テーマ:企業ニュース

JR東、ホームドアで自殺防ぐ

JR東日本は8日、東京都葛飾区の新小岩駅で、総武快速線ホームにホームドアを設置し、始発から運用を始めた。同駅では、2011年夏ごろから自殺とみられる電車への飛び込みが相次ぎ発生。インターネット上で「自殺の名所」との呼び名が拡散する事態となった。警備員による声掛けなど防止対策を進めてきたが、飛び込みは絶えておらずさらに強化する。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JR東、ホームドアで自殺防ぐ

JR東日本は8日、東京都葛飾区の新小岩駅で、総武快速線ホームにホームドアを設置し、始発から運用を始めた。同駅では、2011年夏ごろから自殺とみられる電車への飛び込みが相次ぎ発生。インターネット上で「自殺の名所」との呼び名が拡散する事態となった。警備員による声掛けなど防止対策を進めてきたが、飛び込みは絶えておらずさらに強化する。  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

築地と月島の間、大江戸線 勝どき駅が新設ホームを2019年2月に供用開始

東京都交通局は2019年2月11日、都営大江戸線勝どき駅の新設ホームおよびコンコース、出入口A3aの供用を開始する。混雑緩和と利便性の向上が目的。 勝どき駅にホームを1面新設。現在のホームが両国方面行き、新設するホームが大門方面行きの専用ホームとなる。また、A3a出口が新設される。 コンコースについては、晴海通りを挟んで分か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソフトバンク通信障害、宅配業者に支障

 6日昼過ぎから発生したソフトバンクの全国的な通信障害で、「携帯電話が突然使えなくなった」と困った利用者らが公衆電話に列を作るなど各地に影響が出た。宅配業者の業務に支障が出るなどライフラインの停止の影響が広がった。  「現在通信障害により関東エリア広範囲で電話がつながりにくい状況となっております」。JR東京駅近くにあるソフトバンク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で唯一!祭り支援会社「オマツリジャパン」のビジネスモデルとは?

「祭りで日本を盛り上げる!」というコンセプトを掲げる、日本で唯一の祭り支援会社 オマツリジャパン。 創業者の加藤優子さんは、元々趣味として全国各地の祭りを巡っていた。そうして全国のお祭りを巡るうちに、日本の祭りが抱える「共通の課題」が見えてきたのだという。彼女の見つけた「共通の課題」とは一体何なのか? その課題に向き合い、仲間と共に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サムスン電子が実績パーティー…ボーナスは最大で基本給500%

サムスン電子が過去最高の「ボーナス」を出す。実績好調の半導体(DS)のほか、家電(CE)、スマートフォン(IM)など全事業部の役職員10万人が対象だ。役職員に対するボーナスは総額7500億ウォン(約750億円)規模となる見込みだ。半導体2次協力会社と社内に常駐する協力会社の役職員にも特別賞与が支払われる。 サムスン電子は5日、社内…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

AIで代替が効かない「説得」術は、3つのポイントを押さえて磨け

いつか自分の仕事がAIに取って代わられるかもしれない……。ビジネスパーソンなら誰でも一度は考えたことがあるはずだ。たとえば’15年には、野村総研が「今後、10~20年後に日本の労働人口の49%が人工知能やロボット等に代替が可能になる」という研究結果を発表している。 ◆アリストテレスが発見した効果的説得術  このような「AIが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JDI、ヘルメット着脱HUDや香り放出&画面付き陶磁器を開発。'19年発売へ

ジャパンディスプレイは4日、都内で開催した戦略発表会「JDI Future Trip」において、ディスプレイ技術を応用したプロダクトの開発を発表。着脱可能なヘルメット用ヘッドアップディスプレイ「XHD-02 KAIKEN」や、香りの出る画面付き陶磁器「XAQ-01 AQUARIUS」などを、コンシューマーやビジネス用途をターゲットに'1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立システムズと図研ネットウエイブ、防犯・安全対策支援で協業

日立システムズ(北野昌宏社長)と図研ネットウエイブ(中村郁生社長)は12月3日、社会インフラや大規模施設の防犯・安全対策を支援するサービスの分野で協業したと発表した。  今回の協業に基づき、空港、港湾、鉄道、発電所などの社会インフラや、大規模商業施設向けに、米ベリントシステムズ(ダン・ボドナー社長兼CEO)の状況認識プラットフォー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

2027年"山手線の無人運転"は実現するか

 2017年は国鉄分割民営化から30年目を迎えた東日本旅客鉄道(JR東日本)。4月に就任した深澤祐二社長は「数年後に東京の人口は減少に転じるとされている。私の世代は旧国鉄から勤めている最後の世代。次の30年どうしていくのか、その方向性を定めることが社長としての使命だ」と力を込める――。 ■シンガポールにルミネ、台湾にアトレを出店 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホテル大手マリオットの「5億人分」もの情報流出は、なぜ起きたのか

ホテル大手のマリオット・インターナショナルは11月30日(米国時間)の朝、大規模なハッキングを受けた事実を公表した。傘下の「スターウッド・ホテルズ&リゾーツ・ワールドワイド」で予約した5億人の顧客に影響を与えた可能性があるという。 アンダーアーマーの個人情報流出は、防げたはずの問題だった マリオットは2016年9月にスターウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東芝クライアントソリューションが「Dynabook株式会社」に社名変更

東芝クライアントソリューション株式会社が、2019年1月1日付けで、「Dynabook株式会社」に社名を変更するとともに、3年後に上場する方針を発表した。2019年度には黒字転換し、2020年度には、売上高3,400億円、営業利益70億円を目指す。  シャープ 取締役副社長執行役員兼東芝クライアントソリューション代表取締役会長の石…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日立システムズが図研ネットウエイブと協業、社会インフラや大規模施設の防犯・安全対策を支援

 株式会社日立システムズと図研ネットウエイブ株式会社は3日、社会インフラや大規模施設向けに防犯・安全対策を支援するサービスで協業すると発表した。日立システムズは、海外で多くの導入実績を持つ米Verint Systemsの状況認識プラットフォーム「Verint SA 7.5」を、販売代理店の図研ネットウエイブの協力のもと、2019年1月か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エヌエヌ生命保険、仕事着ファッションマガジン発行

エヌエヌ生命保険(東京都千代田区)は、中小企業のユニホーム(仕事着)をデザイン性の観点からデフォルメした、ファッションマガジン「エヌエヌ チュウショウ ユニフォームズ」を限定発行した。若者の中小企業への関心を高めてもらう狙いがある。  広告・ファッションなどを手掛ける気鋭の写真家・内川聡氏を起用し、スタイリストらの協力も得て、ユニ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

建設現場の危険をAIで予知、カメラ画像から不審者を特定

協和エクシオは、クラウド総合エンジニアリング分野の強化を目的に、Microsoft Azure IoT Edge を活用した「Vision AI Developer Kit」と自社のIoT・センサーソリューションを組み合わせた実証実験を開始する。 実証実験の概要 出典:協和エクシオ 従来AIの活用が困難だった現場でもエッジ処…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アンダークラス」の半数が飲酒控える… 正社員と非正規の溝

コミュニケーションを深める場でもある飲み会。しかし正社員と非正規が一緒に働く現代では、さまざまなゆがみが表面化する場でもある。正社員、非正規それぞれが抱える思いとは。 *  *  *  丸の内にあるメガバンクで派遣社員として働く女性(42)は、正社員との待遇の格差を感じるたびに傷つくという。  例えばインフルエンザの予防接…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧困・ホームレス化に直面する非正規雇用 実情と「対処法」を解説する

90年代以降増加してきた非正規雇用は、いまや5460万人、率にして37.3%となった(2017年「労働力調査」)。  かつて非正規雇用の中心は「家計補助」的な主婦パートや学生アルバイトであったが、もはやパートやアルバイトなどで生活を維持する「家計自立型」が当たり前のものとなった。  しかし、彼らの大半は、賃金が低いままであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

JAL副操縦士に禁錮10カ月の実刑判決、過剰飲酒で英裁判所

英ロンドン・ヒースロー空港で10月、乗務前に基準値の9倍超のアルコールが検出され、逮捕・起訴された日本航空<9201.T>の副操縦士、実川克敏被告(42)に対し、ロンドン西部の刑事法院は29日、禁錮10カ月の実刑判決を言い渡した。 ロンドン航空警察の担当官は「警備職員や警察が介入していなければ大惨事を招く恐れがあった。実川被告が犯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<福岡地裁>商社社員の自殺「過重業務原因」遺族が賠償提訴

鋼材商社「小野建」(本社・北九州市小倉北区)に勤務していた男性社員(当時47歳)が自殺したのは過重な業務が原因だったとして、遺族が29日、同社に約1億円の損害賠償を求める訴訟を福岡地裁に起こした。  男性は福岡支店(福岡市)に勤務していた園田耕治さん。訴状によると、2011年3月に営業部から管理部に異動したが、欠員の補充がなく、慣…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外と知らないネットセキリティの常識 アカウント乗っ取り対策で効果的なのは?

ニュースなどで時折目にする、企業の情報漏えいや不正アクセスなどのサイバー攻撃にまつわる事案。今年初めには、仮想通貨取引所「Coincheck」で約580億円相当の仮想通貨がハッカーにより盗まれるなどの被害が発生し、大きな話題となりました。  しかし、報道されるものはあくまでも氷山の一角で、細かな事案まで含めると無数に存在します。誰…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

活気づく自律走行型ロボットの開発・実用化

ロボットが自ら動き回りながら、人間に代わって日常業務を遂行する。そんな自律走行型ロボットを活用しようとする動きが目立っている。  商業施設やオフィスビルの清掃や警備、小売店での商品棚卸など、自律走行型ロボットの応用領域は広い。生産年齢人口の減少に伴う労働力不足への対策の切り札として、ホワイトカラーの生産性向上を目的に爆発的な勢いで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京はまだまだ進化する 五輪で弾み、文化も安全も

日本経済新聞社は11月1日、2020年東京五輪・パラリンピックの開催都市である東京の魅力向上や未来像をテーマに「第4回日経2020フォーラム」を東京・大手町の日経ホールで開いた。三井不動産の菰田正信社長とセコムの中山泰男社長が講演したほか、夜間に健全に娯楽を楽しむナイトタイムエコノミーをはじめとする訪日外国人の受け入れ策などで活発に意見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

成長戦略の一翼ドローン、家庭ゲーム機市場に匹敵か

 小型無人機、ドローンにかかわるスクールができるのは、機器の操縦や開発などを担う人材の需要が高まるとみられているためだ。 アガタ電子が開校したドローンスクールで操縦体験を行う参加者ら  多くの企業や行政機関でドローンを活用しようとしており、「ドローンビジネス調査報告書2018」(インプレス)によると、17年度のドローンビジネスの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

西武新宿駅で「警備AIロボ」の実証実験 自律移動で異常をキャッチ

西武新宿駅で「警備AIロボ」の実証実験 自律移動で異常をキャッチ 西武新宿駅で実証実験が行われる「ペルセウスボット」 西武鉄道は11月27日(火)、西武新宿駅構内にて警備ロボット「ペルセウスボット(Perseusbot)」の実証実験を実施した。 ペルセウスボットは、東京都立産業技術研究センターの公募型共同研究開発事業において、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

32bit PCI装備の最新Xeonマザーを発見! ASUS法人向けサーバー/マザーボード発表会

 ASUSが開催した法人向けサーバー発表会で、第9世代コアである「Xeon E-2100」シリーズに対応しながら、32bit PCIスロットを装備したマザーボード2製品を展示していた。市場想定価格(税別)は「P11C-X」が2万5980円、「P11C-C/4L」が3万5580円。 ■XeonマザーにPCIスロット装備で「レガシーデ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500億円規模の中国市場から追いやられた「ドルチェ&ガッバーナ」 どこで何を間違ったのか?

「48時間で30年間のブランディングが蒸発し、消えて失くなった。まるで巨大な土砂災害だ。そしてその大崩壊のスピードはすさまじかった」とコンサルティング会社、ザ スタイル ゲート(THE STYLE GATE)のアレッサンドロ・マリア・フェレーリ(Alessandro Maria Ferreri)創業者兼最高経営責任者(CEO)は今回の「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

KTの火災でIT大韓民国の急所があらわに

緊急速報メール、KTユーザーには届かず 病院と無人警備システムまで連結切られ不安高まる 「今回の事件は典型的な『リスク社会』の一断面をあらわした」  ソウルの中心街にある地下通信区の通信管路で火災が発生し、「世界最高5G技術力」を標榜したIT強国、大韓民国の“急所”があらわになった。火災でKTの通信網が壊れ、モバイルや有線インターネッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本ハム 輝星に巨漢ボディーガード 春季アリゾナキャンプで4年連続オファー

 日本ハムが来年2月の1軍アリゾナキャンプで4年連続で「ボディーガード」にオファーを出すことが25日、分かった。球団幹部は「今年のキャンプが終わる時も彼は“来年も任せろ”と言ってた。やってもらう仕事はたくさんある」と明言。ドラフト1位の金足農・吉田輝星投手(17)が1軍スタートとなっても安全面は万全だ。  球団幹部が語る「彼」とは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

黒字倒産も出るほど深刻な「採用難」への対処

有効求人倍率が1974年1月以来の高水準となり、とりわけ地方や中小企業などでは採用難が大きな問題になっている。いったい何が起きているのか。『もう、転職はさせない! 一生働きたい職場のつくり方』の内容を一部抜粋し再構成のうえお伝えする。  2018年9月時点の有効求人倍率は1.64倍で、1974年1月以来の高水準になりました。また、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最先端のロボット技術紹介 藤沢でイベント、25日まで

 最先端のロボット技術を体感できるイベントが23日、JR辻堂駅北口の大型商業施設「テラスモール湘南」(神奈川県藤沢市辻堂神台)などで始まった。生活支援や災害対応などさまざまな場面で活躍するロボット約30種類が展示され、親子連れなどでにぎわった。県と藤沢市の共催で、25日まで。入場無料。  県は「ロボットと共生する社会」の実現に向け…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more