警備会社員が痴漢逮捕貢献

◇本庄署が感謝状
 本庄署は、県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑の現行犯逮捕に貢献したとして、警備会社「アルソック」社員の長島秀宜さん(39)に感謝状を贈った。
 同署によると、長島さんは8日午前8時半ごろ、JR高崎線本庄駅のホームで、「助けて」という高校生の女子生徒の叫び声を聞き、現場に急行。女子生徒が痴漢と指し示した男(22)に「やったのか?」と問いただし、取り押さえたという。
 長島さんは、小学生向け「あんしん教室」を担当しており、「大人に嫌なことをされたら『助けて』と大声を出そう」と子どもたちに講師として教えているという。「痴漢被害に遭ったと、声を上げてくれたので反応できた」と女子生徒をたたえていた。

画像

"警備会社員が痴漢逮捕貢献" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント