地域の安全・安心守る 北綜警50周年式典

北関東綜合警備保障は青木勲会長の父・忠三氏が1968年に県内初の警備会社を創立。当初は17坪ほどの事務所で社員15人が鹿沼市の木工団地で警備にあたったということだが、今では支社や営業所が13ヵ所、社員は約950人の企業に成長した。青木会長は半世紀に及ぶ歴史を「大地に根を張る50年」と樹木に例えて振り返り、見えない根っこの部分は先輩方が築いてきた信用と信頼で決して忘れてはならないと会社を支えてきた人たちに感謝した。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック