テーマ:地方ニュース

上杉砲術隊、復活のごう音・米沢 発砲での事故受け自粛、1年7カ月ぶり

 2011年9月の米沢上杉まつりの演武で会場警備の男性にけがをさせた事故以来、発砲を自粛してきた上杉砲術隊(須貝嘉治隊長)が29日、米沢市の上杉神社の例大祭で1年7カ月ぶりに演武を披露した。米沢藩伝統の火縄銃「上杉の雷筒(らいづつ)」の発砲音が境内に響き渡ると、詰め掛けた多くの市民らが“復活”を喜んだ。  上杉まつり開幕を迎えたこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋田のキャラ「与次郎」 またひげ折られる

 秋田市で28日朝、人気キャラクター「与次郎」の石像のひげが折られているのが見つかった。これが3度目の被害で、秋田市は被害届を提出している。  28日朝、ひげが折られているのが見つかったのは、秋田市の中心部の再開発地域「エリアなかいち」に設置されているマスコットキャラクター・与次郎の石像。  石像は、22日にひげ2本が折られ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW雑踏警備など 県警が態勢を強化 茨城

県警はゴールデンウイーク(GW)期間中(5月6日まで)、県内の行楽地における雑踏警備や暴走族取り締まりなどの態勢を強化する。  雑踏警備は期間中に多くの人出が予想される陶炎祭(ひまつり)(笠間市)や国営ひたち海浜公園(ひたちなか市)など26カ所で実施。米・ボストンの爆弾テロなどを受けて、前年比60人増の延べ676人体制で不審物など…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW:人出105万人予想 尾道松江線の開通などで /島根

県警はゴールデンウイーク期間(27日~5月6日)中の県内の主要観光地やイベントの人出予想を発表した。前年より1日長く、尾道松江線の開通や出雲大社の「平成の大遷宮」と日程が近いことで観光客の増加を予想。昨年実績より約19万人多い105万2500人と見積もった。警察官延べ約300人を動員して雑踏警備などにあたる。  最も多いのは出雲大…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

GW:人出予想 波佐見陶器まつり28万人 /長崎

県警が発表したゴールデンウイーク(4月27日~5月6日)の人出予想によると、今年の人出は約83万9000人で、前年比2万2000人増。「期間中、晴天が見込まれる」ためという。ピークは5日で、約12万9000人としている。  県警地域課によると、イベント、行楽地で最も多いのは例年同様、波佐見陶器まつり(波佐見町)=約28万人。次いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「住みたい街ナンバーワン」が暗転=防犯カメラ増設―路上刺殺事件で東京・吉祥寺

「住みたい街」として幅広い世代の人気を集める東京・吉祥寺(武蔵野市)。ランキングでたびたび全国1位に選出されたが、2月に飲食店アルバイトの女性(22)が路上で殺害された事件は街に暗い影を落とした。人気下降を防ごうと、地元は防犯カメラの増設を決めるなど、治安改善とイメージ回復に懸命だ。  被害者と同い年の美容師伊藤美貴さん(22)は2年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

びわこ競艇でGWイベント-「ビナちゃんカップ」に合わせ開催、巨大うな丼も /滋賀

開場60周年を迎える「びわこボートレース場」(大津市茶が崎1)で4月28日~5月4日に行われる「滋賀県知事杯争奪第14回ビナちゃんカップ」に合わせてイベントが開催される。(びわ湖大津経済新聞) 【画像】 開場60周年限定「びなちゃんのともだち丼」  28日・29日は先着900人に、クオカードや食事券が当たる抽選くじ「2連勝『…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

とくしまマラソン:県警が警備強化 /徳島

米国ボストン・マラソンの連続爆破テロ事件を受け、県警は21日、配置する警官を増員するなど、とくしまマラソン2013の警備を強化した。  雑踏警備や交通規制に加え、徳島市新蔵町の福島橋付近のスタート地点や徳島市陸上競技場周辺で、不審物の有無などの確認を徹底した。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

かすみがうらマラソン兼国際盲人大会:雨にも負けず、完走たたえ フルマラソン男子、川村選手初V /茨城

「第23回かすみがうらマラソン兼国際盲人マラソンかすみがうら大会」(土浦市、かすみがうら市、毎日新聞社、スポーツニッポン新聞社など主催)が21日、土浦市の川口運動公園陸上競技場を発着点に開かれ、エントリーよりも約1万人少ない1万8102人が出場した。雨と寒さの最悪のコンディションの中、スタート間もないJR土浦駅前大通りは雨がっぱに身を包…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

湖上パトロール:河口湖と山中湖、警備艇が出艇--富士吉田署 /山梨

ゴールデンウイークなど観光シーズンを迎え、富士吉田署は15日、河口湖警備艇「第二ふじざくら」と山中湖警備艇「はまなし」が湖上パトロールを開始した。  富士河口湖町の富士吉田署臨時警備派出所前であった出艇式には渡辺凱保町長、水上安全指導員、消防団員らが出席した。  4日には本栖湖でボートが転覆し、救命胴衣を着けていなかった男性が死…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<淡路島地震>「阪神より揺れた」 民家の瓦落ち、液状化も

阪神大震災より大きな揺れを感じた--。震源と発生時間が、死者6434人を出した阪神大震災とほぼ同じだった今回の淡路島地震。民家の瓦が落ち、液状化現象もみられ、小学校では運動場が地割れをするなど、18年前の悪夢がよみがえった。一方で前回の教訓を生かし、住民の多くは冷静に対応、大きな人的被害はなかった。【山川淳平、登口修、岸川弘明、岡奈津希…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<会津若松市>「八重の桜」効果、うれしい悲鳴 鶴ケ城周辺、渋滞回避に駐車場1500台

◇誘導部隊も77人  福島県会津若松市は、大河ドラマ「八重の桜」の放送に伴う観光客増対策として、桜の開花期からゴールデンウイーク(GW)にかけての休日に、鶴ケ城周辺に約1500台分の駐車場を用意、市内の交差点などに警備員を中心に「誘導部隊」77人を配置し渋滞の緩和を図る。室井照平市長は「たくさんの人に来てほしいが、混み合うのは間違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

広島・岡山両県の「名所」 散りゆくサクラ、ひっそり

 ■雨で花見客、姿消す  急激に強まった低気圧の影響で、広島、岡山両県内も6日は雨となり、満開だったサクラが散り始めた。前日までにぎわっていたサクラの名所も、花見の宴がすっかり影をひそめた。  千本を超すサクラが植えられている広島市南区の比治山公園。昼はシートを敷いてくつろぐ家族連れが詰めかけ、夜はぼんぼりの明かりに照らされ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道警:女性職員採用、最多の90人計画--今年度 /北海道

道警は今年度採用する警察官のうち、女性を過去最多の90人にする計画で、17日まで受験申し込みを受け付けている。  警察庁は11年2月、各都道府県警で全警察官の1割を女性にする目標を掲げた。道警の女性は1日現在、全体の定員約1万500人のうちの約810人(育児休業中を含む)で、約8%にとどまる。このため、昨年より10人増やすことにし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「江の島弁天橋」通せんぼ!? 台船の衝突事故で破損 観光シーズン前にめど立たず

江の島(神奈川県藤沢市)と片瀬海岸を結ぶ歩行者橋「江の島弁天橋」(約390メートル)で2月、台船が衝突して橋脚が破損し、修復工事のめどが立たず、通行止めが続いている。現在のところ、大きな影響は出ていないが「観光シーズンを前に混雑に拍車がかかる」(観光業者)と懸念する声も出ている。  事故が発生したのは2月18~19日未明。橋のすぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祇園祭の山鉾33基巡行見納め!? 伝統の「2日制」来年にも復活

京の夏を彩る祇園祭の山鉾(やまほこ)巡行(7月17日)をめぐり、全33基による一斉巡行が今年で見納めとなる可能性が高まってきた。約50年にわたり途絶えていた「後祭(あとまつり)」(7月24日)の巡行を、来年にも復活させる機運が加速。実現すれば、山鉾巡行は17日の23基と24日の10基に分かれる見通しだ。旧来の伝統を重んじる主催者側を行政…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鶴ケ城周辺を一方通行に 渋滞対策、13日から5月6日

 NHK大河ドラマ「八重の桜」の放送に伴った観光誘客事業などを展開する、会津若松市「八重の桜」プロジェクト協議会は、鶴ケ城と大河ドラマ館を中心とした街なかでの大規模な渋滞が予想される13日~5月6日にかけての渋滞対策をまとめた。  鶴ケ城周辺に一方通行区間を設けるほか磐越道会津若松、磐梯河東両インターチェンジから国道49号、同118号…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福島・浪江町の避難区域を再編 町独自に警備員も 福島県

東京電力福島第一原発事故で警戒区域と計画的避難区域になっていた福島県浪江町が1日午前0時、放射線量に応じて三つの区域に再編された。再編後、日中の立ち入りが自由になる地域では、空き巣などを防ぐため町が独自でバリケードや警備員を配置する。  警戒区域などの避難指示区域が設定された福島県の11市町村のうち、区域再編の実施は9市町村目。避…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤフーが作った、最強コワーキングスペース

「とーちゃんが1人でみやぎに行くのはかわいそうだから、ぼくはついて行く」  2012年6月、ヤフーの復興支援事業の拠点となる「ヤフー石巻復興ベース」の設置と、ヤフー社員がそこに常駐することが決まったときのこと。単身赴任するか家族で移住するか、それとも調整役として東京に残るか、父親である僕がまだ決めかねていた頃、春に入学したばかりの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

札幌市議会:公契約条例案、2回目の継続審議に 業界団体反発強く /北海道

 官製ワーキングプアの解消を目指す札幌市の公契約条例案が28日の市議会で、2回目の継続審議になった。条例の対象となる業界団体の反発が根強く、市議会最大会派の自民党・市民会議や公明党などの理解が得られなかった。  条例は上田文雄市長が公約に掲げ、昨年2月の定例市議会に提案した。予定価格が5億円以上の工事や1000万円以上の業務の受注…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

県営競輪場:外部委託で存続へ 14年度から、黒字転換目指す あり方委で県が方針 /奈良県

1億2200万円の累積赤字を抱える県営競輪場(奈良市秋篠町)の存廃を検討する「県営競輪あり方検討委員会」の会合が28日、奈良市内で開かれた。県は、14年度から車券販売などの運営のほとんどを外部の業者に包括的に委託したうえで存続させる方針を示した。外部委託で年間約9000万円の経費節減をし、将来は累積赤字を解消できる見通しという。委員から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

協定:災害時の機能移転--大分東署と大分市 /大分

海抜3・2メートルの大分東署(大分市三佐5)は27日、同市と災害時の署機能の移転に関する協定を結んだ。約7キロ離れた同87メートルの佐野清掃センターを代替施設とする。県内の警察署が災害時協定を結ぶのは6署目で、同市内では初。  耐震性があり、東九州道に近く緊急時の道路を確保しやすい点を考慮。同センターは自家発電機能も備える。大規模…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

阪急不動産『新築分譲マンション「(仮称)JR「高槻」駅直結(最終プロジェクト)」始動』

阪急不動産株式会社は、「MUSEたかつき」での最終プロジェクトとなる新築分譲マンション「(仮称)JR「高槻」駅直結(最終プロジェクト)」の一般案内(6月予定)を前に、事前に登録した本物件の会員への案内を4月中旬(予定)から開始する。 「MUSEたかつき」は、官民協力によるJR「高槻」駅前複合開発プロジェクトであり、「阪急不動産」「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県内高校生の就職内定率97.3%、建設業で求人大幅増 2月末、前年比1.1ポイント増 山形県

今春卒業予定の県内高校生の2月末現在の就職内定率が25日、山形労働局から発表され、全体では前年同期比1.1ポイント上昇の97.3%、県内の内定率は1.2ポイント上昇の96.7%だった。いずれも過去10年間で最高。就職活動の初期に県内企業から多くの求人が寄せられたことが内定率を押し上げた。  自営従事・縁故・公務員を除く全体の就職希…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

福山競馬:夢をありがとう 63年の歴史に幕、1万人別れ惜しむ /広島

長い間、愛してくれてありがとう--。24日に63年の歴史に幕を下ろした福山市営競馬。最終日には馬場の開放や厩舎関係者も参加したお別れのセレモニーもあり、70年代の全盛期並みの来場者約1万人が別れを惜しんだ。騎手や調教師の多くは今後、他県の競馬場に活躍の場を移す。  この日は最後の雄姿を見ようと多くの家族連れが集まった一方、レース後…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

富岡再編でバリケード設置 国道6号や帰還困難区域 福島県

25日に警戒区域が再編された富岡町。国道6号や帰還困難区域の境などに立ち入りを制限するバリケードが設置された。  帰還困難区域の境には、主要な道路の交差点に鍵で開ける開閉式を11カ所を設置。開閉式は住宅などの入り口22カ所にも設けた。ほかに固定式も27カ所に設置した。また国道6号は復旧工事や廃炉などで作業する車両が通行するため、同国道…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

協定:大津波時、学舎が警察に 臼杵津久見署、支援学校と /大分

大津波に遭えば学舎(まなびや)が警察署に--。  標高約2メートルの低地にある臼杵津久見署=写真=の高山譲二署長は22日、同27メートル以上ある県立臼杵支援学校の岡本美枝子校長と災害時代替施設使用協定を結んだ。南海トラフ地震の津波で使用不能となれば、災害警備本部として同校を使用する。  高山署長は「活動拠点が確保でき、対策が一歩…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

協定:大津波時、学舎が警察に 臼杵津久見署、支援学校と /大分

大津波に遭えば学舎(まなびや)が警察署に--。 .  標高約2メートルの低地にある臼杵津久見署=写真=の高山譲二署長は22日、同27メートル以上ある県立臼杵支援学校の岡本美枝子校長と災害時代替施設使用協定を結んだ。南海トラフ地震の津波で使用不能となれば、災害警備本部として同校を使用する。  高山署長は「活動拠点が確保で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人事:下関市 821人が異動 産業、農林水産振興部を新設 /山口

 ◇中尾市長「適材適所の配置」 .  下関市は22日、4月1日付人事異動を発表した。異動規模は例年並みの計821人(部長級11人含む)。喫緊の課題である産業活性化のため、従来の産業経済部を廃止し、産業振興部と農林水産振興部を新設。産業振興部を4課体制とし、人員配置も重点化を図った。中尾友昭市長は同日の記者会見で「適材適所の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サクラ前線“異変あり” 早い開花で大慌て/県内各地

桜前線の北上が全国的に駆け足の今年は、県内各地でも桜(ソメイヨシノ)の開花が早く、熊谷、大宮公園(さいたま市)ともに19日だった。熊谷は平年より10日、大宮公園では7日早かった。満開や見頃のタイミングを見計らって、さまざまな催しを計画している自治体などの関係者は「果たして花はもつのか?」と心配顔。イベントを前倒して実施するなど対応に大わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more