警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 県庁が高校生の「勉強場所」に…想定外の利用に困惑も

<<   作成日時 : 2018/12/05 22:06   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 JR長崎駅近くへ1月に移転した県庁舎が高校生たちの「勉強場所」として人気を集めている。庁内各所にテーブルといすが置かれ、程よい静かさ、眺望の良さ、小腹を満たせる売店や食堂がある点がその理由のようだ。ただ本来の設置目的は来庁者と県職員との打ち合わせや一般県民の休憩。県管財課は勉強熱心な姿に感心しつつ、想定外の利用に困惑気味だ。

 長崎市内の高校で期末試験が本格化した11月下旬の夕方、長崎港を望む3階窓際や自販機前のテーブルには制服姿の高校生約20人の姿があった。

 英語の勉強をしていた海星高1年の西村果歩さん(16)は「今の県庁はウエルカムな感じで入りやすい。景色が良いせいか、勉強もはかどる」。友人と3人で教材に向かっていた長崎北高2年の渡辺完さん(17)は「図書館だと教え合うことができないが、県庁では小声で話せる」とメリットを強調。「警備員に帰りなさいと言われるまで頑張る」と張り切っていた。

 同課によると、2学期の中間試験を控えた9月ごろから、高校生の利用が目立ってきたという。ただ業務に支障が出るとして、事務スペースに近いエレベーター前や展望スペースにあるテーブルについては、利用を控えるよう警備員が声を掛けている。現在までに来庁者から苦情は届いていないが、管財課は「一般県民の妨げになるならば、指導しなければ…」としている。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
県庁が高校生の「勉強場所」に…想定外の利用に困惑も 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる