テーマ:地域ニュース

22日開業「隅田川花火」並みの厳戒態勢 

スカイツリーの開業で予想される交通渋滞や違法駐車、混雑による歩行者事故に備えて、警察や自治体の対策も本格化している。20万人の来場が見込まれる22日の開業を厳戒態勢で迎える。  警視庁本所署は22日、隅田川花火大会での警備人員とほぼ同数の約150人態勢で警備に当たる。観光客らが滞留し11人が死亡した平成13年の兵庫・明石歩道橋事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

22日開業「隅田川花火」並みの厳戒態勢

スカイツリーの開業で予想される交通渋滞や違法駐車、混雑による歩行者事故に備えて、警察や自治体の対策も本格化している。20万人の来場が見込まれる22日の開業を厳戒態勢で迎える。  警視庁本所署は22日、隅田川花火大会での警備人員とほぼ同数の約150人態勢で警備に当たる。観光客らが滞留し11人が死亡した平成13年の兵庫・明石歩道橋事故…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「東北六魂祭」まで1週間、厳重な警備で混雑緩和へ

東北6市の夏祭りが一堂に集まる「東北六魂祭2012」(実行委員会主催)が26、27の両日、盛岡市で開かれる。仙台市で初めて開かれた昨年、予想を上回る人出で混乱したのを教訓に、市や岩手県警は期間中、過去最大規模の交通規制や警備を実施、混雑緩和や事故防止を図る。  六魂祭の最大の見どころは、盛岡市中心部の中央通を、青森ねぶた祭、盛岡さ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

立体駐車場でまた事故 69歳挟まれる

18日午前、大阪府吹田市にある商業施設の立体駐車場で客の男性が挟まれる事故があった。午前9時30分ごろ、吹田市津雲台にある商業施設の立体駐車場で69歳の男性が駐車し車外に出たところ突然ゴンドラが動き出し、降りてきたゴンドラと床の間に挟まれた。男性はすぐに救助されケガはなかった。この駐車場では常駐する警備員が機械を操作しているが、警察によ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建設・警備業は作業自粛を=熱中症対策で要請-厚労省

厚生労働省は18日、今夏の熱中症対策として、建設業者と建設現場に警備員を派遣する警備業者に対し、暑さの厳しい7、8月の午後2時から5時までの間、健康に被害を及ぼす恐れのある高温多湿時は作業を原則自粛するよう要請したと発表した。  朝礼の際、体調不良や睡眠不足が顕著な作業員には作業内容や場所を見直すことも求めた。同省によると、建設業者な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学校荒らしで機械警備検討

庄原市内の小中学校で夜間の機械警備の導入が進んでいない。全26校のうち、今春、新校舎を整備した庄原中以外の25校は実施していない。4月に夜間を狙った学校荒らしが市内の2小中学校で続発。学校の防犯体制の無防備さが浮き彫りになった。市教委は今月、全校での機械警備導入の検討を始めた。  市教委や庄原署によると、4月に庄原小と西城中で現金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成田空港:警備縮小を 千葉のシンポで求める声 /千葉

成田空港が県経済に与える影響を検討するため、県経営者協会は15日、「変容する成田国際空港の未来図」と題したシンポジウムを千葉市内のホテルで開いた。パネルディスカッションでは「成田の弱点」として、ゲートでの身分証提示や車内検査などは「過剰警備」という指摘が飛び出し、「もっと開かれた空港になることが重要」などと警備縮小の検討を求める声が続く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最新の安全設備紹介 セコムが仙台でフェア

警備最大手セコム(東京)のグループ各社による最新セキュリティーサービスなどを展示する「セコムフェア2012」が15日、仙台市青葉区の江陽グランドホテルで始まった。16日まで。  セレモニーで前田修司セコム社長は「大災害や高齢化社会など、将来の社会問題に対する安全、安心を体感してほしい」とあいさつ。創業者の飯田亮取締役最高顧問らとテープ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雇用創出パトロール隊出陣式 神奈川県警

神奈川県警は14日、雇用創出のための特例基金を活用し、民間警備会社に委託し設立したパトロール隊の出陣式を開いた。  式には、振り込め詐欺対策を行う「神奈川安全・安心パトロール隊」と夜間の犯罪防止対策のパトロール隊に加わる警備員70人が参加。隊を代表し佐藤桂太さん(34)が「安心して暮らせる街づくりに貢献したい」と決意表明した。同日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ザよこはまパレード、警備など経費増で来年から規模縮小で検討/横浜

ことし60回目を迎えた「ザよこはまパレード」(国際仮装行列)を主催する横浜商工会議所と県、横浜市は14日までに、沿道警備などの経費負担が増しているため、来年以降、規模縮小を視野に開催方法を見直す方針を固めた。  国際仮装行列が始まった1953年には1200人が大名行列や花馬車などで登場。参加人数は最近まで増加傾向にあり、今月4日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「軽快」パトロール! 愛媛県警バイシクルユニット誕生

スポーツタイプの自転車でつくる愛媛県警の「バイシクルユニット」が12日、自転車で県内の瀬戸内沿岸を通過する日本と台湾の交流イベントに出動した。松山市から今治市まで約50キロの間、参加者の誘導や交通整理にあたる。  バイシクルユニットは、台湾の自転車メーカー「ジャイアント」の日本法人からスポーツ自転車16台を寄贈されたのを受け、今月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都マラソン:市「渋滞なし、成功」/府警「警備が不十分」 市消防局で検証会議 /京都

今年3月11日に初開催された京都マラソンについて、市と府警が交通への影響や走路の安全確保などの課題を検証する会議が11日、京都市中京区の市消防局で行われた。市は主要路線での交通量抑制には成功し、懸念された渋滞発生は確認されなかったと総括したうえで、第2回に向け、さらに市民へ効果的な呼びかけを行うとした。一方、府警からは交通規制に伴う府民…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侵入盗抑止へ研究チーム 岡山県警 年度内めどに事例集

泥棒に入らせません―。県警は7日、空き巣や忍び込みなど、民家への「侵入盗」を防ぐ製品や周辺環境について研究するチームを発足させると発表した。9日に初会合を行い、学識経験者や警備会社などと具体案を検討。本年度中をめどに、アイデアを事例集にまとめ、県民に実践を呼び掛ける。  県警生活安全企画課によると、県内の空き巣・忍び込みの認知件数…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市役所の窓割られ、金庫盗難…中に水道料や公印

5日午前6時頃、福岡県古賀市駅東1の市役所別棟1階にある水道課の窓ガラスが割られているのを警備員が発見した。  中にあった金庫(幅、奥行き、高さ各約50センチ)がなくなっており、同県警粕屋署が窃盗事件として調べている。発表などによると、金庫には徴収した水道料金約22万円と公印、通帳、工事契約関連の保証書の写しなど約10点が入っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安全システム、携帯網で再開

島根県警は27日、浜田市に設置していた「安全安心通報システム」を従来の無線式から、携帯電話通信網を使用する方式に切り替え、5月1日から運用を再開すると発表した。同システムは誤作動が続いたため昨年8月、運用開始から約4カ月で停止していた。  新たに警備会社と契約。街路灯などに取り付けた通報ボタンを押すと、警備会社のコントロールセンタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸市の新港東埠頭、放置車両の対策会議が発足

神戸市の新港東埠頭にある中古車オークション会場の周辺道路に、大量の車が放置されている問題で、市や関係企業3社による対策会議が発足し、27日に初会合があった。オークションと無関係な車の進入を規制するほか、警備強化により駐車を防ぐことで合意した。  市や神戸水上署によると、毎週末のオークションで車を落札した業者が、搬出までの「車庫代わり」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住民説明会の警備費など2600万円 おおい町が負担

関西電力大飯原子力発電所3、4号機(おおい町)の再稼働をめぐり、おおい町は24日、26日開催する住民説明会で、警備費などで計約2600万円を負担することを決めた。おおい町が同日開会の臨時町議会で平成24年度一般会計補正予算の専決処分として報告、承認された。  住民説明会は町主催で、総合町民体育館で町民のみを対象に開催する。周囲には…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

市川商議所会頭片岡氏受章祝う 警備業界発展に寄与

昨秋の叙勲で旭日中綬章を受章した市川商工会議所会頭で全日警会長、片岡直公氏をお祝いする会が13日、東京都千代田区の帝国ホテルで盛大に開かれ、小泉純一郎元首相や飯田亮セコム最高顧問をはじめとする政財界の著名人ら約500人が出席した。  発起人の一人でもあり、片岡氏とは40年来の付き合いという小泉元首相は「片岡氏の先見の明が警備業界の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

線路上の幼児救出 JR九州が男性に感謝状/鹿児島市

 JR九州は12日、鹿児島市上福元町の指宿枕崎線の踏切で、列車にはねられそうになった幼児を救出した警備員田中伸也さん(36)=同市郡元1丁目=に感謝状を贈った。  3月27日夕、近くで交通整理をしていた田中さんは、遮断機が下りた線路中央で大泣きしている男の子(2)に気づいた。約20メートル離れた持ち場から懸命に走り、迫る列車も見えたが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「若狭おばまキララメイツ」2人決定 福井県

小浜市の若狭おばま観光協会は十一日、福井銀行小浜支店の長田麻衣さん(25)と、警備保障会社アイビックス若狭支店の内方彩子さん(25)に、本年度の「若狭おばまキララメイツ」を委嘱した。二人は今後一年間、同市の観光をPRするイベントなどに出演する。  市役所で委嘱式があり、観光協会の藤原喜巳男会長が「震災以降の観光の落ち込みを考えると、二…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東日本大震災:被災後に失業の195人、交通安全指導員に任命 県警、「使命感」に期待 /宮城

東日本大震災によって職を失った被災者らに働く場を提供しようと、県警は6日、195人を交通安全指導員に任命した。この日は出発式があり、指導員に任命された被災者は「震災で命の重さを思い知った。交通事故でこれ以上亡くなる人が出ないよう、一生懸命働く」と、使命感を燃やしていた。  国の緊急雇用創出事業を利用し、事業費は約5億900万円。県警に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

室蘭・蘭中児童センターが下校指導「右、左よく見てね」  北海道

室蘭市児童センター指定管理者の室蘭ビル管理(中島町)が9日から、新一年生の登録児童を対象にした下校指導を始めた。センター指導員や同社警備員が学校からセンターまでの道順を引率し、交通安全を呼び掛けた。  保護者の就労などで放課後に留守家庭となり、直接児童センターに来館する児童が対象。この日は御前水町の蘭中児童センターの指導…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県警備業協組が官公需適格組合に  神奈川県

神奈川県警備業協同組合(田邊哲人理事長)は9日、官公需適格組合証明の取得披露宴をローズホテル横浜で行った。  田邊理事長は「今まで以上に助け合い、公平・均衡を保つことで、証明を取得したことが会員各社の発展につながるものとしていきたい」と述べた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SLみなと室蘭140周年号運行、沿線警備130人規模

室蘭開港140年・室蘭本線開業120周年を記念した特別列車「SLみなと室蘭140周年号」の運行に向けた実行委員会の第2回会合が27日、室蘭市役所で開かれた。室蘭、登別両市の関係者らが警備態勢や歓迎イベントの概要などを確認した。  SL運行日の警備態勢は、万一の事故に備えるため、駅や踏切、トンネルなど沿線の主要箇所に市職員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

災害アドバイザー:大震災に備え、名大教授に委嘱--中部管区警察局など /愛知

東海・東南海・南海の3連動地震に備えるため、中部管区警察局と県警は5日、名古屋大減災連携研究センターの福和伸夫教授に災害アドバイザーを委嘱した。警察が大規模地震対策を目的とした災害アドバイザーを学識経験者に委嘱するのは全国初という。  期間は14年3月まで。各警察本部の災害警備計画の見直し、施設耐震化、警察官・職員の日頃の備えなど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

震災復旧工事現場で交通整理する警備員

復旧工事が続く大震災被災地では警備や建設の仕事は豊富だが応募は少ない。建設関係を目指す人にも経験や年齢などが壁となり、ミスマッチが重なっている。写真は気仙沼市の震災復旧工事現場で交通整理する警備員。 【時事通信社】
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

スカイツリーの落雪見上げる70人…さて何者?毎回やるのかしら

もう何年もワイドショーの定番ネタとなっている東京・墨田の東京スカイツリーがついにきのう(2012年2月29日)竣工した。待ちに待った完成に、本来はお祭りムードで明るくお祝い――となったのかもしれないが、東京にしては大雪が降ったせいか、番組ではそうした調子は雲散霧消。 高さ634メートルのツリーに積もり、落ちてくる落雪の危険が大々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界一高い自立式電波塔「東京スカイツリー」が完成 落雪や交通問題などの懸念も

およそ3年半をかけて、ついに29日、「東京スカイツリー」が完成した。 地元からは、歓迎と喜びの声が上がる一方で、その人気ゆえの懸念の声も上がっている。 29日、街では、キャラクターの「おしなりくん」が、「東京スカイツリー完成」と書かれた号外を配っていた。 雪の中、号外を配るのは、地元商店街のイメージキャラクター「おしなりくん」。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

関東で雪、スリップ・転倒事故相次ぐ

首都圏では29日未明から雪となり、東京都心でも今シーズン2度目の積雪となりました。この影響で各地ではスリップ事故などが相次ぎました。  「足元はグチャグチャしていて、長靴を履いている」  「いつもは(家まで)歩くが、電車に乗ります」(帰宅する人)  低気圧と寒気の影響で、29日未明から関東甲信越地方に降った雪。山梨の山中湖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高知県警備業協会がパトロール 高知県警備業協会がパトロール

高知県警備業協会(佐野博三会長)は2月27日、高知市などで安全パトロールを行った。  当日は、高知県警察本部から生活安全企画課の土居警部と山下警部補、同協会の役員5人が参加し高知市のマンション建築現場に出入りする車の交通誘導警備現場、須崎市の道路工事に伴う交通誘導警備業務現場など12現場でパトロールを行った。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more