東急田園都市線 ドアガラス割れる、帰宅の足影響

10日夕方、東京の田園都市線・渋谷駅で停車中だった電車のドアのガラスが割れました。駅の警備員が混雑で乗車できない客を車内に押し込んでいた最中に割れたということで、東急電鉄が詳しい原因を調べています。

 午後6時すぎ、東京・渋谷区にある田園都市線・渋谷駅で、ホームに停車していた急行の中央林間行き電車のドアのガラスが割れました。東急電鉄によりますと、けが人は今のところ確認されていないということです。

 ガラスが割れたのは前から6番目の車両で、当時、駅の警備員が混雑のために車両からあふれた客を車内に押し込んでいた最中だったということです。電車はその後、全ての客を降ろして回送になりました。

 東急電鉄は詳しい原因を調べています

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック