カナダ裁判所、ファーウェイCFOの保釈認める 保釈金8.5億円

カナダ・バンクーバー(CNN Business) カナダの裁判所は11日、中国の通信機器大手ファーウェイ(華為技術)の孟晩舟(モンワンチョウ)最高財務責任者(CFO、46)について、1000万ドル(約8億5000万円)の保釈金支払いなどを条件として、保釈を認めた。

孟CFOは今月1日にカナダのバンクーバーで逮捕された。米国は、孟CFOがファーウェイによる対イラン制裁逃れに関与した疑いがあるとしており、身柄は米国へ引き渡される見通し。

保釈の条件として、孟CFOはパスポートを押収され、バンクーバー市内の自宅に滞在することに同意した。24時間態勢の警備費用は自らが負担し、足首にはGPS監視装置を装着する。

孟CFO側の弁護士は、健康状態に懸念があるとして、身柄引き渡しの審理を待つ間、保釈するよう求めていた。孟CFOには重度の高血圧の症状があり、逮捕後に入院していた。

保釈を認めるかどうかの審問では、逃亡の可能性が争点となった。弁護側は、バンクーバーに孟CFOの自宅があることや、もし逃亡すれば自身や父でファーウェイ創業者の任正非氏、さらには中国の対面を汚すことになるとの理由から、逃亡の恐れはないと主張していた。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック