡くなったほか、鉄道の運休が相次ぐなどの被害が出た。東日本大震災から間もなく1カ月。避難所で過ごす避難者たちは、あの日の恐怖を思い起こして身を縮めた。 ■酸素吸入器停止で死亡  県や県警によると、県内では地震で1人が死亡、1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

閉館の赤坂プリンスで被災者受け入れ始まる

先月末に閉館した「グランドプリンスホテル赤坂」で9日、震災被災者の受け入れが始まった。「赤プリ」の愛称で親しまれた宿泊施設として、最後の活躍の場となる。ただ、利用できる期間が短いことなどを理由に申し込みを見送った被災者も少なくない。都は8日夜になって急きょ、食事を無料とすることを決めた。  同ホテルは東京都の避難施設の位置付けで、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南三陸町で臨時の雇用相談 宮城労働局

 宮城労働局は6日、宮城県南三陸町の志津川中学校で、被災住民を対象に雇用に関する臨時の相談窓口を開いた。  交通手段がなく、ハローワークまで行けない人が多いためで、失業認定や雇用保険受給の手続き、休業時の助成金制度などについて職員が説明した。  南三陸町で従業員約20人の警備会社を経営する佐藤清明さん(47)は、津波で流され…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県内避難者を優先雇用 技研サービス、パトロール員募集

東日本大震災で岐阜県内に避難している人の収入確保を目的に、建物管理や警備100+ 件業を手掛ける技研サービス(岐阜市宇佐南、関谷裕久社長)は7日から、県警委託業務「犯罪抑止パトロール」のパトロール員を募集する。被災者からの申し込みを優先的に受け付け、生活を立て直してもらう。  同パトロールは県の緊急雇用対策事業の一環だが、東日本大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤プリ、9日から被災者受け入れ 廉価で食事、ランドリー利用も

 先月末に閉館した「グランドプリンスホテル赤坂」(東京都千代田区)が東京都の避難施設として、9日から福島第1原発の事故で避難した被災者を受け入れる。“赤プリ”の愛称で、バブル期に若者の人気を集めた高級ホテルはどんな避難施設になるのか。  東京都の説明によると、受け入れに使われるのはホテル新館5―39階にある客室715室で、最大約1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

都庁前の花見で300人が反原発ソングを歌った夜

とんでもない一夜だった! 4月3日、東京都庁の真裏に位置する新宿中央公園の一角で、ある集団による花見が行なわれた。花見いいよねー、そろそろ暖かくなって来たし、なんでも自粛自粛と騒いで経済を停滞させるよりも、みんなで明るく花見でもして、元気を出した方がいいよねー。 で、その花見の参加者というのが300人。え? おまけにUstrea…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「私たちは何かしたのか」、原発風評被害で自宅離れた住民の悲嘆

4月5日(ブルームバーグ):私たちは何か東京電力に悪いことをしたのか-。東電福島第一原子力発電所の事故の影響で避難を余儀なくされた福島県南相馬市の住民。原発から半径20-30キロ圏内の屋内退避区域に位置する同市には風評被害もあって物資が届かず、生活が続けられない。やむなく自宅を出たが、先の見えぬ日々に住み慣れた街への思いだけが募る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人影消えた「退避」の街 がれき放置、捜索進まず

福島・南相馬ルポ  日本大震災による県内への避難者は約3000人に上り、うち半数を福島県南相馬市の住民が占める。原発事故で同市は避難指示や屋内退避区域となり、住民は地震前の7万人から2万人にまで減った。静まり返った街に入った。(竹内元、写真も)  「原子力災害対策特別措置法により、立入禁止」。看板の向こう側は原発から20キロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMAP募金呼び掛け中居「笑顔が大切」

 SMAPが2日、ジャニーズ事務所のタレントが総動員で行う募金活動に参加した。1日から東京・代々木第1体育館前で開催中の震災復興プロジェクト「Marching J」の募金活動に登場。メンバーは何度もステージを降りて、後輩らと募金箱の前に立った。この日集まった募金者は初日を超える12万7000人。中居正広(38)は喜ぶ人々を前に「僕らが笑…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

落書き・侵入…東電へ抗議過熱 自衛に寮表札の社名隠す

危険な状態が続く東京電力福島第一原子力発電所。国民の不安といらだちが募る中、東電や社員への苦情や脅迫、嫌がらせが目立ち始めた。東電は社員の安全を守るため、社員寮の表札から社名を消した。警視庁も警戒を強める。  3月下旬、東京都中央区の東電の社員寮。入り口に掲げられた表札に黒い粘着テープが貼られ、社名が隠された。  東電東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第2原発に街宣車が侵入

福島第1原発の事故で避難指示や屋内退避の対象となっている原発30キロ圏内で、盗難や不法侵入など“愚行”が相次いだ。冷温停止状態の第2原発で31日、構内に街宣車が侵入し、約10分間走り回った。  福島県警双葉署が1日、建造物侵入などの疑いで逮捕したのが、東京都新宿区の渡辺光容疑者。東京電力によると、渡辺容疑者は車で31日午後12時2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災者の就業支援を急ごう

東日本大震災で被災した人たちには就業支援も欠かせない。勤め先が津波に流されるなどで収入を失った人や、農業や漁業が営めなくなった人は膨大だ。政府と自治体は雇用の場の確保を急ぐ必要がある。  岩手、宮城、福島3県では被害が特に大きかった臨海部の市町村だけでも、水産加工や製造、卸小売など全業種合わせ、84万人が就業していた。職を失った人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災】東北道SAでの給油状況は…

一般車両にも開放され、被災地へ向かおうとするクルマで混雑する東北自動車道。気になるのは「サービスエリア(SA)で給油できるのか?」ということだ。一時期は緊急車両以外は給油できない場所が多かったが、今では一般車も給油可能となっている。 どこのSAも普段とは進入経路が異なっており、警備員が誘導を行っている。車列対策で駐車スペース内に迂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災車両14万6000台 登録台数の1割占める 宮城

 宮城県は29日、東日本大震災で被害を受けた自動車やバイクなどの撤去、処理方針を発表した。県内の被災車両は、自動車登録台数の約1割を占める14万6000台と推計。1年以内に1次保管場所へ移動し、車両ナンバーを公開して所有者への引き渡しを進める。  各地の被災車両の推計台数は気仙沼市と南三陸町で1万9000台、石巻市と東松島市、女川町で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<サポート情報>免許証…29日現在

毎日新聞 3月29日(火)19時38分配信  ■免許証  被災者の運転免許証は有効期限が8月31日まで延長され、3月11日以降に期限切れを迎えても更新が猶予される。再交付を申請できる場所は以下の通り。  <岩手県>盛岡運転免許センターは平日・日曜10~16時、県南、県北の運転免許センターは平日10~16時(即日交付)。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

休館続く県内図書館 8割「再開見えず」

蔵書落下、建物も損壊 【写真説明】 地震直後の水戸市立西部図書館 東日本大震災による被害で、県内のほとんどの図書館がいまだに休館となっている。県内の図書館の被害状況を聞き取りなどで調べた県立図書館(水戸市三の丸)によると、地震の揺れで蔵書が落下したり、書架が倒れたほか、建物の損壊などの被害が多かった。各図書館では復旧…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

防犯活動に役立てて 県警備業協会がポロシャツ贈呈

石川県警備業協会では、地域の防犯活動を行っているボランティア団体を支援しようと、おととしからジャンパーなどを贈っています。29日は大学生で組織する「石川ユニバーシティーズ防犯プロジェクト」に揃いのポロシャツ50枚を贈りました。この団体は金沢工業大学や石川県立大学など県内3つの大学の学生からなり、万引き防止や振り込め詐欺に遭わないようスー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勝頼公まつり、桃の花まつり…イベント中止が拡大 山梨

東日本大震災、東京電力の計画停電の影響で祭りやイベントを中止する動きが山梨県内でも広がっている。甲府市や山梨県を代表するイベント「第41回信玄公祭り」の中止決定(23日)以降も相次ぎ、イベント関係者の一人は「十分な警備体制を敷けるかや、被災地のことを思えば自粛もやむを得ない」と話している。  笛吹市は28日、4月中旬まで開催予定だ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

被災者に安心を 道内予備自衛官きょう招集 子を残し臨む女性隊員も

東日本大震災の被災地支援のため、道内の陸上自衛隊即応予備自衛官約180人が29日、招集される。31日に被災地へ出発し、4月11日まで東北各地で給水活動やがれきの撤去を行う。自衛隊を辞めた後に民間で働く即応予備自衛官が任務に就くのは初めてで、「一人でも多くの被災者の力になりたい」と口をそろえる。  「家族がばらばらになっている被災…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災:偕楽園ひっそり がけに地割れ、好文亭は損壊 /茨城

◇梅3000本は被害なし 復旧に半年から1年  19日の北関東道全線開通に合わせ、梅まつりでにぎわうはずだった水戸市の偕楽園が、東日本大震災で閉鎖され、満開の園内はひっそりと静まり返っている。園内南側のがけが地割れを起こし、水戸藩第九代藩主徳川斉昭が建てた好文亭も一部損壊。復旧には半年から1年かかる見込みだ。園内にあった100品種30…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島第1原発:警備員になるはずが…初出勤も決まらず

 就職氷河期を乗り越えて4月から社会人となるはずだった若者に、大震災と原発事故が新たな重荷を背負わせた。福島県いわき市久之浜町の伊藤博幸さん(18)は警備会社に入社し、実家に近い東京電力福島第1原発で働くはずだった。だが、原発事故が収束しないため東京での勤務に変わり、仕事を始める日も定まっていない。  伊藤さんは警備会社への就職が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災:「災害弱者の助けに」被災地で福祉バイオトイレ車が活躍/海老名

東日本大震災の被災地で、海老名市国分南1丁目の警備100+ 件会社「優成サービス」の福祉バイオトイレ車が活躍している。現地で活動にあたる八木正志社長は「少しでも、災害弱者の障害者や高齢者の助けになれば」と話している。  福祉バイオトイレ車はボタン一つで、車いすを持ち上げ、水を使わずにおがくずを利用し、汚物を処理する。60度くらいで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災:ガソリン不足、トラブル増加 「暴力的な行為多く」--岩手・釜石

◇たまるストレス  東日本大震災によるガソリン不足が続く岩手県釜石市のガソリンスタンド(GS)で、給油待ちを巡るトラブルが相次いでいる。一部のGSは「暴力的な行為が多く大変困っています」との張り紙を警備員にもたせたり、掲示するなど対応に苦慮している。  同市内のGSによると、震災前は市内に13店舗あったが、店舗の被災などで一般車…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

高校新卒者の内定取り消し相次ぐ 学校も対応苦慮

東日本大震災で企業が被災した影響で、高校新卒者に対する内定取り消しが広まりつつある。失業保険などのセーフティーネットは採用後の被雇用者に限られる。生徒の安否確認が一段落した高校も対応に頭を悩ます。  「『若い人は今後があるから』と言われた。被害が分かるので仕方がない」。23日、津波に襲われた気仙沼市の福祉施設から内定取り消しを伝え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

計画停電で「青パト」が県内各地域を警戒/神奈川

東京電力の計画停電を受け、県警備100+ 件業協会は防犯パトロール車「青パト」によるパトロール活動を開始している。県警の協力要請を受けたもので、停電地域を重点的に警戒にあたる。  活動は、主に夜間停電となる県内の各地域で24日からスタート。計画停電により街路灯などが消える地域で犯罪の発生が懸念されることから、県警が協力を呼び掛けた…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

競技団体も企業も精力的に支援活動 社員1千人派遣も

日本オリンピック委員会(JOC)は支援物資の寄付を加盟競技団体に呼びかけ、25日までに防寒用のスポーツウエアやシューズなど3921点を集めた。  選手個人ではバンクーバー五輪女子スピードスケート銀メダリストの小平奈緒(相沢病院)らが協力。支援物資の中には、五輪代表選手が着用する、日の丸と五輪マーク入りのウエアも。日本スケート連盟は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2週間で6000万円ふっ飛んだPR会社も

大震災の影響が芸能界へも忍び寄る。ようやくテレビは通常番組の編成に戻ったが、コンサート、イベント、試写会などの延期・中止が続いている。8月の「東京湾大華火」が早々に中止を決めた。  「まいりましたよ。大地震後の2週間で、約6000万円の売り上げがふっ飛びました。こんな状況が続くと…」  表情を曇らせながら中堅PR会社のスタッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more