沢尻エリカ、表参道“セレブパニック”

女優の沢尻エリカ(24)が5日、東京・表参道にオープンしたセレブ御用達ブランド「kitson表参道店」に来店し“セレブパニック”を引き起こした。ド派手に女装したゲイの友人6人とともに訪れ、バッグ、ジャケットなど15点55万円以上をセレブ買い。店を後にすると車までの約50メートルの道を報道陣やヤジ馬300人以上を引き連れ、もみくちゃになりながらセレブウオーク。セレブ気分を満喫したエリカ様は、「早く離婚したい?」と問われると「あったり前じゃーん」と“エリカ節”で終始ご機嫌だった。

  ◇  ◇

 「kitson」といえば、パリス・ヒルトンやリンジー・ローハンらセレブなお騒がせ女優御用達の米人気ブランド。その日本初路面店オープニングに招待された沢尻が、本家に負けないお騒がせぶりを見せた。

 表参道から50メートルほど入った同店に姿を見せた沢尻は、友人のド派手ゲイ集団6人を引き連れ女王様状態。買い物客から写真攻めに遭いながら行ったショッピングは、当初予定の3倍の30分続き、55万8225円分と貫禄のセレブ買いを決めた。

 買ったばかりのブライアン・リッテンバーグの超ミニスカートワンピース(13万1250円)に、ルーシー・デイビスのハイヒール(10万2500円)に着替え、待ちかまえた報道陣80人に「ゴージャスな感じで、これからのパーティーにピッタリ」と満面の笑みでポーズ。しかし先日、米メディアの取材に「“別に。騒動”の謝罪は間違っていた」と答えたことを追及されると、無言できびすを返した。

 その後は、警備スタッフやゲイ集団にガードされ、追いかける報道陣ややじ馬ともみくちゃになりながら、約50メートルをご機嫌ウオーキング。夫のマルチクリエーター高城剛氏との離婚についても「(高城氏と)全然会ってないよー。連絡が全然取れないんだもん。(早く離婚したい?)あったり前じゃないですかー」と笑顔で心情を吐露した。

 現在は離婚問題が進展せず、スペインの所属事務所との契約が切れないため、日本の芸能事務所と契約できず、女優業は再開できていない。今回のイベントも、個人的に友人を介した“小遣い稼ぎ”。うっぷん晴らしのセレブ買いと笑顔の下に、もどかしい思いをのぞかせていた。
画像

女優の沢尻エリカ(24)が5日、東京・渋谷区のセレクトショップ「kitson表参道店」のオープニングセレモニーに出席。公道を練り歩き、周辺が一時パニック状態になった。

 同店の広告塔として奇抜な服装の“愉快な仲間たち”6人と店を訪れた沢尻は、約30分間かけて洋服など15点、総額約56万円を購入。その中から海外セレブに人気のある「ブライアンリッテンバーグ」のワンピース(約13万円)を着て店を出た。報道陣の写真撮影に応じたものの、07年の「別に…」騒動の謝罪が「演技だった」とインタビューで語ったことをあらためて聞かれると強制終了。すると、車に乗り込むまでの約50メートルの道のりに約60人の報道陣が殺到し、もみくちゃとなった。


表参道周辺は沢尻の登場に大パニックとなった
 追いすがる報道陣から夫・高城剛氏(46)について尋ねられると「全然、会ってないよ。連絡が取れないんです」。「早く離婚したい?」という質問には「当たり前じゃないですかぁ」と笑顔で答えた。また、車に乗り込んだ後もサンルーフから顔を出して沿道にアピール。「離婚は成立した?」と聞かれると「してませーん!」と応じた。

 沢尻をひと目見ようと、付近には買い物客なども殺到。警備員と報道陣のもみ合いで、カメラマンのメガネ、カメラの機材が破損するなど現場は騒然としたムードとなり、相変わらずのお騒がせぶりだった。

"沢尻エリカ、表参道“セレブパニック”" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント