W杯警備も“前哨戦”

21日夜、大阪市の長居陸上競技場で行われたサッカーの日本-ウクライナ戦。大阪府警と大阪市などはワールドカップ(W杯)の“予備演習”と位置付け、警察官や警備員、ボランティアら総勢約3千人を動員し、本番さながらの警備態勢で臨んだ。競技場前では厳しいボディーチェックに長蛇の列ができ、観客から不満の声もあがった。

"W杯警備も“前哨戦”" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント