テーマ:イベント

上海ジャパンウィーク2011の記者会見開催

日中の政府関係機関が初めて主催する上海ジャパンウィーク2011が今月23日から3日間、上海外国語大学の松江キャンパスにて開かれるが、それに先立って今日19日夕方に、上海市内のホテル日航上海で記者会見が開催された。  今回の「上海ジャパンウィーク2011」は日本側からは在上海日本国総領事館、中国側からは上海市人民対外友好協会と上海外国語…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMAP、厳戒中国で全力2時間熱唱

【北京16日=近藤由美子】SMAPが北京工人体育場で開催した初の海外公演を成功させた。“国賓級”の公演とあって、通常の倍以上の中国公安職員約3000人が警備する超厳戒態勢の上、火薬などが使用できない制約もあったが、メンバーは冒頭から伸び伸びとステージを楽しんだ。観客約4万人のうち、9割は中国各地から集まったファン。初めての“生SMAP”…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

淡路一周自転車でいかが 2千人参加募集

周囲約150キロの淡路島を自転車で一周する「淡路島ロングライド150」が10月9日に今年も開かれる。県や島内3市、淡路島くにうみ協会などでつくる実行委員会は高校生以上の参加者2千人を募集している。申し込みは今月20日までで、大会前日に出走の受け付けをする。  昨年に続いて2回目。参加者は午前5時45分~同7時の間に国営明石海峡公園(淡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

9/11 神戸「フィールドへの物品の投げ込み」について [ 川崎F ]

2011年9月11日、等々力陸上競技場で開催されたJ1第25節川崎フロンターレ対ヴィッセル神戸戦において、試合終了後にメインスタンドからフィールドへの物品(ペットボトル)の投げ込み行為がありました。これはJリーグ全体で禁止されている行為であり、セキュリティ上見過ごすことのできない行為です。このため、Jリーグで定める統一基準に照らし合わせ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

お出迎えのファン増加、成田空港がなでしこフィーバー

成田空港がなでしこフィーバーに沸いた。報道陣の数は同空港史上最多だったW杯帰国時の260人から100人に減ったが、逆にファンの数は400人から500人にアップ。  40人が配された厳重な警備の中、特別な“VIPルート”を通って移動バスに乗り込んだ。沢は「日本でたくさんの方に応援していただいてパワーをもらった。最後まで諦めない気持…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大会主催者が2年連続欠場の石川遼に不快感 JGTOに厳罰強化を要求

三重県のTOSHIN Lake Wood Golf Clubで開催された国内男子ツアーの第14戦「TOSHIN GOLF TOURNAMENT IN LakeWood」。大会を主催した株式会社トーシンの石田信文代表取締役社長が、今大会を欠場した石川遼と日本ゴルフツアー機構(JGTO)に対し不快感を示した。 石川サイドはJGTOに対…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2万人が目撃…「新伝説」の幕開けにKスタ興奮!

球史に残る、あの名勝負がよみがえった杜の都。Kスタ宮城のスタンドは、満員の2万809人の観客で埋まった。  田中、斎藤のお互いの一球ごとに息をのみ、歓声が飛ぶ。「18 TANAKA」のユニホーム姿のファンが多かったのはもちろんだが、「18 SAITOH」のユニホームに袖を通したファンも敵地で大きな声援を送った。仙台市の阿部憲章さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「灘のけんか祭り」迫る 祭典会議で警備態勢確認 

豪快な神輿合わせで知られる「灘のけんか祭り」(10月14、15日)の祭典会議が8日夜、姫路市白浜町甲、灘の松原公民館で開かれた。氏子の旧灘七カ村から約150人が出席し、自主警備の手順などを確かめた。各戸に配るチラシも用意され、本番に向けた準備が加速する。  飾磨署が警備態勢や周辺の交通規制について説明。市消防局が、けが人が出た場合の通…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余震備え桟敷席補強や照明確保 土浦花火大会

土浦全国花火競技大会(10月1日、土浦市桜川畔学園大橋下流)開催中の大規模な余震発生に備えるため、土浦市は3万6千人収容の桟敷席(有料観覧席)を補強するほか、停電時の照明を確保するなど安全面に例年以上に配慮する。 市商工観光課によると、桟敷席床面を支える金属性パイプに筋交いを入れ、強度を上げる。施工業者の説明では、特に傾斜面ではこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペ・ヨンジュン&キム・スヒョン、羽田空港到着!

ペ・ヨンジュンとキム・スヒョンが一緒に羽田空港に入国し、ファンからの盛大な歓迎を受け、変わらぬ人気を見せてくれた。 ペ・ヨンジュンとキム・スヒョンの出国を知ったファンは、2人を一目でも見ようと集まり大騒ぎ。昨日の夕方から500人以上のファンが空港で場所を確保していた。また、早朝からも少しでも近くで会うために羽田空港に集まったファン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スカイデッキを疾走

セグウェイ・ガイドツアー in セントレア (常滑市)  重心移動だけで前進、回転などの動きがコントロールできる電動二輪車「セグウェイ」で、広い空港内を見学できる「セグウェイ・ガイドツアーinセントレア」が、愛知県常滑市の中部国際空港で実施されている。普段の空港利用ではあまり足を踏み入れない場所にまで連れて行ってもらえるほか、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

周辺商店街、渋滞を懸念 新静岡セノバ、10月開店

商業施設「新静岡セノバ」(静岡市葵区鷹匠、旧新静岡センター)の10月5日のオープンを前に、周辺商店街関係者の間で経済的な波及効果への期待が高まる一方、交通渋滞を懸念する声が上がっている。  新静岡セノバは560台収容可能な駐車場を備える。運営する静岡鉄道は施設内に延長300メートルの誘導路を設置するなどの渋滞対策を講じて、地元の理解を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこ出発に600人来た~!

ロンドン五輪アジア最終予選(9月1日開幕=中国・済南)に臨むサッカー日本女子代表が28日、岡山空港から中国に出発。開港以来最高となる約600人のファンが殺到し、声援がこだました。この日のため、空港、岡山県警合わせて約70人の警備態勢を敷いたが、それでも空港関係者が「こんなに人が集まったのは、記憶にない」と話す熱狂ぶりだった。  代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国民栄誉賞軍団だけどエコノミーで移動

6日間の合宿を行った岡山でも“ラストフィーバー”。午前8時過ぎになでしこイレブンが到着した岡山空港では、約600人のファンが出発を見送った。警備は60人態勢で1988年の開港以来「記憶にない」(空港職員)というにぎにぎしさ。石井正弘岡山県知事も激励に訪れ、佐々木監督は「みなさんにいい結果を届けられるように頑張ってきます」とあいさつした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大輪2万発、夜空彩る 1カ月遅れの隅田川花火

 東京・下町の夏の風物詩、隅田川花火大会が、東日本大震災の影響を受け例年より約1カ月遅れで27日、東京都墨田区と台東区にまたがる会場で開かれた。約90万1千人(主催者発表)の見物客は夜空を鮮やかに彩る約2万発の大輪に歓声を上げた。  震災直後は警備に当たる警察官を確保できるかが不透明だったため、開催の決定が遅れた。電力需要のピーク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

浅草サンバ:横浜で 大迫力で観客魅了 /神奈川

東日本大震災の影響で延期となった「浅草サンバカーニバル」(実行委主催、毎日新聞社など後援)の参加チームで作る「浅草エスコーラ・ヂ・サンバ協会」(AESA)は27日、横浜市中区の象の鼻パークでサンバイベントを開催した。演奏やダンスの他、約500人での合同演奏もあり、大迫力のサンバが横浜の街に響いた。  浅草サンバは今年が31回目で、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災:液状化被害、浦安の復興願い花火大会 夜空に6500発 /千葉

◇「絆」の仕掛けメッセージも  東日本大震災で市内の8割近くが液状化被害を受けた浦安市で27日、復興への願いを込めた花火大会が行われた。多くの市民らが訪れ、打ち上げられた約6500発の花火を見上げた。  県内の花火大会の中止が相次ぐ中での開催。地震などに備えるため、警備員は観覧会場に多く配置した。空砲が数発上がった後、仕掛け花火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路ラーメン:10店舗の新作そろった「ら・フェスタ」 27、28日にイオン釧路で

細麺とあっさりとしたスープが特徴の「釧路ラーメン」を出す10店舗が一堂に会した「ら・フェスタ2011」が27、28の両日、釧路市昭和中央のイオン釧路昭和ショッピングセンターで開かれる。4回目の今年は各店ともフェスタ限定の新作を用意しており、会場で「初登場」の味比べが楽しめる。  店主や市民で作る「釧路ラーメン麺友会」が「全国でも例…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

現場発:サッカー 美作に“なでしこフィーバー” 「サインもらった」興奮 /岡山

◇市、観客整理に奔走  ロンドン五輪最終予選に向けて合宿中のサッカー女子日本代表(なでしこジャパン)を目当てに集まったファンによる“なでしこフィーバー”に美作市が沸いている。市の担当者は、人口3万人の1割以上に当たる観客の整理に奔走し、湯郷温泉関係者は会場近くに宿泊案内所を設けるなど観光PRに努めている。【石井尚】  合宿2日目…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吉野川:無謀な飛び込み、後絶たず 宮滝周辺、10年で10人死亡 /奈良

◇対策、警備むなしく  風光明媚(めいび)な観光名所である一方、飛び込みスポットとしても知られる吉野川の吉野町宮滝周辺。昨年度までの10年間で10人が水難事故で命を落とし、今年も既に1人が亡くなった。今年から岩場に飛び込み防止用の柵(さく)が設置されたが、対策もむなしく無謀な飛び込みは後を絶たない。【千脇康平】  ◇注意聞かない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

藤子・F・不二雄さん:川崎に「ミュージアム」が開館へ

「ドラえもん」などの漫画を残し、96年に62歳で死去した藤子・F・不二雄さんの原画約5万枚を集めた「川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム」(同市多摩区)が来月3日の開館を前に22日、報道陣に公開された。  敷地は約5500平方メートルで、施設は3階建て。妻正子さんから寄贈された「オバケのQ太郎」などの原画が展示されるほか「先生の部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこ宿舎にエステ 岡山合宿万全サポート

なでしこジャパンは22日、9月1日開幕のロンドン五輪アジア最終予選(中国・山東省)に向けた岡山合宿に突入する。7月の女子W杯優勝後、空前のフィーバーが続くが、日本サッカー協会の小倉会長は「みんな、きょうから気持ちを切り替えると言っていたよ。(合宿地の)警備だけはしっかりしてほしいね」と話した。  合宿地も万全のバックアップ態勢を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三番瀬花火 警備で綱引き 震災で互いに事情抱え

 「警備を出せ」「出せない」。浦安市が主体となって開催される花火大会(八月二十七日)の警備をめぐり毎年、隣接する市川市との攻防が繰り返されている。格好の見物場所になる市川市側の護岸に多くの客が集まるからだ。今年は東日本大震災の要因が加わって、双方の事情がより複雑に。復興のため少しでも事業費を削りたい浦安市。震災の被害を受けた市川市にも簡…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の花火は「大野」でどうぞ

20(土)21(日)『もんじぇ』  被災地応援“東北産”を打ち上げ 相模大野の夏を彩るイベント『第7回もんじぇ祭り』が今月20日(土)、21日(日)、相模大野中央公園で開催される(主催/同実行委員会)。駅周辺エリアの飲食店による屋台料理と、屋外JAZZライブを楽しめる、この街一のビッグイベント。実行委員会では2日間のべ6万人の来場…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

復興願い今年も"打ち上げ"

鶴見区3大フェスティバルの1つ、「鶴見川サマーフェスティバル」が8月20日(土)、佃野公園と鶴見川で行われる。時間は11時30分から20時15分(花火打ち上げは19時30分から20時15分を予定)。荒天時は翌日順延。  地域住民主体で実施される同フェス。今年は震災の影響もあり、5月の三ツ池フェスティバルや県内各地の花火大会が中止と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

なでしこフィーバー3分咲き?「沢しか分からない」

なでしこジャパンが先月17日(現地時間)にドイツ・フランクフルトで女子サッカーW杯初優勝を果たし、日本列島を歓喜の渦に巻き込んでからちょうど1カ月。来年のロンドン五輪金メダルという新たな目標に向けて再始動した。来月1日からのアジア最終予選(中国)を控え、17日から都内で始まった合宿初日のなでしこフィーバーぶりは?  19日に東京・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プロ野球が開催された福島で見た被災地のリアル【俺の夜番外編】

プロ野球というイベント会場の真横には、今も500人が避難生活を続ける、避難所がーー去る7月29日、福島県福島市の県営あづま球場で行われた「ヤクルト×巨人」戦を見に行った。その際目に飛び込んできた光景は、被災地の今を浮き彫りにした。  本誌8/16・23合併号「俺の夜」で福島市の繁華街の様子をご紹介したが、誌面では書ききれなかったも…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

登別マリンパークの「シーラカンス展」来場者10万人突破

登別マリンパークニクス(登別市登別東町)で開催中の「シーラカンス展」が好評、通算の来場者が13日までに10万人を超えた。道内初展示の“幸せを呼ぶ魚”が連日、大勢の見学客を魅了しており、同館では「東日本大震災で落ち込む中、多くの人に足を運んでもらえてうれしい」と喜んでいる。  シーラカンスの冷凍標本を道内で初めて登場させた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災:子どもたちに花火を 地元住民、資金募り--南三陸 /宮城

東日本大震災で壊滅的な被害が出た南三陸町で13日、「こども夢花火」と銘打った子どもたちのための花火大会が行われた。企画したのは自らも被災した地元の住民たち。「こんな時だからこそ、子どもたちに花火を見せてあげたい」との思いで国内外から必要な資金を募り、開催にこぎ着けた。子どもたちは線香花火を楽しんだり、打ち上げ花火に歓声を上げていた。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全国高校総体:13年、県内で7競技--準備委会合 /佐賀

 2013年度に北部九州で開催される全国高校総合体育大会に向け、県準備委員会(会長=川崎俊広・県教育長、12人)が8日設立され、県庁で初会合が開かれた。13年7月28日~8月20日に県内では体操・新体操▽ハンドボール▽剣道▽ボクシング▽ヨット▽アーチェリー▽なぎなた--の7競技8種目を実施するなどとした開催基本要項を承認した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more