ルミナリエ閉幕342.6万人来場 昨年から3万人増

 阪神・淡路大震災の犠牲者を追悼し、記憶を次世代へとつなぐ「神戸ルミナリエ」が16日夜、閉幕した。10日間の来場者は計約342万6千人(昨年比3万人増)だった。

 神戸市中央区の東遊園地であった消灯式では、会場に「しあわせ運べるように」が流れた後、儀礼服姿の警備員が光のオブジェの前に整列。鎮魂の思いを込めた敬礼を合図に、神戸の夜を彩った光が一斉に消された。氷雨が降る中だったが、多くの人が消灯を拍手で見守った。

 今年は過去最多となる51万個の発光ダイオード(LED)を使用し、7日に開幕。組織委員会によると、15日には期間最多の約55万9千人が来場した。会期が10日間に短縮された2015年以降では、来場者数は過去最多となった。最終日は夕方から雨が降ったが、客足は衰えなかった。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック