テーマ:スポーツニュース

レスター、ヘリ墜落事故で亡くなった会長の息子とハグをしたファンを処分

 レスター・シティが、ファンの一人にスタジアム入場禁止処分を科した。英『レスター・マーキュリー』などが伝えている。  先月27日、レスターの会長を務めていたオーナーのヴィチャイ・スリヴァッタナプラバ氏を乗せたヘリコプター墜落。同氏を含む5名が命を落とす悲劇的な事故が起きた。  その次のホームゲームとなった今月10日のバーンリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

神戸マラソン「感謝と友情」 2万人がミナト体感

 「第8回神戸マラソン」(神戸新聞社など共催)が18日、開催された。阪神・淡路大震災で受けた支援への感謝と、国内外の災害被災地を応援する気持ちを込め、大会テーマは「感謝と友情」。東日本大震災や熊本地震の被災地から参加した約1200人を含め、約2万人のランナーがミナト神戸の42・195キロを駆け抜けた。  男子はクァリル・ルムシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

森保日本、露呈した逃げ切れない現実と運営面の課題

<国際親善試合:日本1-1ベネズエラ>◇16日◇大銀ド 森保ジャパンが前代未聞の渋滞トラブルに巻き込まれた。サッカー日本代表(FIFAランキング50位)が16日、大分銀行ドームでベネズエラ(同29位)と対戦。会場に向かう高速道路で渋滞にはまり、到着が約50分も遅れた。一方で午後7時30分の開始は強行したため、ウオーミングアップ時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年は48人参加も… 興行化するプロ野球トライアウトの悲哀

NPB(日本プロ野球機構)の球団を戦力外となった選手たちが、球界への生き残りをかけて挑む12球団合同トライアウトが11月13日に行われた。球界の秋の風物詩には、“異変”が見て取れた──。ノンフィクションライター・柳川悠二氏がレポートする。(文中敬称略)  * * *  開場前のタマホームスタジアム筑後(以下、タマスタ。福岡県筑後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「日本人が大勢やってくる」羽生結弦選手の“安全確保を” モスクワ市が厳重警備

「羽生選手を見るために日本人が大勢やってくる」 ロシアのモスクワ市が、フィギュアスケートの羽生結弦選手の「安全確保」のため、警備を行うとの地元メディアのニュースが、ネット上で大きな反響を呼んでいる。 記事によると、11月16日からグランプリシリーズ・ロシア大会に臨む羽生選手に対し、モスクワ市のスポーツや芸能イベントを管理するポリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<岩手競馬>水沢のレース17~19日も中止 薬物検査で準備整わず

 岩手競馬の競走馬から禁止薬物が相次いで検出された問題で、岩手県競馬組合(管理者・達増拓也知事)は13日、前週に引き続き、水沢競馬場(奥州市)で17~19日に予定していた全33レースも中止すると発表した。  組合は現在、盛岡、水沢両競馬場に所属する競走馬を対象に禁止薬物の抽出検査を実施している。結果は16日に判明する予定で、レース…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベント号大人気、サッカー韓国代表にサイン求めるファンで空港混乱… トイレの前でサイン会

サッカー韓国代表の人気が止まらない。空港トイレの前までファンサービスをする異色のシーンがみられるほどだ。  パウロ・ベント監督(49)率いる韓国代表チームは12日午後、仁川国際空港からオーストラリア・ブリズベンに向けて出国した。この日、空港にはファン・ウィジョ(ガンバ大阪)、イ・ヨン、キム・ミンジェ(以上、全北)、チョ・ヒョヌ(大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

走る・空飛ぶ! 防犯カメラご存じ? 東京2020「顔認証五輪」に、中国は国民監視?

いろんな所で防犯カメラを見かけるようになった。最近は顔認証の技術を取り入れるなど、カメラが「進化」していると聞く。プライバシーの問題も気になるが、どんなふうに使われているのか。防犯カメラの最新事情について、坂口祐一編集委員に聞いた。 ――最近の防犯カメラには何か特徴がありますか。 防犯カメラは駅や銀行、コンビニ、商店街、通学路な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ACL初V鹿島が帰国「21冠目を目指す」大岩監督

クラブ史上20冠目で念願のアジア王者となった鹿島アントラーズは12日、イランから帰国した。 成田空港にはテヘランへ出向いて声援を送ったサポーターを含め、多くの鹿島ファンが集まり、ごった返した到着ロビーで県警の警察官約20人が対応にあたった。 ペルセポリスとのアウェー戦を引き分け、2戦合計で勝利を決めた直後は、男泣きした大岩剛…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

試合中の災害、スマホに速報 エコパで実証実験

2019年ラグビーワールドカップ(W杯)の会場になる袋井市のエコパスタジアムで11日、情報通信技術(ICT)で観客に災害情報を伝える総務省の実証実験があった。ヤマハ(浜松市中区)が開発する音のユニバーサル化支援システム「サウンドUD」などの有効性を検証した。  サウンドUDは、場内アナウンスなどと共に音声信号を流し、個々のスマート…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボランティアに理解深める 東京五輪・パラ、会津若松で説明会

2020東京五輪・パラリンピックを支える大会ボランティアへの参加を呼び掛ける「東京2020大会ボランティア説明会IN会津」が10日までに、会津若松市の会津稽古堂で開かれ、参加者がボランティアの役割などに理解を深めた。実行委員会(鈴木謙代表)の主催。  約20人が参加した。上智大ポルトガル語学科卒で長野五輪やサッカーの日韓W杯などの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ランニングポリス」初登場 福岡マラソン

ランナーと走って大会を警備する「ランニングポリス」が登場した。不特定多数の人が集まるイベントは狙われやすいため、競技用自転車で伴走する「サイクルポリス」と共に初めて大会に導入された。県警第1機動隊が担当。  ランニングポリスはスタート地点と5キロすぎに十数人が配置され、赤いベストと映像が送れるカメラを装着して走った。県警は「大会の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿島敵地Vでイランサポの紳士的振る舞いが花添える

<アジアチャンピオンズリーグ:ペルセポリス0-0鹿島>◇決勝第2戦◇11日◇アザディ競技場 ある程度の覚悟を持っていた。鹿島アントラーズが優勝を果たした瞬間、10万人のイラン人サポーターが、どういう行動に出るのか、と。 同じアザディ競技場で99年に、ACLの前身のアジアクラブ選手権を制したジュビロ磐田は観客席から石や鳥の死骸…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界空手、喜友名3連覇

空手の世界選手権第5日は10日、マドリードで行われ、男子形決勝で喜友名諒(劉衛流龍鳳会)がスペイン選手を5―0で破り、3連覇を達成した。女子組手50キロ級決勝で宮原美穂(帝京大)はトルコ選手に3―1で勝って初優勝した。  女子形の決勝では清水希容(ミキハウス)がスペイン選手に2―3で屈して3連覇を逃した。男子組手60キロ級の佐合尚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バストラブル、相手サポーター…選手のタフさに期待

運が良かったのか、悪かったのか。 9日、アジア・チャンピオンズリーグ(ACL)決勝第2戦の前日公式練習を取材するために、アザディ競技場へ移動する。厳戒態勢のさなか、イランの日本大使館やアジア・サッカー連盟、あるいは地元警察などから警備の都合上、メディアもまとまって行動することが命じられていた。そこでチャーターした大型バスに日本メデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手競馬、禁止薬物検出相次ぎ今年度赤字なら存廃の岐路

岩手競馬で出走馬から3回、禁止薬物のボルデノン(筋肉増強剤)が検出された問題に関し、運営団体の県競馬組合の管理者でもある達増拓也知事は8日の定例会見で「単年度で赤字にしないのが岩手競馬の原則」と述べ、今年度収支が赤字になれば競馬事業を廃止するとの見解を示した。東北で唯一の地方競馬が存廃の岐路に立たされている。  同組合は平成18年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスター「ツール・ド・おきなわ」森兵次さんが振り返る、30周年大会と沖縄自転車界のこれから

 第30回の記念すべき「ツール・ド・おきなわ2018」が11月10、11日、沖縄県北部地域“やんばる”を舞台に開催されます。第1回大会の1989年から大会運営のトップとして、大会を常に大きく成長させてきた大会実行委員長の森兵次さんに、大会開始からここまで大きな大会になるまでの苦労、そして、これからの「おきなわ」の展望について話を聞きまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

F1ブラジルGP、地元警察の協力のもと強盗対策として特別警備体制が敷かれることに

昨年のブラジルGPを台無しにした暴力事件の再発を避けるため、今週末はF1全体がインテルラゴスで特別な保護と警備を受ける予定だ。 2017年シーズンのブラジルGPではチーム関係者が強盗の被害に  2017年は一部チームとメンバーが、レースウイーク中にサーキットへの移動の途中で暴力的な武装強盗の被害にあった。  人員の安全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

空手、佐合と宮原が決勝へ

空手の世界選手権第2日は7日、マドリードで組手が行われ、男子60キロ級の佐合尚人(高栄警備保障)と女子50キロ級の宮原美穂(帝京大)が10日の決勝に進み、銀メダル以上を確定させた。  佐合は初戦の2回戦から5試合に勝ち、宮原は準決勝でオーストリア選手を6―0で下した。  準々決勝でイラン選手に判定負けした男子75キロ級の西村…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘルシンキはなぜ羽生結弦に沸いたのか? 現地紙特集「彼はとても礼儀正しく魅力的」

“ユヅフィーバー”に衝撃を受けた現地紙が特集  フィギュアスケートのグランプリ(GP)シリーズ第3戦フィンランド大会は羽生結弦(ANA)が合計297.12点の今季世界最高点で優勝した。史上初めて4回転トウループ―3回転アクセルのコンビネーションを決めたことと共に、3000人を超える日本人ファンが現地まで駆け付けていたことも話題を呼んで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビー・ブレディスロー杯 横浜市、W杯準備へ反映

■シミュレーション 貴重な経験蓄積  27日に日産スタジアム(横浜市港北区)で行われたラグビーの国際試合「ブレディスロー杯」。同じ会場で行われる2019年ラグビーワールドカップ(W杯)で会場外の案内誘導や警備を担う市は、ニュージーランド(NZ)代表とオーストラリア(豪州)代表が激突する世界最高峰の一戦を「最後のシミュレーションの機会」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【地方競馬】岩手競馬が10日から3日間開催中止 3頭目の禁止薬物陽性馬発生を受け

 今年出走した競走馬3頭から禁止薬物のボルデノン(筋肉増強剤)が検出された岩手県競馬組合は6日、盛岡市内で記者会見を行い、10日から3日間開催を行わないこととした。十分な措置が取れない場合などは、中止期間の延長も検討する。  「再発防止策を徹底的に行います」と同競馬組合関係者。監視カメラを増設して死角をなくしたり、警備員を増員して…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

墜落事故目撃のレスターGK 「一生脳裏から離れないだろう」

イングランド・プレミアリーグ、レスター・シティ(Leicester City)の守護神カスパー・シュマイケル(Kasper Schmeichel)は、チームオーナーのウィチャイ・シーワタナプラパー(Vichai Srivaddhanaprabha)会長が亡くなった前週のヘリコプター墜落事故を目撃し、その悲劇は脳裏から永遠に離れないだろう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「走るポリス」が福岡マラソン警備 開催5回目で初投入

 福岡県警は5日、マラソン大会で走って警備する「ランニングポリス」と、スポーツ用自転車で伴走する「サイクルポリス」を公開した。テロの未然防止などを目的に、11日の「福岡マラソン2018」(西日本新聞社共催)で初お目見えする。  警察官たちが、そろいの赤いベストを身に着け、リアルタイムで映像を送信するウエアラブルカメラを装着。スター…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

合同トライアウト初の有料化 議論重ねよりよい形へ

「合同トライアウト」は見せ物なのか? 今年も11月13日に「12球団合同トライアウト」が行われる。各球団が持ち回りで、今年はソフトバンクが担当。福岡・筑後市のファーム本拠地・タマホームスタジアム筑後が舞台となる。 今季限りで各球団を戦力外になった選手や過去に退団した選手などが集まり、合同でテストを行う。選手たちが生き残りをかけた真…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ACL決勝ピッチにサポーター乱入 イラン国旗を手にし

◆ACL決勝第1戦 鹿島―ペルセポリス(3日・カシマスタジアム)  0―0の前半21分過ぎ、ピッチ上にサポーターが乱入し、試合が一時中断された。  イラン国旗を手にしたサポーターはピッチを約50メートル走り、警備員に取り押さえられた。会場は大ブーイングに包まれた。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JRAでは86年阪神で2、3着を逆/過去の誤審例

北海道の門別競馬場で1日に行われた重賞の北海道2歳優駿(統一G3、ダート1800メートル)で1、2着馬の着順を逆に判定する誤審があった。主催する北海道の農政部競馬事業室は2日、着順の誤審に関する記者会見を道庁で行い謝罪。正しい到達順位に基づく払い戻し相当額を支払う方針であることなど、今後の対応を説明した。日本中央競馬会(JRA)と地方競…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カープ新井、逆襲日本一「まだまだかわいい後輩たちと戦いたい」大瀬良中継ぎも

「日本シリーズ・第6戦、広島-ソフトバンク」(3日、マツダスタジアム)  広島・新井貴浩内野手(41)が2日、博多から広島に戻り、逆転日本一へ逆襲を誓った。不動の3番・丸佳浩外野手(29)は本拠地で戦えるメリットを強調。投手陣の大黒柱である大瀬良大地投手(27)は今後の中継ぎ登板へ意欲を示した。現在1勝3敗1分け。前夜のサヨナラ負…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラグビーW杯日本大会への試金石。NZ対豪州には3つの価値があった

夢舞台である。まさにドリームマッチである。  ラグビーワールドカップ(RWC)の歴史を彩る両雄が、来年のその決勝の舞台となる競技場で激突した。ニュージーランド代表オールブラックス(以下、NZ)とオーストラリア代表ワラビーズ(以下、豪州)。前回2015年RWC決勝戦の再現だった。  10月27日の横浜・日産スタジアムが一瞬静寂…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ポジティブに今を生きるーオールブラックス50キャップ目のSBW

オールブラックスはラグビー界では特別な存在である。オーストラリアとの伝統の定期戦、「ブレディスロー杯」(27日・横浜)で、ニュージーランドのスター選手、CTBソニー・ビル・ウィリアムズ(SBW)は、節目の50キャップ目の漆黒ジャージを着ることになった。「いろんな積み重ねがあって、いま、自分がここにいるのがうれしい」と、33歳は静かな口調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more