危険!ファウルボールが場外に 徳島県鳴門球場(鳴門オロナミンC球場)

徳島県鳴門総合運動公園野球場(鳴門オロナミンC球場、鳴門市撫養町立岩)で行われる高校野球の試合で、ファウルボールがフェンスを越えて場外に飛び出す危険な状態が続いている。フェンスの低さが原因で、県高野連は球場を所有する県に対策を求めているが改善は進んでいない。これまでけが人は出ていないものの、周辺住民らからは不安の声が上がっている。

 高校野球の県大会は同球場が主会場となっている。フェンスの高さは内野が11メートル、バックネット裏は13メートル。県高野連が今年夏と秋の大会で場外に出たファウルボールを数えたところ、多い試合で十数球あった。

 体育施設建設大手のコウフ・フィールド(福岡市)によると、場外飛球を防ぐには内野、バックネット裏のフェンスとも30~40メートルの高さが必要という。

 球場の周りには陸上競技場や体育館、武道館などがある。週末を中心に多くの人が行き交うため、県高野連は看板を設けたり、警備スタッフを配置したりして場外飛球への注意を呼び掛けている。人的被害は確認されていないが、球場から数メートル離れた駐車場に止めていた審判員の車にボールが直撃したこともある。

 県高野連は昨夏と今秋、県に対策を求める要望書を提出したが、回答はなかったという。須崎一幸理事長は「毎試合、人や車に当たらないよう祈るしかない」と話す。

 球場周辺を毎日散歩している近くの男性(75)は、この2年間で2度もボールが当たりそうになった。「すごい勢いで目の前に飛んできた。少しずれていたらと思うと怖い」と言い、常に日傘を差して身を守っている。

 県蔵本公園野球場(JAバンク徳島スタジアム、徳島市)でも同様の問題があり、県は右翼ポール周辺のネットを高くすることを決めている。

 四国の他県では、松山市の坊っちゃんスタジアム(屋根付き)が高さ35メートルのフェンス、高松市のレクザムスタジアム(同)は18メートルのフェンスを設けており、高校野球の試合で場外飛球は確認されていない。高知市の県営春野球場(同)のフェンスは13メートルで、場外飛球は多くても1試合1球程度という。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック