警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS クラブW杯南米代表を巡るゴタゴタ。アルゼンチンサッカーの闇が深すぎる。

<<   作成日時 : 2018/12/18 07:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

今年の南米クラブ王者決定戦、コパ・リベルタドーレスの決勝では、アルゼンチンを代表する2大クラブ、ボカ・ジュニオルスとリーベル・プレートによる史上初の「スーペルクラシコ」が実現し、国内のみならず世界中のサッカー愛好家から注目を浴びた。

 ボカのホームで行われた第1レグは大接戦の末2-2のドローで終わり、第2レグではリーベルが延長後半に見事な逆転劇を演じて優勝。ピッチ内での出来事のみに着目した場合、今回のファイナルは「南米王者決定戦に相応しい内容だった」と自信を持って言える。

 だが実際は、アルゼンチン人として、そして南米人としても恥ずべき「汚点」となる決勝戦でしかなかった。

 第2レグ開始前、リーベルのサポーターがボカのチームバスを襲撃したため選手たちの何人かが怪我をして、3度に及ぶ延期を経て「安全が保証されていない」という理由から南米サッカー連盟がアルゼンチン国内での試合開催を断念。そして、会場をマドリードのサンティアゴ・ベルナベウに移すという信じ難い展開になったからだ。

リベルタドーレス、の意味は……。
 南米王者を決める歴史ある大会の決勝が、なぜスペインで行われることになったのか。誰もが首を傾げるこの予想外の判断が下された理由は、延期からの会場変更に伴う巨額の経費をすべて負担すると申し出たスポンサー企業の魅力的オファーを前に、南米人としてのプライドを捨てたサッカー連盟幹部の愚かさがあったからに他ならない。

 大会名の“リベルタドーレス(解放者たち)”は、かつてスペインの植民地だった南米諸国を解放するために命がけで戦った英雄たちを称える呼称だ。

 その大会の決勝戦を、よりによってスペインで開催するという屈辱的とも言える決断については、南米出身の著名な指導者や元選手たちが一斉に遺憾の意を表している。

「我々はステージに上がらないといけない」
 さらに今回の一連の出来事は、アルゼンチンサッカー界の「闇」をも浮き彫りにした。

 「歌にもあるように、どんな状況であっても我々はステージに上がらないといけないんだ。残念ながらそういうものなのさ」

 第2レグの延期が決定されたあと、アルゼンチン国内で拡散されて話題になった動画は、リーベルを率いるマルセロ・ガジャルド監督の、そんなコメントから始まっている。

 動画は、警察隊による護衛とともに会場のエスタディオ・モヌメンタルに向かっているボカのチームバスの映像と、それを待ち受ける大勢のリーベル・サポーターの画で始まる。そして、バスが通過するなりコンクリート片や空き瓶が投げつけられ、窓ガラスが粉々に打ち破られる悲惨な有り様……。

 続いて、テレビ番組で「アウェーチームのサポーターを入場させて試合を行うことは可能でしょうか?」と問われた、アルゼンチン治安省のパトリシア・ブルリッチ長官が、それが愚問とでも言いたげな薄ら笑いを浮かべて「ええ、だって私たちはG20を開催するのですよ。それに比べればボカ対リーベルの試合の警備など楽なものです」と答える場面が続く。

 その後、映像は住宅街の中心で暴れまくるサポーターたち、それを鎮静しようとゴム弾を発砲する警官隊の様子、チケット転売によって得られた売上金が回収される現場を隠し撮った場面などをはさみ、無残に汚され、潰されたサッカーボールの画像で終わる。

 BGMで使われているのは、ガジャルドが例に挙げた「歌」。クイーンの名曲『The show must go on(ショーを止めるわけにはいかない)』だ。

リーベルファンの暴挙だけが問題ではない。
 この映像を作った人物は不明だが、おそらく、リーベルの失格を求めるボカのファンが、不満を表す目的で作ったのだろう。

 だが厳密に言えば、この映像が訴えかけているのはリーベルファンの暴挙に限らない。アルゼンチンサッカー全体に潜む深い問題を映し出しているのだ。

 どのクラブにも「バーラ・ブラバ」と呼ばれる暴力的サポーター集団が存在し、彼らにチケットの転売や施設内の駐車場の管理など、収入源となる何らかの特権を与えることで政治的権力の安定を確保する。

 バーラのメンバーは、チームが不調のときや宿敵とのクラシコ直前になると選手たちを脅す。資金が必要になると選手から小遣いを強請る。暴動を起こし、政治色の強いデモに参加する。そして今回のように、チケット転売の売上金を没収されたことを理由に、相手チームのバスを襲撃して試合を中止させる蛮行も躊躇しない。

サッカーは「腐った社会」の縮図。
 アルゼンチンサッカーの問題の根源は、すべてバーラの存在にあると言い切っていい。

 アルゼンチンには、裁判官から政治家まで、権力者の一部が犯罪組織と深く結びついているという恐ろしい現実があり、サッカー界はそんな「腐った社会」の縮図なのである。そうした事実を知りながら何もできない無力さを嘆きつつも、我々サッカー愛好家たちはベルナベウでのゲームに熱狂し、優勝の悦びに酔い、敗戦の悔しさに涙する。なにせ、「ショーを止めるわけにはいかない」のだ。

 サッカー連盟が南米の誇りを忘れ、アルゼンチン人が自国の恥を世界に曝け出しても、それでもショーは続く。

 ガジャルド監督率いるリーベルがクラブW杯を制覇してくれれば、この虚しさも少しは和らぐだろうか。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
クラブW杯南米代表を巡るゴタゴタ。アルゼンチンサッカーの闇が深すぎる。 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる