警備資料

アクセスカウンタ

zoom RSS 危険なマナー「片側空け」は変わるか エスカレーター「歩かないで!」 東京駅で対策

<<   作成日時 : 2018/12/17 06:21   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「歩かないでください」利用者に声掛け
 JR東日本が2018年12月17日(月)から翌年2月1日(金)まで、東京駅で「エスカレーター歩行対策」を試行しています。

 期間中は、中央線ホームに通じるエスカレーター2基と、京葉線ホームに通じるエスカレーター4基の手すりや乗降口に、「手すりにつかまりましょう」などといった内容を、文字と絵で表した掲示物が貼られます。壁面には「エスカレーターでは歩かないでください」「お急ぎの場合は階段をご利用ください」「左右2列でご利用ください」といった大型掲示物も。くわえて12月21日(金)までの5日間は、特製のビブスを着用した警備員が、利用者への声掛けも行っています。

 東京周辺では、エスカレーターで急ぐ人のために右側を空けることが、ひとつの「マナー」として定着しています。それを改めようとする今回の取り組みについて、JR東日本東京支社に話を聞きました。

――なぜエスカレーターの「歩行対策」を実施するのでしょうか?

 エスカレーターを歩き、人や荷物にぶつかることによる転倒事故をなくすのが第一です。ケガをされている方、杖を使っていらっしゃる方、お子さん連れで手をつないで利用される方なども、安心して乗られるようにする目的があります。これまでも、全国の交通事業者や日本エレベーター協会などと共同で「みんなで手すりにつかまろう」キャンペーンを展開し、ポスターなどで啓発してきましたが、2017年度から当社独自で、今回のような「歩行対策」を東京駅で行っています。

――過去の「歩行対策」では、どのような効果があったのでしょうか?

 わずかながらですが、エスカレーターを歩く方が減少しました。やはり意識を切り替えていただくことは難しいところがあります。今後もこうした対策を進め、徐々に変えていきたいと考えています。

エスカレーター「片側空け」で、不安な思いをしている人もいる
 交通事業者などによる「手すりにつかまろう」キャンペーンは、2008(平成20)年から始ったものですが、日本エレベーター協会によると近年、一部の事業者で、従来のポスターなどによる啓発から一歩踏み込んだ対策を実施する動きもあるとのこと。警備員による利用者への声掛けも、これまでにJR東日本や東京メトロ、名古屋市交通局などで行われてきました。

 消費者庁によると、東京消防庁管内では2013(平成25)年までの3年間で、3865人がエスカレーターでの事故により救急搬送されており、そのほとんどが転倒、転落によるものだそうです。

 こうした事態を受け、国土交通省は2017年に「エスカレーターの転落防止対策に関するガイドライン」を策定。ハード対策のほか、「エスカレーターにおける事故を防止するためには、正しい乗り方が守られることが重要」として、「手すりにつかまろう」キャンペーンなどの安全教育が有効であるとしています。

 この国土交通省のガイドラインで「手すりにつかまろう」キャンペーンとともに紹介されているのが、2017年から都内の駅などで、エスカレーターの両側に立ち止まって乗ることを呼び掛けている東京都理学療法士協会の取り組みです。同協会が訴えているのは、右側レーンを歩く習慣がある東京のエスカレーターにおいて、「右側に立ち止まって乗りたい人がいる」ということ。病気や障害により左半身が不自由な人は、不安定ながらエスカレーターの左側に立ち、その横を人が歩くときに不安な思いをしているそうです。

 協会では、そうした人が右側に立って利用しやすいよう、「わけあってこちら側で止まっています」と書かれたキーホルダーも作成。2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催までに、東京におけるエスカレーターの「片側空け」をなくすことを目標に掲げています。

 日本エレベーター協会によると、そもそもエスカレーターは歩いて利用することを想定しておらず、昔から歩かないように訴えてきたそうです。協会がウェブサイトで実施しているアンケートで「エスカレーターの歩行は、やめたほうがいいと思う」と答えた人の割合は、2013年度の67.8%から、2017年度には70.6%にアップ。様々な活動を通じ、徐々にながら「立ち止まって乗る」という意識が浸透しつつあるといいます。

 ちなみに、エスカレーターは両側に立ち止まって乗ったほうが輸送効率がよい、という分析結果も。2015年と2016年にロンドン地下鉄のホルボーン駅で行われた実験では、片側を空けておくのと比べて30%多くの人を運べたそうです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
危険なマナー「片側空け」は変わるか エスカレーター「歩かないで!」 東京駅で対策 警備資料/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる