超SNS時代に「今の一流」が落ちぶれる理由(上)

20世紀は、大手企業や政府などが権力を持つ「オールドパワー」の時代だったが、テクノロジーの発展の結果、いまや大組織がパワーを溜めこむことは不可能となった。21世紀は、個人でも際限なく大きな権力や影響力を持てる「ニューパワー」の時代だ。あなたは「ニューパワー」の側の人間だろうか、それとも「オールドパワー」だろうか――?
世界に起こっているそうしたパワーの変化とその影響を鮮やかに読み解き、米ニューヨーク・タイムズ紙、英フィナンシャル・タイムズ紙など各国メディアで絶賛されている書籍が『NEW POWER これからの世界の『新しい力』を手に入れろ』だ。
著者は、ハーバード大、マッキンゼー、オックスフォード大などを経て、現在はニューヨークから世界中に21世紀型ムーブメントを展開しているジェレミー・ハイマンズと、約100ヵ国を巻き込み、1億ドル以上の資金収集に成功したムーブメントの仕掛け人であり、スタンフォード大でも活躍するヘンリー・ティムズ。
本書ではこれからの時代におけるパワーのつかみ方、権力や影響力の生み方、使い方について、まったく新しい考え方を紹介している。同書の刊行を記念して、その一部を特別公開したい。● 「権力」や「影響力」のあり方が根本的に変わっている。

 イギリスの哲学者バートランド・ラッセルの定義によれば、パワーとは「意図した効果を生み出す能力」のことだ。その能力をいま、僕たちは存分に手にしている。

 自分で映画をつくったり、友だちを増やしたり、お金をもうけたり、希望やアイデアを広めたり、コミュニティを形成したり、ムーブメントを起こしたりもできれば、偽情報を拡散したり、暴力を煽ったりもできる――そのスケールと潜在的な影響力は、ほんの数年前と比べても、はるかに大きくなっている。

 もちろん、テクノロジーが変化を遂げたからだ。だが根底にある真相は、僕たちが変化しているということ。人びとの行動や期待が変わってきているのだ。そのエネルギーや欲求を操る術を見出した者たちが、絶大な影響力をもたらす斬新な方法で、ラッセルの言う「意図した効果」を生み出している。

 たとえば、ユーザー10億人超のオンラインプラットフォームに君臨する、パーカー姿の覇者たち。彼らは、僕たちの日常の習慣や感情や意見を巧みに操っている。そして、群衆を熱狂させ、魅了し、圧勝を収めた政界の新参者たち。混沌として密接につながった世界で、後れを取る者たちを尻目に、躍進を遂げる一般人や組織も存在する。

● 「ニューパワー」とはなにか?

 本書のテーマは、2つの大きな力のせめぎ合いと均衡を特徴とする世界において、しっかりと歩を進め、たくましく成長するための方法を探ることだ。そのふたつの力を、「オールドパワー」と「ニューパワー」と呼ぼう。

 オールドパワーの働きは「貨幣(カレンシー)」に似ている。
 少数の人間がパワーを掌握し、油断なく守り抜こうとする。権力者は強大なパワーを蓄えており、行使できる。閉鎖的で近づきがたく、リーダー主導型。オールドパワーはダウンロードして取り込み、獲得するもの。

 ニューパワーは「潮流(カレント)」のように広まる。
 それは多数の人間によって生み出される。オープンで一般参加型であり、対等な仲間(ピア)によって運営される。ニューパワーはアップロードして分配するもの。水や電気のように、大量にどっと流れるときに最大の力を発揮する。ニューパワーを手にする者たちの目的は、溜め込むことでなく提供すること。

 オールドパワーとニューパワーの働きを理解するために、まずはいくつかのストーリーを紹介しよう。

● 今は一流でも一瞬で失脚する

 来る年も来る年も、授賞式シーズンが訪れるたび、映画界の大物プロデューサー、ハーヴェイ・ワインスタインは、神のごとくハリウッドを制覇した。

 実際、1966年から2016年までの50年間に、アカデミー賞授賞式のスピーチにおいて、ワインスタインがオスカー受賞者から感謝を捧げられた回数は、神様に勝るとも劣らない――その数、じつに34回。プロデュース作品は300回以上もオスカーにノミネートされ、彼は名誉大英帝国勲章(三等勲爵士)叙勲の栄誉にも輝いている。

 ワインスタインは権力を蓄え、「貨幣」のように駆使して不動の地位を築き上げた。スターの運命も、プロジェクト案が通るかボツになるかも、彼の一存によって左右された。

 ワインスタインは映画業界に巨万の富をもたらした――その見返りに、数十年間、放埓の限りを尽くし、セクシュアルハラスメントや性的暴行の容疑が無数にあろうとも、業界は彼を守った。

 彼はメディアに便宜を図り、馴れ合いの互恵関係を築くことで、メディアをコントロールした。2017年には、ロサンゼルス・プレスクラブの「真実の語り手」賞まで受賞している。

 ワインスタインは弁護団を構えて脇を固め、機密保持契約をいいことに、仕事相手に対しても横暴に振る舞い、必要とあれば告発者にはカネをつかませた。さらに民間の警備会社から元諜報員を雇い、自分に対してセクハラや性的暴行の申し立てを行った女性やジャーナリストたちに関する情報を調べ上げた。

 もっとも、ワインスタインの餌食となった女性たちのほとんどは、業界でやっていけなくなることを恐れ、沈黙を守っていた。助け船を出せたはずの男性たちも、面倒な争いごとに巻き込まれるのを避け、見て見ぬふりをした。

● 簡単に「仲間」を見つけられる

 ハーヴェイ・ワインスタインや彼をのさばらせた業界の閉鎖的な階級システムが「オールドパワー」の実態を物語っているいっぽうで、ワインスタインの失脚やそれ以降の展開を見れば「ニューパワー」の仕組みと重要性がよくわかる。

 ワインスタインが女性たちに告発されたことがニュースで報道された数日後、女優のアリッサ・ミラノが、セクハラや性的暴行を受けたら「#ミートゥー」(#MeToo)というハッシュタグを使ってツイッターでシェアしよう、と女性たちに呼びかけた。

 女優のテリー・コンが、これに注目した。20代のころ、新人女優としてドラマに出演していた彼女は、映画監督のジェームズ・トバックに声をかけられ、ある役のことで話をしたいからセントラルパークで会おうと言われた。のちにCNNの取材で語ったとおり、彼女がそこへ行ったところ、トバックから性的暴行を受けた。

 その記憶は何年ものあいだ封印されていた。しかし、世間の注目がハーヴェイ・ワインスタインに集まり、ミートゥー・ムーブメントが一気に沸き起こったことで、記憶がよみがえった。コンはそのことを夫に打ち明け、行動に出た。

 まずはツイッターで、「#ミートゥー」と「#ジェームズ・トバック」(#JamesToback)のふたつのハッシュタグを使っているツイートを検索した。すると、自分の体験と酷似している被害を受けた女性がたくさんいることがわかった。

 女性たちはともに助け合い、さらなる被害者を見つけるため、ツイッターで有志のグループを立ち上げた。そして、このグループのメンバーたちが『ロサンゼルス・タイムズ』紙の記者に自らの体験を話した。

 新聞に記事が掲載されるや、わずか数日で300人以上もの女性たちが声を上げ、トバックから性的被害を受けたことを告白した。

 コンのみならず大勢の人がこのキャンペーンを繰り広げた。「#ミートゥー」を使ったツイートが、48時間で約100万件も投稿されたのだ。フェイスブックではコメントや投稿やリアクションが、わずか一日で1200万件にも上った。

● 「自分には力がある」と感じられる

 ミートゥー・ムーブメントはうねりとなって世界中を席巻し、各地のコミュニティはそれぞれのターゲットに向けて応用した。

 フランスでは「#豚野郎を告発しよう」(#BalanceTonPorc)として、ハラスメントの加害者の実名を挙げて糾弾した。イタリアでは「#あのとき起きたこと」(#QuellaVoltaChe)として、女性たちが被害体験を告白した。

 ムーブメントは各業界に次々と波紋を広げた。アメリカ連邦議会の女性議員たちが、男性議員からハラスメントを受けたことを告白。イギリスでは国防相が辞職に追い込まれた。欧州議会でもミートゥー・ムーブメントが起こった。

 ビジネス界のリーダーたちもセクハラを暴露され、失脚に追い込まれた。パリやバンクーバーなど世界の各都市では、抗議に集まった人びとが街路を埋め尽くした。インドでは、著名な大学教授らによるセクハラを暴露する動きをめぐって、論争が起こった。

 『中華日報』は、職場のセクハラや性的暴行は欧米社会特有の問題だと指摘する記事を掲載したが、ネット上での批判の高まりを受け、数日後には公式ウェブサイトから記事を削除した。

 このムーブメントには主導者が存在せず、どう展開するかは誰にも予想がつかなかった。じつは、「ミートゥー」というスローガンが誕生したのは10年以上も前で、アメリカの市民活動家タラナ・バークが、黒人女性を中心とする性暴力の被害者に対し、つらい体験を互いに打ち明け、連帯しようと呼びかけたのが発端だった。

 だがいまでは、主導者がいないように感じることこそが、ミートゥー・ムーブメントの力の源になっている。ムーブメントに共感した意欲的な政治家から、「MeToo」の文字でアクセサリーを開発したやり手のデザイナーまで、さまざまな人びとが集結した。

 ミートゥー・ムーブメントのもっとも顕著な特徴は、参加者たちが「自分たちには力がある」と感じられたことだった。

 長年、無力な自分には加害者を止められないと思い込み、報復を恐れていた多くの人たちが、突如として、加害者らに立ち向かう勇気を得たのだ。

 大きなうねりに背中を押され、一人ひとりが告発に踏み切った。ひとりの勇気ある行動の陰には、多くの仲間たちの存在があった。

 (後編に続きます。なお、本原稿は『NEW POWER これからの世界『新しい力』を手に入れろ』からの抜粋です)

ジェレミー・ハイマンズ(JEREMY HEIMANS)
ニューヨークに本拠を置き、世界中で21世紀型ムーブメントを展開する「パーパス」の共同創設者兼CEO。「ゲットアップ!」共同創設者。194ヵ国、4800万人以上のメンバーを持つ世界最大規模のオンラインコミュニティ「アヴァース」共同創設者。ハーバード大学、シドニー大学で学び、マッキンゼー・アンド・カンパニーで戦略コンサルタント、オックスフォード大学で研究員を経て現職。世界経済フォーラム「ヤング・グローバル・リーダーズ」、世界電子政府フォーラム「インターネットと政界を変える10人」、ガーディアン紙「サステナビリティに関する全米最有力発言者10人」、ファスト・カンパニー誌「ビジネス分野でもっともクリエイティブな人材」、フォード財団「75周年ビジョナリー・アワード」などに選出。ヘンリー・ティムズと共にハーバード・ビジネス・レビュー誌に寄稿したニューパワーに関する論文は、同テーマのTEDトークが年間トップトークの1つになり、CNNの「世界を変えるトップ10アイデア」に選ばれるなど大きな話題となった。

ヘンリー・ティムズ(HENRY TIMMS)
マンハッタンで144年の歴史を持ちながら、ファスト・カンパニー誌「もっともイノベーティブな企業」リストに入る「92ストリートY」の社長兼CEO。約100か国を巻き込み、1億ドル以上の資金収集に成功した「ギビング・チューズデー」の共同創始者。スタンフォード大学フィランソロピー・シビルソサエティ・センター客員研究員。世界経済フォーラム・グローバルアジェンダ会議メンバー。

神崎朗子(かんざき・あきこ)
翻訳家
上智大学文学部英文学科卒業。おもな訳書に『やり抜く力』(ダイヤモンド社)、『スタンフォードの自分を変える教室』『申し訳ない、御社をつぶしたのは私です。』『フランス人は10着しか服を持たない』(以上、大和書房)、『食事のせいで、死なないために(病気別編・食材別編)』(NHK出版)、『Beyond the Label(ビヨンド・ザ・ラベル)』(ハーパーコリンズ・ジャパン)などがある。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック