<IOC>東京五輪の競技時間見直し 暑さ対策、ラグビーも

 国際オリンピック委員会(IOC)は1日、東京都内で理事会を開き、2020年東京五輪の暑さ対策として、マラソンや競歩のスタート時間の前倒しなど複数の競技で時間帯の再検討を始めた。体力の消耗の激しいラグビーなどは熱中症の危険性が高まる正午前後の実施を避ける。医師ら専門家が健康への影響を懸念したことなどを受け、国内では一時、サマータイム(夏…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NYで公判中のメキシコの麻薬王、出廷予定だった証人が心臓発作で急死

 世界の麻薬の密売を支配した麻薬王ホアキン・グスマン・ロエラ(エル・チャポ)の公判がニューヨークのブルックリン地区連邦裁判所で行われているが(参照:麻薬王「エル・チャポ」の公判がNYで開始。最も費用がかかる裁判に)、この裁判に召喚される証人保護も重要視されている。検察官に誘導されてエル・チャポに不利な証言をする証人がエル・チャポに雇われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベルリンのクリスマス市、厳戒で幕開け=依然残るテロの記憶

2016年12月にイスラム過激派の男がクリスマスマーケットにトラックで突っ込み、12人が死亡する事件が起きたベルリンで、今年もクリスマスシーズンが始まった。  テロの記憶が依然残る中、各マーケットは厳戒態勢を取り、来場者の不安払拭(ふっしょく)に努めている。  テロが起きたカイザー・ウィルヘルム教会前のマーケットは11月26…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震の際の支援に感謝 北海道白老町長が仙台市表敬

今年9月の北海道胆振東部地震の際に、仙台市から支援を受けた北海道白老町の町長が郡仙台市長を訪れ感謝の思いを述べました。  仙台市役所には、白老町の戸田安彦町長ら2人が訪れました。  仙台市では北海道胆振東部地震が発生した当日、白老町にペットボトルの水やレトルトカレーなどを送った他、支援物資のニーズを調査するため職員2人を派遣しました…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木造船漂着に自治体苦悩 既に昨年度の2倍

朝鮮半島からとみられる木造船が相次いで青森県の沿岸に流れ着く事態に、自治体などの関係機関が頭を悩ませている。30日もつがる市と鯵ケ沢町で計3件の漂着が確認され、2018年度は11市町村で32件と、17年度の14件の倍以上を数える。この中で、処理が完了したのは、わずか3件。1件の処理には数十万円から100万円前後が必要で、費用負担がネック…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

江戸の名残「半蔵門」54年前の都電 名前の由来は「服部半蔵」から?

2020年の五輪に向けて、東京は変化を続けている。前回の東京五輪が開かれた1960年代、都民の足であった「都電」を撮り続けた鉄道写真家の諸河久さんに、貴重な写真とともに当時を振り返ってもらう連載「路面電車がみつめた50年前のTOKYO」。今回は、江戸城甲州口といわれた「半蔵門」の都電だ。 【半世紀が経過しても半蔵門付近の美しさはそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アグネスは大きなため息 ウクライナの現実、一緒に見た

 国連児童基金(ユニセフ)アジア親善大使を務める歌手のアグネス・チャンさん(63)が20年にわたって、アフリカやアジアの紛争地を訪ね続けている。今年は6月下旬、「忘れられた紛争」と呼ばれる軍事衝突が続くウクライナ東部を訪れた。訪問に、記者も同行した。  「あんまり長くそこに立っていないで。スナイパーがあちこちにいるから」  …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宣教師を殺害したインドの孤立部族、侵入者を拒んできた歴史

最後の手記には「矢が聖書を貫通した」、過去にはナショジオ取材班も  11月中旬、インド領の孤島で米国人宣教師が殺害された。この事件は、外界と接触せず暮らす孤立部族の権利について、新たな緊急の問題を提起している。 写真:北センチネル島の浜辺で弓と矢を掲げて小躍りする孤立部族の戦士たち  米国ワシントン州在住のジョン・アレン・…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

<羽生結弦>祝賀パレード、絶大な経済効果18億円 剰余金2200万円は全額寄付へ

平昌冬季五輪フィギュアスケート男子で2連覇を果たした仙台市出身の羽生結弦選手(23)=ANA、宮城・東北高出=の偉業をたたえ、同市で4月に開催した祝賀パレードについて、実行委員会は30日、宮城県内への経済効果が18億5000万円に上るとの推計を発表した。収支決算見込みは2204万1883円の剰余金が発生。全額を県スケート連盟に寄付する。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

貧困・ホームレス化に直面する非正規雇用 実情と「対処法」を解説する

90年代以降増加してきた非正規雇用は、いまや5460万人、率にして37.3%となった(2017年「労働力調査」)。  かつて非正規雇用の中心は「家計補助」的な主婦パートや学生アルバイトであったが、もはやパートやアルバイトなどで生活を維持する「家計自立型」が当たり前のものとなった。  しかし、彼らの大半は、賃金が低いままであり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウクライナ、16~60歳ロシア男性の入国禁止

ウクライナは11月30日、16~60歳のロシア男性の入国を禁止すると発表した。ロシアが併合したクリミア(Crimea)半島沖で先月25日にウクライナ艦艇3隻を拿捕(だほ)し、ウクライナ兵士24人を拘束したことを受け、ウクライナは国境地域に戒厳令を敷いていた。  ペトロ・ポロシェンコ(Petro Poroshenko)大統領と面会し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊の基地は一般人の侵入さえ制御できない。 もしテロリストだったら…

「自衛隊ができない50のこと 44」  軍事基地の周辺は普通、銃を持った警備兵が警戒しているものです。中国の基地まわりでは周辺でも軍事施設が見渡せる場所でカメラを持ってうろうろしていると注意されたり、カメラを取られたり、スパイと疑われれば逮捕される危険さえあります。しかし、自衛隊の場合は憲法上では「軍」ではないと規定されているせい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

磐田の80歳女性 300万円詐欺被害

磐田市の無職女性(80)が30日までに、息子を名乗る男らに現金300万円をだまし取られたと磐田署に届けた。  同署によると29日午後2時ごろ、女性宅に病院職員を名乗る男から「息子さんが喉からうみを取り除いた」、息子や病院の警備員を名乗る男から「預かっていたカードをなくした。800万円用意しなければならない」などと続けて電話があった…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

眞子さま、婚約延期も職場では「結婚します!」と幸せオーラ

秋篠宮家の長女・眞子さま(27才)と小室圭さん(27才)との婚約延期が今年2月に発表されてから、9か月以上が経っているが、眞子さまは心変わりされていないようだ。 「つい先日、眞子さまと仕事でお会いする機会がありました。普段からテキパキと仕事を進められる方なので、仕事仲間からの信頼はとても厚い。ただ、結婚の延期や、それについての報道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自衛隊はなぜ「宇宙部隊」を新設するのか

おおむね10年の安全保障や防衛力の方針を定めた現在の「防衛計画の大綱」(防衛大綱)が、策定から5年を迎える12月に改定される。この改定にあたって、「 防衛省が『宇宙部隊』新設へ 宇宙ゴミや不審衛星を監視 」と朝日新聞が11月19日付で報じている。 〈防衛省は「宇宙部隊」を新たに設ける方針を固めた。部隊は「宇宙ゴミ」(スペースデブリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相、AIで「日本がルール作り主導」G20非公式会合

アルゼンチンの首都ブエノスアイレスを訪問中の安倍晋三首相は30日午前(日本時間同日夜)、20カ国・地域(G20)首脳会議の非公式会合に出席した。首相は「公正で持続可能な未来」をテーマに演説し、人工知能(AI)やビッグデータの活用で「日本が新時代のルール作りを主導する」と訴えた。  首相は、AIやビッグデータが産業革命以来の大きな社…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more