テーマ:海外ニュース

フランス抗議デモ 全国で630人を身柄拘束 政府は「各党対話」開始 「警備甘い」と批判も

フランスのマクロン政権は3日、全国で広がる燃料費引き上げへの抗議デモの沈静化に向け、各党代表との協議に入った。放火や投石で1日に大きな被害が出たパリでは、「治安対策の甘さ」への批判も出ている。  パリでは2日、クリスマス商戦が再開した。デモ警戒から、ベニヤ板で覆った店が目立つ。シャンゼリゼ通り周辺には焼けた車両、割れたショーウイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金委員長のソウル訪問の際、最初に訪れる場所は?

陸路で軍事境界線を越えるかどうかに注目集まる 非武装地帯近くの「北朝鮮軍墓地」に立ち寄るか 南山タワーと産業施設訪問し経済発展への意志を示す見込み 漢拏山訪問、象徴性大きいが、気象条件などが問題  北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長が約束したとおり、年内にソウルを訪問するとしたら、どこを訪れるだろうか。分断後初めて南側を訪れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KT施設火災で軍事用通信網が43時間不通に

11月24日にソウル市内で起きた通信大手KTのアヒョン支社火災で、周辺の通信網がまひした事故に関連し、戦時に指揮所となるソウル市南部の南泰嶺バンカーと竜山の韓米連合司令部を結ぶ「合同指揮統制体系(KJCCS)」の回線と軍事情報統合システム(MIMS)、国防ネットワークなど軍事用の数十回線が43時間にわたり不通になった後、復旧していたこと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ大統領:政府予算の期限延長を検討-ブッシュ元大統領死去で

トランプ米大統領は、政府予算の期限延長に前向きな姿勢を示した。11月30日にジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(父ブッシュ)が死去したことが背景にある。 国土安全保障省や内国歳入庁(IRS)など一部の連邦政府機関の予算は12月7日に失効する。メキシコ国境警備の予算を巡って議会がトランプ大統領との協議の行き詰まりを打開しない限り、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「キャラバン」6000人、米“国境”閉ざされ諦めの声も

中米諸国からアメリカへの移住を目指す集団「キャラバン」。アメリカまであと一歩のメキシコの街に現在およそ6000人が滞在していますが、トランプ政権の厳しい姿勢を前に入国をあきらめる声も出始めました。  「この一歩先は、もうアメリカです。まだ夜明け前なんですが、アメリカ側には大勢の国境警備隊が集まってきていて、警戒に当たっています」(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NYで公判中のメキシコの麻薬王、出廷予定だった証人が心臓発作で急死

 世界の麻薬の密売を支配した麻薬王ホアキン・グスマン・ロエラ(エル・チャポ)の公判がニューヨークのブルックリン地区連邦裁判所で行われているが(参照:麻薬王「エル・チャポ」の公判がNYで開始。最も費用がかかる裁判に)、この裁判に召喚される証人保護も重要視されている。検察官に誘導されてエル・チャポに不利な証言をする証人がエル・チャポに雇われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンのクリスマス市、厳戒で幕開け=依然残るテロの記憶

2016年12月にイスラム過激派の男がクリスマスマーケットにトラックで突っ込み、12人が死亡する事件が起きたベルリンで、今年もクリスマスシーズンが始まった。  テロの記憶が依然残る中、各マーケットは厳戒態勢を取り、来場者の不安払拭(ふっしょく)に努めている。  テロが起きたカイザー・ウィルヘルム教会前のマーケットは11月26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣教師を殺害したインドの孤立部族、侵入者を拒んできた歴史

最後の手記には「矢が聖書を貫通した」、過去にはナショジオ取材班も  11月中旬、インド領の孤島で米国人宣教師が殺害された。この事件は、外界と接触せず暮らす孤立部族の権利について、新たな緊急の問題を提起している。 写真:北センチネル島の浜辺で弓と矢を掲げて小躍りする孤立部族の戦士たち  米国ワシントン州在住のジョン・アレン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ、16~60歳ロシア男性の入国禁止

ウクライナは11月30日、16~60歳のロシア男性の入国を禁止すると発表した。ロシアが併合したクリミア(Crimea)半島沖で先月25日にウクライナ艦艇3隻を拿捕(だほ)し、ウクライナ兵士24人を拘束したことを受け、ウクライナは国境地域に戒厳令を敷いていた。  ペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)大統領と面会し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イングランドで感じたラグビーの「HOME」

ラグビー日本代表が11月17日、聖地トゥイッケナム競技場でイングランド代表と対戦した。イングランド発祥のスポーツで収容8万人超を誇る専用競技場。前日練習で初めて訪れると、「WELCOME TO THE HOME OF RUGBY」の看板に出迎えられた。堂々と「HOME」と銘打つプライドの高さに驚いた。  試合当日、納得した。満員の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【卓球・現地ルポ#ロンドン後編】卓球発祥の地は大盛況の卓球バーになっていた

屈強な警備員を笑顔で交わし、地下に下りると爆音のクラブミュージックの中、夜な夜な卓球と美酒を楽しむロンドン市民の姿がそこにある。 ラリーズ編集部として約1年ぶりの訪問となるこの場所の名前は「BOUNCE(バウンス)」。 1901年に卓球を発明し、特許を取ったジョン・ジャクエス3世のオフィスだった場所は、ロンドン地下鉄のファリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

G20首脳会議開幕へ、共同声明巡る協議難航 注目は米中会談

20カ国・地域(G20)首脳会議の開幕を30日に控え、共同声明策定に向けた協議は、貿易や移民、気候変動などの問題で合意にこぎ着けることができず、難航しているもようだ。 南米初となるG20首脳会議は、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスで30日から2日間開催される。 ドイツの政府高官はロイターに対し、「今年は多国間協調主義にとっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<G20>米露首脳会談キャンセル トランプ氏がツイート

トランプ米大統領は29日、「ロシアのプーチン大統領との会談をキャンセルすることが最善と決定した」とツイートし、ブエノスアイレスで開かれる主要20カ国・地域(G20)首脳会議に合わせて予定されていた米露首脳会談開催を見送る考えを示した。ウクライナ艦船が黒海でロシア国境警備隊に発砲・拿捕(だほ)された事案を受けた措置としている。  ペ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「産婦人科で密造」の噂まで…薬物乱用が止まらぬ北朝鮮

北朝鮮から逃れて日本に在住するある脱北者から、こんな話を聞いたことがある。 「覚せい剤中毒が蔓延する実情を見て、この国(北朝鮮)はもう終わりだと思った。それが脱北を決意した理由のひとつだった」 (参考記事:一家全員、女子中学校までが…北朝鮮の薬物汚染「町内会の前にキメる主婦」) 金正恩党委員長の父・金正日総書記は199…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ボカとリーベルは恐さが段違い! 両軍に在籍した伝説的GKが凶悪サポーターを語る「銃で脅されたことも…

混迷を極める“スーペルクラシコ”を脅かすサポーター集団とは?  今、サッカー界で物議を醸している話題の一つが、南米王者を決めるリベルタドーレス決勝の行方だ。  今月11日にボカの本拠地ボンボネーラで行なわれた第1レグは2-2の引き分けに終わっていたものの、舞台をモヌメンタルに代えての雌雄を決する第2レグの直前にリーベルの一部サポ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAL副操縦士に禁錮10カ月の実刑判決、過剰飲酒で英裁判所

英ロンドン・ヒースロー空港で10月、乗務前に基準値の9倍超のアルコールが検出され、逮捕・起訴された日本航空<9201.T>の副操縦士、実川克敏被告(42)に対し、ロンドン西部の刑事法院は29日、禁錮10カ月の実刑判決を言い渡した。 ロンドン航空警察の担当官は「警備職員や警察が介入していなければ大惨事を招く恐れがあった。実川被告が犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

7兆円をチラつかせても中国を止めることはできない

2018年APEC(アジア太平洋経済協力会議)首脳会議(11月17日、18日)は、歴史を振り返ってみても、また将来を占ってみても、ポートモレスビー(パプアニューギニアの首都)という象徴的で暗示的な地点で開かれたものだ。貿易戦争の渦中にある米中両国が真正面から激しい舌戦を繰り広げたという側面もさることながら、やはり印象的だったのは新たな世…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アフガン首都で英警備会社襲撃、10人死亡=タリバンが犯行声明

アフガニスタンの首都カブールで28日、武装集団が英国の民間警備会社「G4S」の施設を襲撃し、警察によると少なくとも10人が死亡、19人が負傷した。  外国軍などの駐留に抵抗している反政府勢力タリバンが犯行声明を出した。  ロイター通信によれば、G4Sは世界有数の規模を誇り、カブールの英大使館周辺の警備を受け持っている。警察当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Fallout 76」のアップデートに期待しつつ、10月~11月の海外AAAから12月発売の国内タ

この連載は、ゲーム好きのライター山村智美が、ゲームタイトル、話題、イベント、そのほかゲームにまつわるあれやこれやを“ゆるく”伝えるコラムです。毎週、水曜日に掲載予定。ちなみに連載タイトルは、本当は「ぼくらとゲームの間にある期待の気持ち」。新しい体験の、その発売を、いつでも楽しみにしている期待の気持ち。そのままだと連載タイトルとしては長す…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

権力に背けば、即暗殺も…逮捕されたロシア活動家のその後

プーチン大統領の鉄拳外交、北方領土問題、ジャーナリストの毒殺まで、日本人から見ると、冷たくネガティブな印象を持ちがちなロシアという国。ステレオタイプはさまざまあるが、そのリアルとは。「プロテスト」という形で、プーチン政権に声を上げる活動家は、逮捕後どんな仕打ちが待っていたのだろうか。 ■活動家・イェゴール・ザブヤロフの話 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米政府機関に再び閉鎖リスク、トランプ大統領の壁建設費要求で

トランプ大統領がメキシコ国境の壁建設費用をあらためて議会に求めたことで、歳出法案を巡り与野党が対立し、一部政府機関が閉鎖される恐れが再び高まっている。 法案可決の期限が迫る中、トランプ大統領は27日、ホワイトハウスで下院共和党幹部と協議を行った。 協議に出席したスカリス下院議員は終了後、FOXニュースに対し、「全て国境警備次…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「あなたの口座を閉鎖します」40年パリに暮らす私が遭遇した“落とし穴”

日本では、2019年10月に実施予定の消費税10%への引き上げに際し、ポイント還元制度をつくって中小商店でのカード払いの普及を図るという。かつて「旅行に行くときは必ず現金をもっていくように」と言われていたギリシャでは、2年前にすべての買い物でのカード支払いを義務にした。違反した場合は1000から5000ユーロ(約13万~65万円)の罰金…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

中国四川省で車が歩道に突っ込む、7人死亡

中国四川省の楽山(Leshan)で27日、車が歩道に突っ込み、警察によると7人が死亡、4人が負傷した。警察は運転手の身柄を拘束し、原因などを調べている。  負傷者は病院に搬送された。  国営新華社(Xinhua)通信によると、事故があったのは27日朝で、車は歩道に乗り上げバス停を直撃した。  中国では先週にも東北部の遼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

あるムエタイ少年の死が浮き彫りにするタイ社会の問題

◆ムエタイ少年の死が波紋  タイ国内におけるムエタイの試合で、2018年11月10日、13歳の少年選手がノックアウトにより死亡する事故が起こったとタイ警察が発表した。死因は脳幹部の出血だったという。さすがのタイでも少年選手の出場に対する規制などの声が上がっている。  タイの観光スポーツ相もすぐに法規制の動きを見せ、年齢制限や…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

32bit PCI装備の最新Xeonマザーを発見! ASUS法人向けサーバー/マザーボード発表会

 ASUSが開催した法人向けサーバー発表会で、第9世代コアである「Xeon E-2100」シリーズに対応しながら、32bit PCIスロットを装備したマザーボード2製品を展示していた。市場想定価格(税別)は「P11C-X」が2万5980円、「P11C-C/4L」が3万5580円。 ■XeonマザーにPCIスロット装備で「レガシーデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<キャラバン>メキシコが98人強制送還 米は69人逮捕

米国と国境を接するメキシコ北西部ティフアナで中米の移民集団「キャラバン」が実施した25日のデモに関し、メキシコ当局は26日、国境フェンスを越え侵入しようとしたキャラバン参加者98人を強制送還したと発表した。約500人を送還する方針でその一部とみられる。当局は、国境検問所や約5000人が一時滞在するスポーツ施設の警備を強化した。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<ウクライナ>30日間の戒厳令 ロシアなど隣接10州対象

ウクライナ最高会議(議会)は26日、同国艦船が黒海でロシア国境警備隊に発砲、拿捕(だほ)された案件を受け、ロシアなどに隣接する10州を対象に30日間、戒厳令を敷く動議を採択した。ロシアは今回の事案を「ウクライナ艦船による挑発行為」(プーチン大統領)と批判しているが、2014年にクリミア半島を強制編入して以来続く攻撃的な姿勢が顕著になって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国最高裁長官の車に火炎瓶 70代の男、訴訟に不満か

27日午前9時10分ごろ、ソウル市瑞草(ソチョ)区の韓国大法院(最高裁)正門近くで、出勤してきた金命洙(キムミョンス)大法院長(最高裁長官)の車両に火炎瓶が投げつけられたと、瑞草警察署に通報があった。火炎瓶は車両にあたったが、金院長にけがはなかった。火炎瓶を投げつけた70代の男性1人を警備担当者らが取り押さえた。同署が動機などを調べてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500億円規模の中国市場から追いやられた「ドルチェ&ガッバーナ」 どこで何を間違ったのか?

「48時間で30年間のブランディングが蒸発し、消えて失くなった。まるで巨大な土砂災害だ。そしてその大崩壊のスピードはすさまじかった」とコンサルティング会社、ザ スタイル ゲート(THE STYLE GATE)のアレッサンドロ・マリア・フェレーリ(Alessandro Maria Ferreri)創業者兼最高経営責任者(CEO)は今回の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「批判すべきはトランプ政権だけではない」ピュリツァー賞受賞「不法移民」記者が心境を語る

いまだに不法移民 ホセ・アントニオ・バルガス(37)はピュリツァー賞を27歳で受賞した、一流ジャーナリストである。だが2011年、じつは米国籍を持たない「不法移民」だったことを告白し、世界に衝撃を与えた。 翌年、オバマ政権下で成立した「ドリーム法案」は、「16歳以下のときに親にアメリカに連れてこられ、(当時) 30歳以下の移民に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more